最大級のブロックチェーンオンラインイベント『Crypto Asia Summit』 ー 2日目開催レポート

2020年にアジアで最大のブロックチェーン・暗号資産オンラインサミットであるCrypto Asia Summitが、5月18日から22日まで5日間にわたり開催されます。

本イベントの講演者はJimmy Song氏、世界をリードする暗号資産取引所バイナンス、Ripple、Neo、技術開発会社ChainUP、ネットワークOrchid、ウォレットLedgerなどが集結し、それぞれの専門分野をテーマとし発表しました。

ビットコインがインセンティブを変える方法:Jimmy Song氏

 

 Jimmy氏は、ビットコインが個人、会社、国、グローバルの4つのレベルからインセンティブをどのように変えるかについて語りました。米国は毎年7%の割合で紙幣を印刷しており、法定通貨、金、不動産、株式などはその価値を失ってきています。価値ある貯蓄がない場合、人々は消費することを止めてしまいます。
 ビットコインは価値の蓄積であり、政府によって管理されていません。政治的に中立のお金として、それはドルの覇権を終わらせることができ、したがってより公正な世界を作ることができるという考えを述べました。


『価値のインターネット』の構築:Ripple・Emi Yoshikawa氏

 彼女は、国際送金に関する課題と、Rippleがそれをどのように解決できるかについて彼女の考えを共有しました。
世界の移民が9%増加し、先進国の34%の中小企業がグローバル化しているため、インターネットはこれまで以上に世界をつないでいます。今日の国際送金は遅く、信頼性が低く、失敗する可能性は6%という現状を述べました。

 また「価値のインターネット」であるRippleは、今日のインターネットによる情報を自由にやり取りできるように世界の誰もが価値を動かすことを可能にします。この目標は、RippleNetとXPRINGの2つの戦略によって達成されます。 RippleNetは、金融機関を接続してリアルタイムな支払いを可能にし、ODL(オンデマンド流動性)を提供します。お金のためのオープンプラットフォームであるXPRINGは、オープンスタンダード、オープンソース、オープンネットワークに基づいて構築されています。


Neo(ネオ)・Da Hongfei氏

 Da氏は、ブロックチェーンが世界が直面している課題の解決にどのように役立つか、そしてその目標を達成するためにNeoが何をしているのかについて彼の考えを共有しました。紛争と混乱の中で、新しい技術の進歩が鍵となります。ブロックチェーンは今日の問題を解決する準備ができているでしょうか?彼の答えはまだです。適応性、トークン化、相互運用性は、インフラストラクチャになるためにブロックチェーンが持つべき3つの属性です。
 2020年のNeoは、アーキテクチャ、最適化、およびガバナンスに関して、Neo2からNeo3へのアップグレードです。 Neo 3は、NeoIDデジタル、NeoFS、組み込みオラクルの3つの新機能を搭載してリリースしました。


パネルディスカッション:「カストディ、ネットワークおよび現在の経済に関して」

 パネルでは、安全な保管とカストディ、ネットワーク効果、新しいプロジェクトがどの様にこれらを利用するか、COVID-19による現在の経済状況と暗号資産への影響について取り上げました。

 認可を受けたポートフォリオマネージャーであるMati Greenspan氏は、デジタル暗号資産企業は従来の企業よりも保護されていると述べています。アルゼンチンの様に現地通貨がすでにBTSを最も安全な資産と見なされていますが、安全な資産として認定されたことはありません。一方、Googleの検索結果によると、COVID-19が拡大し始めて以来、市場が不安定になり、日中の取引が急増したことを示しています。


 OKExの金融市場責任者であるLennix氏は、取引所はCOVID-19による大きな影響は見られないが、パンデミック時の異常に高い取引量およびトラフィックは見られるたと述べました。彼が3年前にOKExを開始したときは、BTCは従来の金融と比較して何もなかったが、統計ではすでにそれがデジタルゴールドであることを証明しています。 BTCは投資可能な資産列に属し、ポートフォリオの一部である必要があります。取引所は規制に取り組み、従来の投資家の利用を促進する必要があります。

