ワンダーラボが監修する”賢くなるパズルゲーム”シリーズ「ロジカルニュートン」が発売。パズルゲームのパイオニア、株式会社ハナヤマが制作。

子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボ株式会社(旧:花まるラボ)(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶 以下、ワンダーラボ)は、パズルゲームのトップメーカーとして世界的に知られる株式会社ハナヤマの新作パズルゲーム「ロジカルニュートン」シリーズを監修いたしましたので、お知らせ致します。



「ロジカルニュートン」は、この4月から始まる小学校でのプログラミング教育必修化にあわせてスタートする新しいパズルシリーズで、「ロジカルニュートン ニュートンのリンゴ」、「ロジカルニュートン コロンブスのひらめきタマゴ」、「ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図」の第1弾3商品をラインナップ。
ワンダーラボは、この3商品の監修を担当させていただきました。
 












▼ 遊び方
『ロジカルニュートン』は、パズルで楽しみながら、自然に、論理的思考やひらめき力を身につける、賢くなるパズルゲームシリーズです。


「ロジカルニュートン ニュートンのリンゴ」は、カタカタと音を立ててリンゴが落ちていく様が面白いパズルゲームです。リンゴが落ちていくパネルの種類は12種類、パネルの特徴を把握し、赤リンゴと青リンゴを正しく振り分けます。問題集は80問入り。ひとりでも、家族一緒にでも楽しめます。

 

「ロジカルニュートン コロンブスのひらめきタマゴ」は、縦列と横列の数と色をヒントに、合計16個のタマゴ型パズルピースを正しい位置に配置するパズルゲームです。問題は40問入り。

 

「ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図」は、スタートからゴールまで、コンパス型のパズルピースをうまく配置するパズルゲームです。


株式会社ハナヤマは、1933年の創業以来、日本における立体パズルのパイオニアとして、現在に至るまで学校の授業でも取り上げられている数多くの立体パズルを、世界50カ国以上で発売してきました。『ロジカルニュートン』シリーズは、4月からの小学校でのプログラミング教育必修化のタイミングにあわせて、“お子様が楽しみながら自然に学べる、賢くなるパズルゲーム”をコンセプトに開発されています。

 

▼ 推薦:花まる学習会 代表 高濱 正伸氏
日々変化していくこれからの社会では、問題・課題を解決する「意欲」と「考える力」が求められます。「ロジカルニュートン」シリーズでは、「考える」遊びを通じて、楽しく自然に論理的な思考力や観察力、分析力や想像力などを駆使する体験ができます。この知的にワクワクする体験によって、意欲と思考センスが育まれます。

▼ プロモーションムービー
https://youtu.be/ak4UhxO9qG4

▼ 商品詳細
商品名  :「ロジカルニュートン ニュートンのリンゴ」
価格   :2,980円(税別)
セット内容:ウィンドウ、ボード、トレイ各1個、パネル12枚、コイン20枚、シール、取扱説明書、問題集
発売日  :2020年4月4日

商品名  :「ロジカルニュートン コロンブスのひらめきタマゴ」
価格   :1,980円(税別)
セット内容:ケース、ゲーム盤、パズルピース4色各4個、問題カード20枚、取扱説明書、解答集
発売日  :2020年4月4日

商品名  :「ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図」
価格   :1,980円(税別)
セット内容:ケース、ゲーム盤、パズルピース合計16個、問題カード20枚、取扱説明書、解答集
発売日  :2020年4月4日


▼ 株式会社ハナヤマ 会社概要
社名    : 株式会社ハナヤマ
代表者名  : 代表取締役 小林 邦広(コバヤシ クニヒロ)
本社所在地 : 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-25 秋葉原鴻池ビル6F
ホームページ: https://www.hanayamatoys.co.jp/

▼ ワンダーラボ 会社概要
ワンダーラボは、2014年創業の教育テック(EdTech)分野のスタートアップです。子どもたちが本来持っている「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しており、国際的な算数大会の問題などを多数製作・監修している、思考力教材製作のパイオニアです。

 2017年にリリースした思考力育成アプリ「シンクシンク」は、日本e-Learning大賞 Edtech特別賞受賞、海外でGoogle Play Awards 2017/2019 TOP5選出(*2)など、国内外で高い評価を得ています。

同アプリは抽象思考の基礎となる思考センスを育てる問題を多数収録し、世界中に配信。また、三重県と「教育振興のための包括協定」を締結し、2018年度より、同県全土への教材提供やアドバイスを行っている(*3)他、カンボジアではJICA・政府との協働案件として同国への思考力教育の導入を推進するなど(*4)、国内外で官学と連携した取り組みを行っています。

 2018年11月には、世界最大の教育ベンチャーのコンペ「Global EdTech Startup Awards (GESA)」の日本予選にて最優秀賞を受賞(*5)。また、SXSW EDUなど、世界的な教育フォーラムに日本代表として出展、登壇などを行なってきた実績があります。

 2020年2月、社名を花まるラボからワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」を発表しました(*6)。

(*1) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000012970.html
(*2) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000012970.html
(*3) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000012970.html
(*4) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000012970.html
(*5) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000012970.html
(*6)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000012970.html

 ▼参考情報
ワンダーラボ株式会社
http://wonderlabedu.com

BS朝日「アタラシイヒト~Fresh Faces」弊社代表川島出演(番組公式)

https://www.youtube.com/watch?v=w6hoGCaBZds

東洋経済ONLINE「グーグルが認めた「花まる学習会」アプリの力」

http://toyokeizai.net/articles/-/180756

 EdTechZine「子どもの学習意欲を引き出す思考センス育成教材「Think!Think!」~開発者・川島慶さんが語る「意欲格差と教材の可能性」
https://edtechzine.jp/article/detail/891

Hugkum「知りたい!Googleが認めた話題の知育アプリ「シンクシンク(Think!Think!)」で育まれる知的ワクワクとは?」
https://hugkum.sho.jp/45876

▼お問い合わせ・ご質問・取材のお申し込み
ワンダーラボ株式会社 マーケティング部 徳丸・池田
Tel: 03-3868-0892
Mail: marketing@wonderlabedu.com
 

  1. プレスリリース >
  2. ワンダーラボ株式会社 >
  3. ワンダーラボが監修する”賢くなるパズルゲーム”シリーズ「ロジカルニュートン」が発売。パズルゲームのパイオニア、株式会社ハナヤマが制作。