大阪国際空港、定時運航率ランキングの大規模空港部門で3年連続世界1位を獲得!

 関西エアポート株式会社は、イギリスを拠点に航空関連情報の収集や提供を行うOAG Aviation Worldwide Limited(以下、OAG)が発表した、世界の航空会社と空港の定時運航率の総合ランキング「OAG Punctuality League 2020」※1の大規模空港部門※2において、大阪国際空港(伊丹空港)が世界1位となったことをお知らせいたします。
 本部門での世界1位は3年連続となり、就航している各航空会社の定時運航に向けた日々のオペレーションに加え、スマートレーンの導入等ファストトラベルの取り組みによって、最も高い定時運航率を維持していると考えております。
 関西エアポート株式会社は、引き続き関係者一丸となって航空機の定時運航確保へ向けて取り組み、お客様が快適に利用いただける空港づくりを行ってまいります。
 

 

 

2020 年 1 月 31 日(金)、大阪国際空港にて OAG からトロフィーと証明書が授与されました。
(写真左から)関西エアポート株式会社 専務執行役員(最高運用責任者) ジェレミ・ゴールドストリッチ
OAG リージョナル セールス ディレクター JAPAC  マユール(マック)・パテル(敬称略)
 

 


OAG Punctuality League 2020 大規模空港部門
  • 1位 大阪国際空港(日本) 平均定時運航率 88.03%
  • 2位 プルコヴォ空港(ロシア連邦) 平均定時運航率 87.16%
  • 3位 ダニエル・K・イノウエ国際空港(アメリカ合衆国) 平均定時運航率 86.82%

 


※1 OAG Punctuality League 2020:2019年(暦年)の世界の定期便運航データから、離発着の予定時刻と実際に離発着した時刻のずれが15分未満だった便が占める割合を算出し、カテゴリー別に定時運航遵守率ランキングをまとめた報告書。
※2 大規模空港:年間出発供給座席数(出発便)が1,000万以上2,000万未満の空港。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. 大阪国際空港、定時運航率ランキングの大規模空港部門で3年連続世界1位を獲得!