JAXAベンチャー 天地人、衛星データの国際的なコンテスト「コペルニクス・マスターズ」の日本大会で優勝

​JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人は、EC(欧州委員会)とESA(欧州宇宙機関)が衛星データを利用したビジネスアイディアを募る国際的なコンテスト「Copernicus Masters」の日本大会において優勝しました。

 


天地人は気候変動による社会・経済リスクに対応するための地球観測ソリューションを提供しています。Copernicus Mastersでは、「水不足」「干ばつ」といった地球規模の課題解決に繋がる提案をしました。今後は地方自治体のための「漏水調査支援ツール」や、地球規模で水不足・干ばつに対応可能なツールの開発を進めてまいります。


「Copernicus Masters」とは

Copernicus Mastersとは、欧州宇宙機関のESAがビジネスアイディアを募る国際コンテストです。地上・海上・大気環境の監視や安全保障に関する、社会やビジネスにおける衛星データを活用した革新的な発想・ソリューション・開発に対して賞が贈られます。

受賞特典として、ESAのビジネス育成センターからの支援や協賛企業からのビジネスサポート支援が受けられます。総合賞の受賞者には、賞金及び衛星データが提供されます。

今年で2回目の開催である日本大会で、天地人は優勝しました。


天地人のプレゼン内容

干ばつは開発途上国だけでなく、先進国でもますます深刻になっています。そのような中で、現在日本では、水道管路の老朽化により、全国年間生活用水量の約8%を漏水として失っています。さらに、全国総距離の約18%の水道管路が、法定耐久年数を超えています。しかし、水道管路の点検や維持、修繕にかかる多額の費用が、各自治体で課題となっています。

一方、日本の漏水率は、海外の都市と比較すると低くなっています。近年、気候変動の熱波による水不足・干ばつ問題が世界的にますます深刻化しており、2050年には世界人口の75%に影響すると言われています。

このような世界的な漏水問題に対応するため、天地人は2022年07月に土地評価ツール「天地人コンパス」のフリープランを公開しました。

また、地方自治体の漏水問題に対応するため、天地人コンパスと漏水データを掛け合わせ、100m単位でマップをメッシュ化して漏水のリスクが大きい区域を識別できる、漏水リスクマップを開発しています。現在、本ソリューションの実証を、愛知県豊田市と共同で行っています。実証は2023年3月まで行う予定です。本実証において、弊社は、漏水可能性区域の識別とフィールド調査結果に基づいたAIによる漏水可能性判定の分析、およびこれらの精度向上を目指します。


今後の展望

今後は、地方自治体のための「漏水調査支援ツール」を開発し、他の地方自治体へ提供することを目指しています。

さらに弊社では、地球規模の課題である水不足・干ばつに対応できるツールも同時に開発しています。UNDPのSHIPプラットホームを通じて降雨情報を農家に提供するモバイルアプリを開発し、ブルキナファソにて事業化を進めています。

今後も、漏水問題に対するソリューションを進化させ、人や環境に優しく、快適に暮らせる社会の実現を目指します。

 
■株式会社 天地人 会社概要
会社名:株式会社 天地人
所在地:東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー9F
代表者:代表取締役 櫻庭康人
事業内容:衛星データを使った土地評価コンサル
サイトURL:https://tenchijin.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社天地人 >
  3. JAXAベンチャー 天地人、衛星データの国際的なコンテスト「コペルニクス・マスターズ」の日本大会で優勝