プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
会社概要

下田市でユニバーサルビーチin外浦海水浴場

車いすでも海を楽しもう!

NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト

障がいがある人もない人もみんなが一緒に楽しめるビーチづくりを目指すNPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクトは、静岡県下田市にある外浦海水浴場にて海のバリアフリー化とユニバーサルビーチ実現に向けて、ビーチマットの設置と水陸両用車イスを用いてのユニバーサルビーチ体験会を7月22日(土)10:00~15:00、ユニバーサルビーチ講習会を8月20日(日)9:00~12:00に実施いたします。

  • あらゆる人々が下田の美しい海、綺麗なビーチを楽しめるように

静岡県伊豆の下田市にある外浦海水浴場は、清らかな水辺として環境省より「快水浴場百選」に選定された、白砂の美しい海岸です。遠浅で、湾の奥に当るため波が静かで、その美しさから、ゆっくりのんびりした時間を過ごしたい方には最適です。海水浴のシーズンは監視員やライフセーバーも配備され、幼児や学童に最適なことから、家族連れの海水浴客が目立ちますが、障がいのある方にとってはまだまだ壁が高い状況です。


ユニバーサルビーチの取り組みは全国で進んでいますが、県内ではまだ進んでいません。市では下田の海をあらゆる人々が楽しめるように環境整備を進めたいという想いから、今回のユニバーサルビーチin外浦海水浴場を開催する運びとなりました。


今回の試験実施を経て、2024年度以降、下田の海の魅力化推進や、多文化共生を推し進めるため、車いす利用者専用の更衣室やシャワーの整備などを検討するとしています。選択肢になかったビーチ・海を楽しめた!という小さな成功体験が次なる原動力となります。そして、「できた!」という経験を通じて、人生のチャレンジのキッカケづくりを全国に普及していきます。

  • 下田市とユニバーサルビーチとの出会い

実は、須磨ユニバーサルビーチプロジェクトが伊豆下田に出向くのは、今回が初めてではありません。コロナ前の2018年夏「JPSA ジャパン プロサーフィンツアー2018  ショートボード第2戦 IZU SIMODA CHAMPION PRO」の大会内のイベントとして、須磨ユニバーサルビーチプロジェクトはJPSAと共にサーフィン体験会&トークショーを行いました。


サーフィン体験会では、大会中のプロのサーファーの選手たちと、海を愛する関係者がたくさん集まり子どもたちのサーフィン体験を実現しました。みんなで力を合わせてできないをできた!に変えた出来事でした。

  • 海水浴期間に、車椅子でも『体験会』・『講習会』を開催

2023年、夏・海水浴期間に、下田市が中心となり、『ユニバーサルビーチ体験会』と、『ユニバーサルビーチ講習会』を開催予定です。『ユニバーサルビーチ体験会』は、障がい当事者の方や、ご家族、お友達を対象にして、海水浴を諦めていた人たちと一緒にビーチや海を楽しむ企画です。


また、『ユニバーサルビーチ講習会』は、2024年度以降も、持続的にユニバーサルビーチプロジェクトを実施・運営していくために、関係者やボランティアスタッフを募集し、座学の講習と実技の研修を併せたユニバーサルビーチ講習会を実施いたします。いずれも、参加は無料で、どなたでもご参加いただけます。


  • イベント概要

『〜車イスで海に入ろう!~下田市ユニバーサルビーチ体験会!!』

名  称:『下田市ユニバーサルビーチ体験会』in外浦海水浴場

主  催:下田市

協  力:夏期海岸対策協議会外浦支部

     NPO法人下田ライフセービングクラブ

     NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト

     公益財団法人 日本ライフセービング協会

     公益財団法人 日本財団

日  時:2023年7月22日(土)  10時~15時 ※雨天決行・荒天中止

場  所:静岡県下田市 外浦海水浴場

参加人数:障がいのある方6組程度

※1組とは、障がいのある方1人とご家族(友人など)を想定しています。

※目安として、各組1時間程度を予定しています。(10時~15時までいなければいけないわけではございません)

 参 加 費 :無料

参加申込は下記リンクからお申込みください

https://forms.gle/MsUcTWbQcjNp3j428


「~車イスで海に入るサポートを学ぼう!~下田市ユニバーサルビーチ講習会!!』

講習内容はビーチマットの敷き方や、水陸両用車イスをつかったサポート方法をお伝えします

名  称:『下田市ユニバーサルビーチ講習会』in外浦海水浴場

主  催:下田市

協  力:夏期海岸対策協議会外浦支部

     NPO法人下田ライフセービングクラブ

     NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト

日  時:2023年8月20日(日) 9時~12時 ※雨天決行・荒天中止

場  所:道の駅『開国下田みなと 会議室3』(座学)、外浦海水浴場(実技)

参加人数:20名程度

 参 加 費 :無料

対  象:ユニバーサルビーチに興味のある方

例)障がい当事者、当事者ご家族、医療従事者、福祉関係者、学校教員、ライフセーバー、海が好きな人、下田が好きな人 など

https://forms.gle/ED1wA1bWGucgxj369


  • NPO法人下田ライフセービングクラブ

下田ライフセービングクラブは、1978年から水辺の事故ゼロを目指す活動を展開してきた団体です。これまで44年間、水辺の安全対策と安全啓発活動、ビーチクリーン活動に取り組んできました。「Safe & Clean -人のつながりを大切に-」をテーマに掲げ、水辺の事故ゼロを目指すと同時に、人々と地球に優しい取り組みを行っています。私たちは、ユニバーサルビーチプロジェクトへの参画を通じて、すべての人々が下田の美しい自然の中で、安全に水辺を楽しめる環境を目指していきます。

[https://www.shimoda-lifesaving.com/


  • できないをできた!に変える須磨ユニバーサルビーチプロジェクト

<法人概要>

法人名:NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト

所在地:兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町1丁目14-10ドルフ21-102

代表者:木戸俊介

設立:2017年11月2日

URL:https://sumauniversalbeach.com/

事業内容:みんなの”できない”を”できた!”に変えるを合言葉に、障がいを持っている方やお年寄り、小さなお子さんまで、誰もが楽しめるユニバーサルデザインなビーチを普及していく活動をしています。令和3年度より、中学社会公民の教科書に「持続可能な未来を目指す人々」と題し、SDGs達成に向けた先進事例として掲載されています。


<主な受賞歴>

・観光庁ブルーフラッグ認証事例(2022年度・2023年度 )

・教育出版中学公民の教科書掲載(2021年度 )

・観光庁持続可能な観光の実現に向けた先進事例(2020年度)

・IAUD国際ユニバーサルデザイン賞金賞(2019年)

・ひょうごユニバーサル社会づくり賞(2018年)


<問い合わせ先>

須磨ユニバーサルビーチプロジェクトPR事務局

事務局長 土原翔吾

HP:https://sumauniversalbeach.com/ のフォームより

TEL:080-3782-4405

e-mail:sumauniversalbeach@gmail.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
静岡県下田市自治体静岡県下田市イベント会場兵庫県神戸市チーム本拠地
関連リンク
https://sumauniversalbeach.com/index.html
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト

3フォロワー

RSS
URL
https://sumauniversalbeach.com/
業種
医療・福祉
本社所在地
神戸市長田区 駒ヶ林町1丁目14-10 ドルフ21-102
電話番号
080-1181-7002
代表者名
木戸俊介
上場
未上場
資本金
-
設立
2017年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード