ドイツのプレミアム家電AEG新製品 研ぎ澄まされた美しさを革新的な技術で実現 IHクッキングヒーター・ガスクッキングヒーター登場

2021年4月9日(金)発売予定

エレクトロラックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:平井敬人)が日本で展開するドイツの上質なビルトイン家電ブランド「AEG(アーエーゲー)」は、ビルトイン型キッチン家電のIHクッキングヒーターと、ガスクッキングヒーターの新製品を2021年4月9日(金)に発売いたします。
AEGは創業以来、130年以上の長きにわたり、時代に先駆けたテクノロジーやデザインとともに、消費者や時代の動向にインスパイアーされた製品を生み出し、未来へのビジョンを発信し続けてきました。外観の美しさと、機能性や革新性を同時に実現する製品づくりが特長です。

 

排熱口が上部になく、フレームレスでシンプルなデザインのガラストップ(製品天面)がAEGのIHクッキングヒーター特徴ですが、今回発売の製品は、キッチンキャビネットに設ける必要があった排熱口が、独自の技術で不要となりました。また、ガラストップの、鍋を置く位置を示す円形のラインも、ウィンドミル(風車の形)デザインに一新し、よりシャープな印象となりました。

 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
製品ラインナップ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【IHクッキングヒーター】
● AHI735CB:3口(外形寸法W 750 x 520 x 51mm)
加熱レベル:11段階/鍋底最小径:左下145mm、左上125、右:125mm/メーカー想定販売価格 税込308,000円

● AHI635CB:3口(外形寸法W600 D520 x H51mm)
加熱レベル:11段階/鍋底最小径:左下145mm、左上125、右:125mm/メーカー想定販売価格 税込297,000円

●​ AHI326CB:2口(外形寸法W291 x D510 x H51mm)
加熱レベル:16段階/鍋底最小径:下25mm、上120mm/メーカー想定販売価格 税込220,000円

【ガスクッキングヒーター】
● HG60841X:4口(外形寸法W 590 x D505 x H171.5 mm)

点火方式:回転式、連続スパーク点火/ガス種:13A:W(kcal/h)/LPG:W(kg/h)/メーカー想定販売価格 税込175,000円

● HG30201B-B:2口(外形寸法W 291 x D510 x H103.5 mm)
点火方式:回転式、連続スパーク点火/ガス種:13A:W(kcal/h)/LPG:W(kg/h)/メーカー想定販売価格 税込203,500円

● HG30101B-B:1口(外形寸法W 291 x D510 x H103.5 mm)
点火方式:回転式、連続スパーク点火/ガス種:13A:W(kcal/h)/LPG:W(kg/h)/メーカー想定販売価格 税込203,500円

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
IHクッキングヒーター製品特徴
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

AEGのIHクッキングヒーターは、製品の天面に排熱口がなく、洗練されたシンプルなデザインや、直感的な操作性と高い機能性を両立しているのが特徴です。家電でありながら、インテリアの一部として、家電以上の価値を提供します。

 

<わずか4mmのガラストップ。研ぎ澄まされた美しさ>

ガラストップの厚さは、わずか4mmを実現。フレームレスでシンプルなデザインのため、どんなキッチンにもすっきりと調和します。また、ガラストップは、美しいだけでなく、カウンタートップとの段差が少ないため、調理作業がしやすく、毎日のお手入れもしやすい仕様です。


<なべ底のサイズに応じて加熱できるマキシセンス機能のほか多数の機能を搭載>
ガラストップには、これまで、鍋を置く位置として円形をデザインしていましたが、今回製品では、スタイリッシュなウィンドミル(風車の形)デザインを採用しています。ウィンドミルマークを鍋底でカバーするだけで、サイズに応じて加熱できるマキシセンス機能を搭載。マキシセンス機能とは、お鍋のサイズにとらわれず、お鍋のサイズを自動検知し、最適なゾーンだけを加熱する機能で、フレキシブルに調理できるのが特徴です。このほか、毎日の料理が楽しくなる下記機能を搭載しています。

 

 

<直感的な操作で加熱レベル設定>

温度設定は、ガラストップ面のコントロールパネルで加熱レベルを指でタッチするだけで直感的に設定することができます。2口モデル(AHI326CB)は、より直感的に、指でスライドするだけの簡単操作。調理や保温の細かな加熱レベルを簡単に設定できます。また、ワンタッチで温度表示に切り替えも可能で、揚げ物調理などに便利です。


<STOP+Go機能で適温をキープ>
調理中にSTOP+GOボタンをタッチすると保温状態になり、もう一度タッチすると、あらかじめ設定していた加熱レベルに戻ります。少しの間その場を離れたいときなどにとても便利な機能です。
*2口タイプ(AHI326CB)のみ

 

<カウントダウン・カウントアップタイマー機能>
カウントアップタイマーは、 内蔵のタイマーで自動的にオフにすることができます。タイマーで設定した時間が過ぎると、そのクッキングゾーンはオフになります。選択したクッキングゾーンでセットしておくと、使用開始からの経過時間を確認できます。
*2口タイプ(AHI326CB)のみ


<余熱インジケーターが電源オフ後の表面温度を安全管理>
電源を切ってもクッキングゾーンが高温で火傷する危険がある間は、ディスプレイに余熱レベルを3段階で表示します。*2口タイプ(AHI326CB)のみ



