歯科医院運営・経営や歯科医師の個人資産設計をサポート 接骨院向け財務コンサルティング、保険・金融サービスを提供するFPデザインと提携開始

歯科医療領域でプラットフォームビジネスを展開する株式会社メディカルネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:平川 大 以下、「当社」)は、接骨院向け運営・経営支援サービスを提供する東証グロース上場の株式会社リグア(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:川瀨 紀彦、証券コード:7090)のグループ会社である株式会社FPデザイン(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長:石本 導彦、以下「FPデザイン」)と業務提携し、2022年6月28日より、歯科クリニック向けの財務コンサルティングや歯科医師個人の資産設計サービスの提供を開始いたします。
当社は、この提携により歯科業界の経営者(歯科医師)に依存する「家業」から「事業」への移行を、幅広く支援することで、歯科業界の課題解決を実現してまいります。当社とFPデザイン双方のノウハウを交換し、より効果的・効率的に歯科医院(歯科医師)へサービス提供し、開業、運営から引退後までワンストップで歯科医院の経営支援及び歯科医師個人のライフプランニングサポートを可能にすることで、当社が目指す歯科医療のプラットフォームビジネスの構築を進めてまいります。
報道関係者各位
プレスリリース



2022年6月28日
株式会社メディカルネット
代表取締役会長CEO 平川 大
(証券コード:3645 東証グロース)
 
歯科医院運営・経営や歯科医師の個人資産設計をサポート
接骨院向け財務コンサルティング、保険・金融サービスを提供するFPデザインと提携開始


 歯科医療領域でプラットフォームビジネスを展開する株式会社メディカルネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:平川 大 以下、「当社」)は、接骨院向け運営・経営支援サービスを提供する東証グロース上場の株式会社リグア(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:川瀨 紀彦、証券コード:7090)のグループ会社である株式会社FPデザイン(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長:石本 導彦、以下「FPデザイン」)と業務提携し、2022年6月28日より、歯科クリニック向けの財務コンサルティングや歯科医師個人の資産設計サービスの提供を開始いたします。
 当社は、この提携により歯科業界の経営者(歯科医師)に依存する「家業」から「事業」への移行を、幅広く支援することで、歯科業界の課題解決を実現してまいります。当社とFPデザイン双方のノウハウを交換し、より効果的・効率的に歯科医院(歯科医師)へサービス提供し、開業、運営から引退後までワンストップで歯科医院の経営支援及び歯科医師個人のライフプランニングサポートを可能にすることで、当社が目指す歯科医療のプラットフォームビジネスの構築を進めてまいります。

歯科医療業界を取り巻く現状と当社のミッション
 内閣府の「経済財政運営と改革の基本方針2017」の医療項目において、「疾病予防と重症化予防を推進し、重症化予防などに向けた保険事業との連携の観点から診療報酬を検討する。口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科検診の充実、入院患者や要介護者に対する口腔内機能管理の推進など歯科保健医療の充実に取り組む。」と発表されました。また、疾病予防・重症化予防の中で、歯科検診の役割が言及され、2019年においてはさらに踏み込んだ内容が盛り込まれました。
 加えて政府が2022年6月上旬にまとめる経済財政運営の指針「骨太の方針」に、全国民に毎年の歯科健診を義務付ける「国民皆歯科健診」の導入に向け、検討を始める方針を明記されることが表明されるなど、歯の健康を維持して他の病気の誘発も抑え、医療費全体を抑制する動きが進んでいます。

 歯科業界では歯科医療の「虫歯治療中心から、予防歯科・歯から予防医療」への変化が起きると予想され、近い将来に、その変化が本格化することで、健康寿命増進につながると考えられます。

 日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。
 65歳以上の人口は、現在3,000万人を超えており(国民の約4人に1人)、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。
 このような状況の中、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。
 このため、厚生労働省においては、2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています(厚生労働省「地域包括ケアシステム」)。

