業界初、環境汚染賠償責任保険に「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を新設

~洪水・高潮による環境汚染に起因する第三者の身体障害や財物損壊と汚染浄化費用を補償~

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、『環境汚染賠償責任保険』において、洪水や高潮による被害を受けた施設から生じた環境汚染を起因とする第三者の身体障害や財物損壊や汚染浄化費用を補償する「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を業界に先駆けて7月1日から発売します。
『環境汚染賠償責任保険』では、これまで、各企業の施設から生じた水質汚濁や土壌汚染などの環境汚染に起因する第三者の損害や汚染浄化費用等を補償してまいりました。しかし、洪水や高潮による被害を受けた施設から生じた環境汚染は、補償対象外となっていました。その一方で、昨今、台風や大雨などが頻発し、洪水や高潮によって施設から汚染物質などが流出するリスクが高まっています。そのようなリスクによる第三者の身体障害や財物損壊や、汚染浄化費用等についての補償に対するニーズの高まりを受け、今回、「洪水・高潮による環境汚染補償特約」(*1)を新設いたしました。

--------------------------------------------------------------------------------------
【特約の概要】
--------------------------------------------------------------------------------------
・   洪水や高潮による被害を受けた、工場などの施設から生じた環境汚染に起因する第三者の身体障害や財物損壊について、被保険者が損害賠償責任を負う場合に、保険金をお支払いします。また、被保険者が負担した汚染浄化費用に対しても保険金をお支払します。

・   損害賠償金、汚染浄化費用(*2)などの各種費用(*3)を合算し1事故あたり/保険期間中2,500万円までお支払いします(*4)。
(1事故あたり免責金額(自己負担額)は250万円となります。)


--------------------------------------------------------------------------------------

AIG損保は、1992年に環境汚染賠償責任保険を日本で初めて発売しました。当保険のパイオニアとして、今後も、お客さまの目線に立ったシンプルで分かりやすい商品・サービスを提供するという事業戦略コンセプト「ACTIVE CARE」に基づき、お客さまが直面する問題の解決を支援できるような商品・サービスを提供してまいります。


*1 2020年7月1日から環境汚染賠償責任保険に付帯可能となります。保険適用地域:日本
*2 行政からの命令の有無を問いません。
*3 争訟費用、損害拡大防止軽減費用、求償権保全費用
*4 本特約の保険金は、保険証券総保険金額の内枠払いとなります。



<AIGについて>

AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。創業以来の100年の経験に基づき、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨーク証券取引所に上場しています。

日本では、AIG損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIGパートナーズ株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AIG損害保険株式会社 >
  3. 業界初、環境汚染賠償責任保険に「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を新設