<国内メーカー製品との入れ替えがスムーズにできる3口>
今回発売の製品3口のIHクッキングヒーターAHI635CB・AHI735CBは、日本のキッチンに最適なサイズ
国内メーカーの多くのクッキングヒーターのキッチン開口寸法に合致し、お持ちのクッキングヒーターとの入れ替えがスムーズにできるモデルです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ガスクッキングヒーター製品特徴
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
安全性と使いやすさを兼ね備えた、スタイリッシュなガスクッキングヒーター。

 


<美しくて使いやすく、IHクッキングヒーターとの組み合わせも可能>


AEGは、ビルトインタイプの家庭用のガスクッキングヒーターを販売している数少ない海外ブランドです。1口と2口のモデルは、お好みで2口のIHクッキングヒーターと組み合わせて設置することができるのも大きな特徴です。フレームレスのため、フラットに設置ができ、組み合わせ時の見た目がシャープですっきりとした印象になります。
ガラストップの天面は、掃除がしやすく、キッチンを美しく保つことができ、美しさと使いやすさの両立を実現しました。コックツマミをトッププレート上面に配置し、グリルレスにすることで、キャビネット側の有効スペースが確保でき、調理中の火・熱加減調節もかがまずに楽にできます。温度センサーなどの安心機能もしっかり装備。好みの熱源で、料理を美味しく思いのままに楽しむことができます。

<フレームレスガラストッププレート>
ドイツ・ショット社製の耐熱セラミックガラスを採用した美しいガラストップ。
ふき取るだけで簡単にお手入れが可能です。
 

 

<簡単操作のタッチスイッチ操作部>
高温炒めスイッチは、軽く触れるだけで操作できるタッチスイッチを採用。
フラットなので、お手入れが簡単。

<高効率外炎バーナー>
清掃性を重視した高効率外炎バーナーを搭載。火が外向きに出るため、内側への煤の付着を防ぎます。

<取り外し可能な吸気口カバー>
トッププレートと一体のウィング状の吸気口は、煮こぼれが製品内部に入るのを防ぎます。カバーは取り外しが可能で、掃除がしやすく、油汚れなどのお手入れが簡単で、キッチンを清潔に保つことができます。

 

 

<AEG初の4口タイプが新登場>
これまでAEGにはなかった標準および小火力の4口タイプの製品を追加し、製品レンジを拡充。コックツマミのフォルムがよりスタイリッシュに。側面に滑りにくい加工をほどこし、操作性も向上。ごとくは、安全性に配慮した鍋の移動がしやすい仕様です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
AEGについて
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
AEGは、1883年にベルリンのエンジニア、エミール・ラテナウがエジソン社からドイツにおける電球の製造ライセンスを取得し、創業したことに遡ります。1900年には、新しい動力を応用したヘアードライヤーや掃除機などの家庭用製品を次々と開発しイノベーションを続ける中で、エレクトロラックス社が現在のAEGを形にしました。
日本ではビルトイン食器洗い機、電気オーブン、洗濯乾燥機、IH/ガスクッキングヒーター、レンジフードを展開しています。
創業以来、時代に先駆けたテクノロジーやデザインとともに、消費者や時代の動向にインスパイアーされた製品を生み出し、未来へのビジョンを発信し続けてきました。AEGは、今求められている製品を作るだけではなく、未来のテクノロジーも視野に入れ、将来的に求められる製品を作ることを目指しています。

<一般のお客様からのお問合せ先>
(製品関連)エレクトロラックス・ジャパン株式会社: 03-6743-3027(ナビダイヤル 3番)
※営業時間: 営業時間:土日祝日及び年末年始を除く平日9:00-17:00
https://member.electroluxjapan.com/webapp/form/14975_zdw_95/index.do

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
新製品 詳細一覧
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
エレクトロラックスについて
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
北欧スウェーデンに本社を置く家電業界のグローバルリーディングカンパニー、エレクトロラックスは、Swedish thinking. Better living.の考えのもと、スウェーデンの価値観に基づき、サステナブルでバランスのとれた住まいを通じてより良い暮らし体験を提供することを目指しています。1912年に家庭用真空式電気掃除機を発売して以来、初の家庭用食洗機(1950年)や電子レンジ(1960年代)、そして世界初の家庭用ロボット掃除機(2001年)など、100年以上にわたり、常に時代をリードする革新的な製品を提供しています。現在、エレクトロラックスでは、AEGブランドなどのブランドを含み、世界約120以上のマーケットで年間およそ6,000万台の家庭用製品を販売しています。豊富な経験に基づく確かな技術力とイノベーションにより、消費者のニーズをユーザー視点で捉え、製品開発し、提供することに注力しています。北欧ならではの洗練されたシンプルなデザインと、高い機能性、環境に配慮した製品を展開し、使う人への細やかな思いやりにみちたデザインや機能は、北欧はもちろん世界中の人々に支持されています。

本社所在地:スウェーデン ストックホルム
取取扱商品:冷蔵庫、洗濯機、食器洗い機、掃除機、調理器、空気清浄機、暖房機、冷房機 など
全世界売上(2020年):SEK 116 billion(約1兆4,0000億円)
従業員数(2020年時点):約48,000人
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エレクトロラックス・ジャパン 株式会社 >
  3. ドイツのプレミアム家電AEG新製品 研ぎ澄まされた美しさを革新的な技術で実現 IHクッキングヒーター・ガスクッキングヒーター登場