 超高齢社会に突入し、虫歯治療や口腔ケアが全身の健康に大きく寄与することが証明されはじめ、病院だけではなく地域包括ケアシステムにおけるキーステーションとして歯科医療機関が注目されています。そのような中で当社は、歯科医師が歯科医療に専念できる環境を創り、歯科医師がより最善な治療を生活者に提供することで、当社のミッションである「インターネットを活用し 健康と生活の質を向上させることにより 笑顔を増やします。」の実現を目指してまいります。

 当社グループの医療機関経営支援事業において2022年1月末現在で約3,500の歯科医院と取引しており、経営支援サービスにおいては「歯科医師が歯科医療に専念できる環境を創る」という目的のもと、歯科医院の開業支援から歯科医院経営に関わる経営戦略策定・経理業務支援・採用支援・マニュアル作成・動画制作サービスなど、歯科医療機関の経営・運営に必要なバックオフィス業務までサポートしております。

 提携の背景
 FPデザインは、グループミッションである「健康寿命を延ばし、生きることを楽しむ社会」を実現するため接骨院ソリューション事業と金融サービス事業の二つのビジネスモデルを構築しており、特に接骨院ソリューション事業のメインとなる経営支援においては、接骨院の各成長ステージで変化する悩みに対応する幅広いメニューを揃えていることから接骨院の成長を長期的に支援することに成功しています。
 経営者である院長に経営の多くが依存している歯科医療業界と接骨院業界の経営体制が類似していることに着目し、 FPデザインの強みである接骨院の経営支援実績から蓄積されたノウハウやプログラムとメディカルネットの歯科業界でのブランド力、20年超に渡り積み上げてきた歯科医院との強固なつながりとの融合によりシナジー効果を創出し、競合優位性を持つことで、開業から経営支援、事業承継までの一気通貫サービスを構築し、歯科業界の課題解決を実現してまいります。
 
提携内容
 双方の経営支援サービスの知見やアセット、業界における知名度を活かして歯科医院向け経営支援サービス・教育プログラム、歯科医院経営者個人の資産形成のための金融サービスの提供する予定であります。
『家業を中心の歯科業界を事業へと導き、歯科業界における課題解決型コンサルティングを行う』ことを目的として、歯科医院向け経営支援サービスメニューの拡充と歯科医院経営者向けの支援を推進することで、引き続き歯科医師が歯科医療に専念できる環境を創ってまいります。

 なお、本件による2023年5月期の業績への影響は軽微であります。

【株式会社メディカルネットについて】
 「インターネットを活用し 健康と生活の質を向上させることにより 笑顔を増やします。」をミッションに掲げ、インターネットを活用した医療・生活関連情報サービスを提供。特に歯科医療分野においては、生活者への歯科医療情報サービスの提供、歯科医療従事者への情報サービスの提供、歯科医療機関の経営支援、歯科関連企業のマーケティング支援など歯科医療の総合ビジネス(プラットフォームビジネス)を展開。

<会社概要>
◇本社所在地 :〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷 1-34-14 宝ビル 3階
◇代表者 :代表取締役会長 CEO 平川 大
◇URL:https://www.medical-net.com

【株式会社FPデザインについて】
FPデザインは、収支計画や事業計画の策定相談、資金繰り、融資相談などの財務コンサルティングをはじめ、生命保険事業・損害保険事業など経営者個人の資産設計をサポートする金融商品を提供することで、総合金融コンサルティングサービスを展開しております。

<会社概要>
◇本社所在地 :〒541-0047 大阪市中央区淡路町2-6-6 淡路町パークビル2号館
◇代表者 :代表取締役会長 石本 導彦
◇URL:https://fp-design.jp
 
■報道関係者お問合せ先
株式会社メディカルネット
担当:メディカルプラットフォーム事業部 ドクターサポートグループ 石井
TEL:03-5790-5263
メール:d-support@medical-net.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディカルネット >
  3. 歯科医院運営・経営や歯科医師の個人資産設計をサポート 接骨院向け財務コンサルティング、保険・金融サービスを提供するFPデザインと提携開始