海ノ民話のまちプロジェクト 2021年度10の民話 アニメ化決定!子供たちに語り継ぎたい「海ノ民話」をアニメーションで制作

山形県、福島県、福井県、長野県、滋賀県、京都府、鳥取県、岡山県、徳島県、愛媛県(愛媛県以外の9エリアは今年度初認定府県です)

 一般社団法人 日本昔ばなし協会が推進する「海ノ民話のまちプロジェクト」は、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」(https://uminohi.jp/)の一環として実施するもので、海と深く関わりを持つ日本という国の「海との関わり」と「地域の誇り」を、子供たちに伝え語り継ぐことを目的とし、2018年に発足したプロジェクトです。

 本プロジェクトでは、日本中に残された海にまつわる民話を発掘し、その民話のストーリーとその民話に込められた「思い」「警鐘」「教訓」を、親しみやすいアニメ等の映像表現で、次の世代を担う子供たちへ、そして、さらに次の世代へと語り継いでいます。
活動4年目となる2021年度は、「海」にまつわる民話や「海」が関係している内陸を舞台とした民話が伝承されている山形県、福島県、福井県、長野県、滋賀県、京都府、鳥取県、岡山県、徳島県、愛媛県の10エリアを「海ノ民話のまち」として認定することが決定しました。
10の民話は例年同様アニメーション化して公式サイト(http://minwa.uminohi.jp/)で公開する予定です。

※過去に制作したアニメタイトル画像の一例※過去に制作したアニメタイトル画像の一例

 

■2021年度認定地域と制作アニメのタイトル
・山形県鶴岡市「湯野浜の大亀」
・福島県いわき市「いわき鮫川のサメ伝説」
・福井県美浜町「河童の詫び証文」
・長野県小海町「くじらの夫婦」
・滋賀県長浜市「堀止地蔵」
・京都府宮津市「「天のかけ橋」と 「金樽いわし」」
・鳥取県智頭町「竜宮のはなたれ小僧さん」
・岡山県倉敷市「児島の金浜伝説」
・徳島県小松島市「ゼンパはん」
・愛媛県今治市「クジラのお礼まいり」
※タイトルに関しては、現時点では、原題で記載しておりますが、今後脚本制作をしていく上で変更になる場合がございます。

<認定委員長(プロジェクト実行委員長)>

沼田 心之介 (監督/プロデューサー)
2012年4月株式会社トマソン 入社
「ふるさと再生日本の昔ばなし」音響監督、脚本、演出担当
「ふるさとめぐり日本の昔ばなし」からは監督も兼務。
「けものフレンズ2」アニメプロデューサー
2019年12月 一般社団法人 日本昔ばなし協会 設立 代表理事
2021年 「歌うサッカーパンダ  ミファンダ」アニメプロデューサー

<民話の選考基準>
【知恵】先人の豊かな海の学びが包含されている
【想像力】海の多様性と好奇心を喚起するもの
【資産】地域で大切に語り継がれてきたもの
【地域性】地域の海の風土や特色を表現しているもの
【継承性】地域の子どもたちに語り継ぐ機運があるか

■今後予定している展開施策
・認定市町村への表敬訪問(6月下旬~8月頃を予定)
・フォーラム開催(12月東京にて予定)
・アニメ完成報告表敬訪問(2022年1月~3月を予定)
・アニメ上映会およびフィールドワーク(2022年1月~3月を予定)
※今後の予定については決まり次第、認定エリアの当プロジェクト実行委員会よりご案内いたします。

団体・企業概要
団体名称    :一般社団法人日本昔ばなし協会
本社所在地 :東京都大田区南馬込5-19-3
電話番号    : 03-5743-7030
代表理事    :沼田 心之介
設立        :2019年 12 月23 日 
URL        :https://www.nippon-mukashibanashi.or.jp/
 

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 海ノ民話のまちプロジェクト 2021年度10の民話 アニメ化決定!子供たちに語り継ぎたい「海ノ民話」をアニメーションで制作