メガソーラー「LS広島三原発電所」竣工式に関するお知らせ

~再生可能エネルギーを活用した発電事業~

株式会社タカラレーベン(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:島田和一)は、2019年5月15日、広島県三原市久井町山中野で建設を行っておりましたLS広島三原発電所(以下、本発電所)の竣工式を行いましたのでお知らせ致します。
本発電所は、防災施設として3箇所の防災調整池を備えており、平成30年7月の西日本豪雨の際は地域の水害抑止にも寄与するなど、高い防災性を持つメガソーラー発電所となっております。

当社は平成25年にメガソーラー発電事業に参入して以来、自然エネルギーを活用した事業を積極的に推進してまいりました。本発電所の竣工により、当社が開発しましたメガソーラー発電施設は42施設となります。
今後も太陽光発電に限らず再生可能エネルギーへの投資を積極的に行ってまいります。
 
  • LS広島三原発電所の概要
所在地:広島県三原市久井町山中野字今田山327-1、他
面積:約152,066㎡
発電容量:太陽電池出力11,216.7kW(太陽電池モジュール275W/枚×40,788枚)
想定年間発電量:約1,173.4万kWh

 

  • 会社概要
商号: 株式会社タカラレーベン
代表者: 代表取締役 島田 和一
所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング16F
設立: 1972年9月
事業内容: 自社マンションブランド「レーベン」並びに都市型コンパクトマンション「ネベル」シリーズの開発・企画・販売、発電事業 他
資本金: 4,819百万円
URL: https://www.leben.co.jp/





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タカラレーベン >
  3. メガソーラー「LS広島三原発電所」竣工式に関するお知らせ