横浜・関内エリアにおける『ベンチャー企業成長支援拠点』の運営事業者の公募を開始します!

~「イノベーション都市・横浜」の実現に向けて~

「イノベーション都市・横浜」の実現に向けた取組を進める横浜市は、イノベーションの新たな担い手となるベンチャー企業を国内外から呼び込み、成長を支援する「ベンチャー企業成長支援業務」の新規実施に向け、運営事業者の公募を行います。


横浜市は、市内に研究者・技術者、起業家、学生などの人材が集まっている強みを活かし、人材交流やビジネス創出などにより、社会課題に対応する次世代産業を生み出していく「イノベーション都市・横浜」の実現を図るべく取組を進めています。

この度、イノベーションの新たな担い手となるベンチャー企業を国内外から呼び込み、成長を支援する「ベンチャー企業成長支援業務」の新規実施に向け、運営事業者の公募を行います。
当事業では、市内をはじめ、国内外の企業・団体等と連携した本市独自の成長支援プログラムなどを提供するとともに、秋には関内エリアに支援拠点を開設します。

1 公募概要
(1)主な業務内容
ベンチャー企業等の成長に資する「3~6か月でビジネスプランを磨き上げるトレーニングセンター」としての役割を中心に、市内企業等と連携しながら、多様なサポートを実施します。
ア:ベンチャー企業成長支援プログラム等の実施
市内をはじめ、国内外の企業・団体・人材の協力を得て、実証実験、試作、マーケティング、メンタリングなどを行い、ベンチャー企業の成長を促す「成長支援プログラム」等を実施します。
イ:イノベーションの創出に向けた交流イベントの実施
ベンチャー企業の成長やそれを支える支援者、企業の新規事業担当者などイノベーションに関わる多くの人材が交流するイベントを日常的に実施します。
ウ:支援状況や市内のイノベーション情報の発信
プログラムの実施状況や市内におけるイノベーションに関するイベント、取組、事業者などの情報をホームページやSNS等の各種媒体で発信します。
→ 本取組を実施する場として、「ベンチャー企業成長支援拠点」を関内周辺エリアに設置することとし、場所も含めて提案していただきます。



(2) 事業期間
令和元年度から令和4年3月31日までの3か年とします。
なお、委託契約は単年度ごとに締結します。

(3) 選定方法
公募型プロポーザル方式

(4) スケジュール(予定)
公募開始  :令和元年5月16日(木)
公募説明会 :令和元年5月22日(水)、5月27日(月) ※「2 公募説明会」参照
提案書締切 :令和元年6月21日(金)
事業者の決定・着手:令和元年7月上旬
※支援拠点の開設は、令和元年10月31日までに行います。

2 公募説明会
応募を検討される事業者の方を対象に、以下のとおり説明会を開催します(各回とも同一内容)。参加を希望される場合は、以下「3 公募の詳細について」に記載のURLよりお申込みください。(応募にあたり、説明会への参加は必須ではありません。)。
(1)第1回
日時:令和元年5月22日(水)11時~12時
場所:公益財団法人 横浜企業経営支援財団
横浜メディア・ビジネスセンター 7階会議室(中区太田町2丁目23番地)
(2)第2回
日時:令和元年5月27日(月)15時30分~16時30分
場所:公益財団法人 横浜企業経営支援財団
横浜メディア・ビジネスセンター 7階会議室(中区太田町2丁目23番地)

3 公募の詳細について
公募の詳細及び公募書類一式については、下記URLから入手いただけます。
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/nyusatsu/kakukukyoku/2019/itaku/keizai/venture-shien.html
※応募者への空き物件の紹介等に御協力いただける不動産業者様、建物オーナー様等を協力事業者様として募集します(上記サイト内に関連情報を掲載します。)


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 横浜・関内エリアにおける『ベンチャー企業成長支援拠点』の運営事業者の公募を開始します!