MOTION GALLERY×電通でクラウドファンディングを活用した広告サービスプラットフォーム「AD MISSION」を開始

世の中に届けたい想いやメッセージを誰もが自由に発信できる広告サービスの提供へ

クラウドファンディング・プラットフォームを運営する株式会社MOTION GALLERY(本社:東京都中央区/代表取締役:大高健志)と、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下「電通」)は、業務提携を行い、ともにクラウドファンディングを活用した広告サービスプラットフォーム「AD MISSON(アドミッション)」を本日10月20日(水)から開始します。これにより、企業や団体が主だったマス媒体を活用した広告コミュニケーションが、個人でも想いやメッセージを発信することが可能になり、ワンストップで実施できるようになります。

 


提携の経緯
MOTION GALLERYと電通の両社は、経済的なモノサシでは測れないものの、社会に必要とされている声を世の中に届けることはSNSだけではなく、広告が果たすべき重要な使命の1つであると考えています。この考えに基づきAD MISSIONを開発。MOTION GALLERYが従来のクラウドファンティングプラットフォームとしての機能を提供、電通が新聞・テレビ・ラジオ・屋外広告をはじめとした広告枠の確保とそれに伴う媒体審査や送稿作業、ならびにクリエイティブ制作などのサービスを提供します。MOTION GALLERYの専用サイトから広告出稿の相談が可能です。今までも個人などが有志を募り、広告出稿を行っておりますが、広告の選定、媒体社との交渉、広告原稿の制作、クラウドファンディングの募集など不慣れな作業を限られた時間内で行わなければなりません。AD MISSIONを利用することで、企業や団体の活動が主だったマス媒体を活用した広告コミュニケーションが、クラウドファンディングで賛同と支援を得ることが出来れば、個人でもワンストップで届けたい想いとメッセージを広告として発信できます※。

<AD MISSIONを使った広告掲載までの流れ>
 



MOTION GALLERYと電通の両社は、個人発信から広げていきたい応援的なプロジェクト、有志を募り共通の目的に向かって推進していく共創型のプロジェクト、支援やオピニオンを掲げて賛同を集める活動・社会課題プロジェクトなど、さまざまな想いとメッセージを届けることで、共感・応援・多様性が広がっていくポジティブな声にあふれた豊かな社会の構築を目指していきます。

※広告掲出には媒体社の審査があります。

 

AD MISSION ウェブサイト: https://info.motion-gallery.net/support/admission/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MotionGallery >
  3. MOTION GALLERY×電通でクラウドファンディングを活用した広告サービスプラットフォーム「AD MISSION」を開始