新潮ドキュメント賞、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞・作品賞を受賞し、多くのノンフィクションで高い評価を得てきた著者がポリティカル・コレクトネスという新たな敵の正体を暴く!

福田ますみ 著『ポリコレの正体』(方丈社)が12月1日発売!

『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』で新潮ドキュメント賞を受賞。『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』で編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞・作品賞を受賞し、多くのノンフィクションで高い評価を得てきた福田ますみが、行き過ぎたポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ=ポリコレ)の実像に迫った一冊『ポリコレの正体』(方丈社)を12月1日に発売!

学校での「教師によるいじめ」として全国で報道もされた事件の取材を通して、他メディアによる報道が、実際はモンスターぺアレントの言い分をうのみにした「でっちあげ」だったことを発見。冤罪を解明した過程をまとめた『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』で、2007年に「新潮ドキュメント賞」を受賞。同書は文庫で17.5万部とベストセラーになっており、コミック版も発売されています。

また『モンスターマザー 「長野・丸子実業高校【いじめ自殺】でっちあげ事件」』では、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞・作品賞を受賞するなど、多くのノンフィクションで高い評価を得てきた福田ますみが、ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ=ポリコレ)の実像に迫る。

「人種差別やジェンダーによる差別をなくし、多様性を認めよ」という掛け声のもと、「新しい正義」がうたわれ、その正義の基準に沿わないものは、全メディア総出で、集団リンチのごとく批判され、社会的に抹殺されるキャンセル・カルチャーや、批判的人種理論が幅を利かせるアメリカ。

多様性とは、自らと違った立場の意見を尊重し、相互に認め合うことなのに、逆に「不寛容」ばかりが増し、企業も学校も社会も息が詰まっていく。ポリコレ先進国のアメリカでは、非キリスト教徒に配慮するという大義名分のもと、「メリークリスマス」という言葉は奪われ、性差別への配慮として、米国の下院議会では「お父さん」「お母さん」をはじめ、性別を規定する言葉の使用は許されなくなってしまった。

カリフォルニアでは、LGBTQに配慮するため、結婚式で、「夫(ハズバンド)」とも「妻(ワイフ)」とも言えないという。LGBTの中でも、トランスジェンダーをめぐるトラブルは先進国アメリカで激増しており、日本にもその流れは急速に近づいていると思われる。

日本は1日も早く先行するアメリカの過ちに気づき、本当の自由と平等を取り戻す努力を始めなければいけない。「機会の平等」でなく、「結果における平等」を保証することは、「新たな不平等を創造」するだけで、そこには絶望しかない。一般社会に広がりつつある、「行き過ぎたポリコレへの嫌悪感」が、今後、企業の商品開発や事なかれ的な企業文化に影響を与えことになるかもしれない。

忠実で丹念な取材力を基本に、多くのノンフィクション作品で高い評価を得てきた著者が、「ポリコレ」という新たな敵の正体を見出し、追い詰めていく。


書名:ポリコレの正体
  「多様性尊重」「言葉狩り」の先にあるものは

著者名:福田 ますみ
発売日:2021年12月1日
予価:1400円+税
体裁:四六判・並製・288頁
発行:方丈社
ISBN:978-4-908925-86-3
HP:https://hojosha.co.jp/menu/908494
Amazon:https://amzn.to/3n796gc

著者:福田ますみ
専門誌・編集プロダクション勤務を経てフリーライターに。以後、様々な雑誌、webメディアへの寄稿を続けてきた。学校での「教師によるいじめ」として全国報道もされた事件の取材を通して、他メディアによる報道が、実際はモンスターぺアレントの言い分をうのみにした「でっちあげ」だったことを発見。冤罪を解明した過程をまとめた『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』で、2007年に「新潮ドキュメント賞」を受賞。他に『モンスターマザー 「長野・丸子実業高校【いじめ自殺】でっちあげ事件」』では、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞・作品賞を受賞。他、『暗殺国家ロシア:消されたジャーナリストを追う』(以上新潮社)、『スターリン 家族の肖像』(文芸春秋)などがある。

目次:
1章 ポリコレは、全体主義への一里塚
「お母さん」とさえ呼べなくなる? ――着々と進む、狂気の言葉狩り
2章 日本のポリコレは、「反日・日本人」養成所
正義なきメディアが「内心の自由」に踏み込み、断罪する恐ろしさ
3章 BLMの不都合な真実
蘇る「新左翼」――「平和な顔をした暴力革命運動」に騙されるな!
4章 LGBTを“弱者ビジネス"にしようとする人々
当事者たちに訊く――「新潮45」廃刊事件再考
5章 【事例研究】LGBTイデオロギーとどう向き合うか?
3つのケースから学ぶ、ポリコレ推進活動家への対処法

【本件に関するお問い合わせ先】
(株)方丈社 営業部 山村・田中
〒101-0051 東京都千代田区神保町1-32星野ビル2F
TEL:03-3518-2272(受付時間 10:00~17:00)
テレワークで不在であることが多いので、お問い合わせはMailでお願いします。
e-mail:yamamura@hojosha.co.jp / tanaka@hojosha.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 方丈社 >
  3. 新潮ドキュメント賞、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞・作品賞を受賞し、多くのノンフィクションで高い評価を得てきた著者がポリティカル・コレクトネスという新たな敵の正体を暴く!