  Arepo Capitalのの創設者であるAlessio氏は、以前はブロックチェーン技術に魅了されていましたが、現在では市場に新たな流動性をもたらしている暗号資産の経済的価値に魅了されています。

 また、WaykiChainの共同創設者兼CTOであるRichard Chen氏も、本パネルに参加しました。


信頼の高い分散型金融プラットフォーム:Waykichain・Gordon Gao氏

 WaykiChainのCEOであるGordon氏は、 Defiエコシステムを構築および革新することにより、ブロックチェーン業界を促進およびリードすることに取り組んでいます。 WaykiChainは、高性能トランザクション処理機能を備えた業界をリードするパブリックチェーンを所有しています。分散型の情報管理を備え、初期のマージンコールを処理し、分散型の契約を通じてマージンコールの流動性を提供するアプリケーションであり、コミュニティが決定した分散型プロトコルの開発および更新されたアプリケーションへの関心を示唆しています 。

東京を拠点とするブロックチェーンスタジオ:HashHub・平野 淳也氏


 HashHubのCEOである平野淳也氏は、オンラインイベントに参加するのはこれが初めてであると語りました。 彼はブロックチェーン技術、暗号資産、そして日本の市場の状況をどのように見ているかについて述べました。 HashHubは2015年から始まり、事業内容は、調査・コンサルティング、メディア、コミュニティに焦点を当てており、The Blockと似ていると教えてくれました。


アジアの投資家が使用するBlockFiとは何か:BlockFi・Zac Prince氏

 Zac氏は、世界中のデジタル暗号資産投資家にサービスを提供するために、3つの金融サービスBlockFiを開始したと発表しました。


世界最先端のブロックチェーン技術サービスプロバイダー:ChainUP・Patrick Zheng氏

 ChainUP本社はシンガポールにあり、北京、東京、香港にも支社があります。社員数は200名以上在籍しており、技術者だけでも150名以上います。昨年に東京支社を設立し、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会(J C B A)の準会員になっています。主な製品ブランドは暗号資産現物取引システム、デリバティブ取引システム、流動性プロバイダー、Walletシステムです。現在ChainUPの技術の導入社数は500社以上に、世界で20カ国以上の顧客が利用しています。ChainUPは取引所システム、Wallet開発のサービスを提供しています。


談話セッション:バイナンス CZ氏とStephan Livera氏

 

 バイナンスのChangpeng Zhao (通称:CZ)とStephan Livera氏による談話が行われました。
 
Stephan Livera氏から最初の質問:「バイナンスと他の取引所の違いは何ですか?」
CZ:「Binanceは、多言語のWebアクセスとモバイルアクセス、カスタマーサービス、コミュニティとの交流などに取り組んできました。」

 プライバシーとトランザクションの検出に関して、CZは白黒はっきりさせる解決策はないと述べました。サードパーティのトランザクション監視の使用は問題ではありません。問題は、それがどれだけ適切に適用されるかです。不正なハッカーを検出し、優れたプレーヤーを除外して、ユーザー体験が悪化しないようにすることです。

 最後に、バイナンスの創設者であるCZはBTCについて非常に強気であり、無限のお金の印刷のために法定通貨は最終的に崩壊するだろうという予測を述べました。起業家として、彼は人々が使用できるより多くのアプリケーションを構築することに専念しています。


監視と検閲からの解放:Orchid (オーキッド)・Steven Waterhouse氏

 OrchidのCEOであるSteven Waterhouse博士(通称:セブン氏)は、インターネットの誕生はもともと人々が自由に探索できるようにすることだったが、これはユーザーにとって大きなリスクになっており、人々のオンライン位置は継続的にどこでも追跡されいると述べました。

