遊びの、その先へ。ソニーのMESHにモーター等をセットにした「MESHひらめきラボセット」が、スイッチサイエンスから発売。

仕組みが動く。ひらめきが動きに。

ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた「MESH (http://meshprj.com/) 」は、プログラミングでアイデアを形にすることができるツールです。ものづくりやプログラミングをこれから学ばれる方や、IoTのアイデアを手軽に試したい方など、幅広くご活用いただけます。インタラクティブに動く工作や、日常の課題を解決する仕組みなどを、専門的な知識がなくてもつくることができます。
この度、MESHにモーターやケーブルなどの電子工作部品を加えたセット、「MESHひらめきラボセット」が、スイッチサイエンス(https://www.switch-science.com/)より発売されます。
なお、昨年末に数量限定で販売した、MESHと電子工作部品をセットにした商品は、好評につき予定数量を完売しております。

MESHひらめきラボセット商品画像 (※iPadは付属しません。iOS・Android用のMESHアプリはそれぞれのアプリ配信サイトからダウンロード可能です。)MESHひらめきラボセット商品画像 (※iPadは付属しません。iOS・Android用のMESHアプリはそれぞれのアプリ配信サイトからダウンロード可能です。)

 

MESHは、無線でつながるセンサーなどのブロックを、専用アプリ内でつないでいくだけで、センサーやインターネットを活用した仕組みをつくれる、ユニークなプラットフォームです。難しい電子工作やプログラミングの知識がなくても仕組みをつくりはじめることができ、直感的に試行錯誤を繰り返すことが可能です。そのため、「つくる(Make)、体験する(Experience)、分かち合う(Share)」という、ものづくりを通じて楽しみながら学んでいくサイクルを、子どもから大人まで幅広い年齢層の方に体験いただける商品です。プログラミングやSTEM教育、人材育成などのアクティブラーニングの場でもご活用いただけます。

今回の「MESHひらめきラボセット」では、MESHに加えて、MESHとつなぐことができるモーターやケーブルなどと、ガイドコンテンツをセットにしました。ガイドコンテンツを通じて、MESHを使ってプログラミングを行う方法や、モーターなどを動かす仕組みなどを理解しながら進めていくことができます。


今回のセットで作れるモノの例自分が動くと、ドローイング・ロボットも動き出して絵を描く。センサーとモーターがプログラミングで連動。自分が動くと、ドローイング・ロボットも動き出して絵を描く。センサーとモーターがプログラミングで連動。


ダウンロード提供されるガイドブックとデザインパターンカード

ガイドブックとデザインパターンカードがダウンロード可能です。ガイドブックとデザインパターンカードがダウンロード可能です。


さらにステップアップ
MESHを使った作品「MESHレシピ」がWebサイトで公開されています。工作の車にリモートコントロールを追加した作品や、植物への自動水やり機など、工作から日常的に使えるものまで幅広い種類のレシピが200作品以上公開されています。

 

工作から日常的に使えるものまで幅広い種類のレシピを公式サイトで公開中工作から日常的に使えるものまで幅広い種類のレシピを公式サイトで公開中


商品の詳細と購入について
スイッチサイエンスのウェブサイトから購入いただけます。
https://www.switch-science.com/catalog/3660/
 
商品に関するお問い合わせ
スイッチサイエンス お問い合わせ
https://www.switch-science.com/customer/inquiry/

MESHに関するお問い合わせ
MESHプロジェクト お問い合わせ
https://support.meshprj.com/hc/ja/articles/115000795827

MESH公式サイト
http://meshprj.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー株式会社 >
  3. 遊びの、その先へ。ソニーのMESHにモーター等をセットにした「MESHひらめきラボセット」が、スイッチサイエンスから発売。