一般社団法人日本シングルマザー支援協会と、株式会社Casaは、株式会社ナルミヤインターナショナルが運営する「子供写真館 ラブスト フォトスタジオ」と、こどもの写真イベントを共催

【イベントレポート】親子フォト撮影会を開催しました

一般社団法人 日本シングルマザー支援協会(本部:神奈川県横浜市、代表理事:江成 道子・以下協会)と、株式会社Casa(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮地 正剛)は、8月27日(土)に株式会社ナルミヤインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:石井 稔晃)が運営する、「子供写真館 ラブスト フォトスタジオ」と、こどもの写真イベントを共催いたしました

概要
ひとり親は、仕事・家事・育児と慌ただしく、学校行事へも一人で参加することが多いため、被写体がこどもだけになってしまいがちです。
協会にて写真についてのアンケート調査を実施したところ、「こどもとのツーショット写真がない」、「写真を見ていたこどもに『ママがいない』と言われた。」など、多くのお母さんがこどもとの写真が少なく、親子での写真を残したいとの声がありました。
そのような背景から、「今しかない親子の瞬間を記録に残して欲しいという想い」で、この度株式会社Casaと親子写真イベントを共催いたしました。

 イベント概要
開催日時:2022年8月27日(土)10:00~15:00
タイトル「親子写真で我が子との瞬間を残しませんか」
場所:LOVST BY NARUMIYA マリンアンドウォークヨコハマ店

 当日レポート
広々とした空間に、色彩豊かで美しく、可愛いブースが沢山。こどもたちもスタジオに入った瞬間に、「すごい!」と感激をする姿もあれば、いつもと異なる雰囲気に少し緊張した様子のこどももおりました。
専属のカメラマンさんやスタッフの方と楽しい会話を繰り返していくうちに、こどもたちも自然な笑顔になっていき、撮影ではとびっきりの笑顔が見られ、お母さんも、自然と笑顔が溢れておりました。

撮影後には「とっても楽しかった」「また来たい」とこどもたちから声が寄せられ、中には「帰りたくない」と泣き出してしまう子もいたほど、楽しい時間を過ごしていました。

今回の参加をお母さんたちに聞くと「子どもとの写真が全然なくて」「いつも私がカメラマンで、こんなチャンス滅多にないので」「男の子なので、いつかきっと写真を一緒に撮ってくれなくなるから、今しか残せないと思った」という、今しかない子どもとの思い出を残したいというお母さんたちの言葉がありました。
こどもたちの笑顔は、お母さんも笑顔にし、スタジオのカメラマン、スタッフ、そこにいた大人たちも自然に笑顔になり、そしてとても暖かい気持ちにさせてくれました。

これからもこどもたちの笑顔が溢れ、そしてお母さんたちが笑顔になれるよう事業を通じ、貢献してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本シングルマザー支援協会 >
  3. 一般社団法人日本シングルマザー支援協会と、株式会社Casaは、株式会社ナルミヤインターナショナルが運営する「子供写真館 ラブスト フォトスタジオ」と、こどもの写真イベントを共催