 米国のような国では、FacebookやGoogleなどのような多くの企業から監視があります。ヨーロッパには、GDPRのような政府がさらにあります。アジア、特に中国には、中国人が外の世界のほとんどの部分にアクセスできないように検閲する優れたファイアウォールとして知られているものがあります。

 検閲と監視に対する彼のソリューションは、分散型VPNです。現在のVPNは、一元化され、非透明性で、保護されておらず、インセンティブもありません。Orchidはこの問題を解決したと報告しました。


暗号資産の安全基準:Ledger・Pascal Gauthier氏

 LedgerのCEOであるPascal Gauthier氏は冒頭で、機関は現在のLegerデバイスを使用して暗号資産を保管してはいけないことを伝えてからプレゼンテーションを開始しました。

 彼は、SepiorやUnbound Techなどの企業が提供するMPCテクノロジーで暗号資産カストディ業界がどのように進化しているかについて語りました。またLeger Donjonは常に自社、競合他社、パートナーをハッキングしてセキュリティの水準を引き上げ、セキュリティの穴の解決策を見つけていると述べています。

 彼は適切な安全性とレギュレーションは次のビットコインの強気市場を促進する重要なポイントだと信じています。理由としては、機関が暗号資産市場に参加する前提は、その顧客の資産はハッキング、盗難、紛失から保護されていることが確定できることです。


起業家や企業にエンドツーエンドのソリューション:Dealbox・Thomas Carter氏

 Thomas氏が導入したDealboxは、起業家と投資家をつなぎ、投資と資本形成の未来を可能にする、多機能で垂直統合されたデジタル証券発行および投資プラットフォームです。彼は現在の市場の問題は企業のデューデリデンス、品質の早い段階の取引フローへのアクセスとアナログの民間証券発行の不一致であると指摘しました。

 
ガバナンスと制御–暗号資産インフラストラクチャテクノロジーの新しい領域:Lacero・Rashid Hoosenally氏 

 LaceroのCEOであるRashid Hoosenally氏は、デジタル資産のガバナンスと制御について話しました。彼は、安全対策とは常にセキュリティと使いやすさの適切なバランスを見つけることであると述べています。したがって、ポリシーは構成可能で使用可能である必要があります。つまり、組織とそのワークフローに適合し、人々にとって簡単かつスムーズに行え、安全で破壊的でなく、監査可能で透明性を確保する必要があります。


スマートキャピタルのためのツールAenco:Kenrick Fok氏・Geoffrey Tipton氏 

 Aencoのセッションには、CEOであるKenrick Fok氏とCTOのGeoffrey Tipton氏が参加しました。
スマートキャピタルのためのスマートツールを作成するAenco。彼らはAENCエンゲージメントポータルを作成しました。これにより、企業は真の視聴者とつながることができます。このプラットフォームの最終目標は、あらゆる機能を備えた使いやすいプラットフォームを作ることです。


Monarch — すべてを1つのアプリで:Robert Beadles氏

 Monarch Walletの作成者であり共同創設者であるRobert Beadles氏は、すべての暗号資産またはブロックチェーン製品とサービスを管理するための多目的ハブの特徴を紹介しました。また、シンプルかつ安全で、1つのKYCで他の17ものアプリ機能を実行できると述べました。


 

5月20日(水)、 本日はCrypto Asia Summitの3日目になります。 朝7時からQuantum Economics, Blockchain Founders funds、Bitcoin.com、Huobiなどの業界をリードする会社の代表が登壇します。

 

また午前11時からビットコインマイニングのトピックとするパネルディスカッションも注目してください。

  • 無料チケットは下記リンクから会員登録しお申し込みください。

https://chaintalk.tv

本Crypto Asia Summitでは、 ライブチャットやテレグラムグループを通じてネットワークを築くためのツールも提供しています。 皆さんぜひ参加してみてください。

 

  • ChainTalk公式Telegram リンク:

https://t.me/chaintalktv
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TEAMZ >
  3. 最大級のブロックチェーンオンラインイベント『Crypto Asia Summit』 ー 2日目開催レポート