アジレント、100 種以上の PFAS 化合物の測定用に最適化された検証済みメソッドを発表

飲料水と地表水中の規制対象 PFAS 化合物と新しい PFAS 化合物の両方に対応するソリューション

PRCA21-10
PRCA21018

アジレント・テクノロジー株式会社(社長:松崎 寿文、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、LC/TQ による水中 PFAS 分析用 eMethodを提供することを発表します。この最適化された検証済みのメソッドは、液体クロマトグラフィーおよび質量分析を用いて、飲料水と地表水中のペルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物(PFAS)を測定します。

PFAS は「永遠に残る化学物質」として知られる人工化学物質のグループで、PFOA や PFOS、GenX をはじめとした多くの種類がそのグループに属しています。PFAS は 1940 年代から製造され、世界各国の様々な業界で使用されてきました。PFAS 化合物による環境汚染は、依然として非常に注目度の高い環境問題となっています。

アジレントの地球環境および食品応用市場担当ディレクターで博士号を有する Tarun Anumol は次のように語っています。
「世界中の規制機関がガイダンスの導入や変更を継続的に行っております。それを受けて、当社の環境分野のお客様もこの分析を自社のポートフォリオに追加したり、既存の分析を更新したりする必要に迫られています。このソリューションは、従来の PFAS と新しい PFAS の分析のために、サンプル前処理、分析、レポート作成の完全に確立されたワークフローを提供します。」

アジレントの PFAS 飲料水および地表水ソリューションをご利用いただくことで、実際のサンプルを数時間のうちに分析ができるようになります。これまでは、徹底的な調査、最適化、メソッド開発に何週間もかかることが多くありましたが、その必要がなくなります。このソリューションには、最適化された分析プロトコル(サンプル前処理プロトコル、段階的なワークフローガイド、すぐに実行可能な取り込みメソッドと定量メソッド)のほか、包括的な分析プロトコルを導入するために必要な消耗品、部品、ラボ機器の詳細な一覧が含まれています。

Anumol はまた、次のように述べています。
「このメソッドには 100 種を超える PFAS 化合物が含まれており、現在の重要な規制すべてに対応しています。お客様は規制が更新されても対応し続けることができるほか、一部の新しい PFAS についてもご使用の PFAS 分析を長期にわたり継続的に利用できます。」

アジレント・テクノロジーについて
 アジレント・テクノロジー (NYSE:A)は、ライフサイエンス、診断、応用化学市場におけるグローバルリーダーで、生活の質を向上させるインサイトやイノベーションを提供しています。当社の機器、ソフトウェア、サービス、ソリューション、人材は、お客様が抱えるきわめて困難な課題に信頼できる答えをお届けします。2020 年度の売上高は 53 億4000万米ドルでした。従業員は全世界で 16,400 人となります。アジレント・テクノロジーの情報は、http://www.agilent.com でご覧ください。アジレントの最新の情報を得るには、Newsroomを購読してください(英語)。Linked In、Twitter 、Facebook でアジレントをフォローしてください(英語)。

※このプレスリリース中の「アジレント・テクノロジー」、「アジレント」、「当社」は、文脈により、「アジレント・テクノロジーズ・インク」、その日本法人や各国の法人、グループ全体を指すことがあります。

お客様からのお問い合わせ先
カストマコンタクトセンタ
電話:0120-477-111
電子メール:email_japan@agilent.com

DE44448.6712731481

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アジレント・テクノロジー株式会社 >
  3. アジレント、100 種以上の PFAS 化合物の測定用に最適化された検証済みメソッドを発表