「アスリートイメージ評価調査」2020年総括特別編 ~「今年活躍した」アスリートは羽生結弦、大谷翔平、錦織圭が男性TOP3に、女性では大坂なおみ、渋野日向子、池江璃花子がTOP3にランクイン~

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:矢嶋弘毅 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:岩佐克俊)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2020年総括特別編を行いました。
■ 調査結果 ■
「今年活躍した」アスリートは、男性で1位:羽生結弦(敬称略、以下同)、2位:大谷翔平、3位:錦織圭、4位:ダルビッシュ有、5位:八村塁となりました。女性では、1位:大坂なおみ、2位:渋野日向子、3位:池江璃花子、4位:伊藤美誠、5位:本田真凜となりました(以下別紙で記載)。
また、「来年活躍が期待できる」アスリートは、男性で1位:羽生結弦、2位:大谷翔平、3位:久保建英/桃田賢斗、5位:張本智和となりました。女性は1位:大坂なおみ、2位:伊藤美誠、3位:池江璃花子、4位:渋野日向子、5位:本田真凜の順となりました。2020年は新型コロナウイルスの流行に伴ってスポーツも競技の開催を制限していた時期が長く、新たなアスリートへの注目が集まりにくい環境でした。そんな中、今回の調査では、長く安定した活躍を見せているアスリートが上位に名を連ねる結果となりました。

「アスリートイメージ評価調査」はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、調査対象としたアスリートの認知、好意度のほか、独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査です。博報堂DYメディアパートナーズでは、今後も定期的に「アスリートイメージ評価調査」を実施し、アスリートのイメージ評価の分析を行ってまいります。

★本調査回において、イメージ以外の調査項目
■ 今年活躍した男性アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:大谷翔平(野球)
3位:錦織圭(テニス)
4位:ダルビッシュ有(野球)
5位:八村塁(バスケットボール)

■ 今年活躍した女性アスリート
1位:大坂なおみ(テニス)
2位:渋野日向子(ゴルフ)
3位:池江璃花子(水泳)
4位:伊藤美誠(卓球)
5位:本田真凜(フィギュアスケート)

■ 来年活躍が期待できる男性アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:大谷翔平(野球)
3位:久保建英(サッカー)
3位:桃田賢斗(バドミントン)
5位:張本智和(卓球)

■ 来年活躍が期待できる女性アスリート
1位:大坂なおみ(テニス)
2位:伊藤美誠(卓球)
3位:池江璃花子(水泳)
4位:渋野日向子(ゴルフ)
5位:本田真凜(フィギュアスケート)

★定期的なイメージ調査項目
■ アスリートイメージ総合ランキング
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:大谷翔平(野球)
3位:大坂なおみ(テニス)
4位:田村優(ラグビー)
5位:井上尚弥(ボクシング)
6位:内村航平(体操)
7位:八村塁(バスケットボール)
8位:紀平梨花(フィギュアスケート)
9位:錦織圭(テニス)
10位:久保建英(サッカー)

■ アスリートイメージ評価 各種ランキング
・「誠実な」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:田村優(ラグビー)
3位:大谷翔平(野球)
4位:稲垣啓太(ラグビー)
5位:正代(相撲)

・「爽やかな」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:大谷翔平(野球)
3位:内田篤人(サッカー)
4位:奥原希望(バドミントン)
5位:石川佳純(卓球)

・「かっこいい」アスリート
1位:内田篤人(サッカー)
2位:大谷翔平(野球)
3位:井上尚弥(ボクシング)
4位:ダルビッシュ有(野球)
5位:八村塁(バスケットボール)

・「パワフルな」アスリート
1位:稲垣啓太(ラグビー)
2位:井上尚弥(ボクシング)
2位:正代(相撲)
4位:八村塁(バスケットボール)
5位:貴景勝(相撲)

・「リーダーシップがある」アスリート
1位:内村航平(体操)
2位:中村憲剛(サッカー)
3位:坂本勇人(野球)
4位:田村優(ラグビー)
5位:富樫勇樹(バスケットボール)

・「人を惹きつける魅力がある」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:大谷翔平(野球)
3位:渋野日向子(ゴルフ)
4位:大坂なおみ(テニス)
5位:ダルビッシュ有(野球)

・「国際性がある」アスリート
1位:大坂なおみ(テニス)
2位:ダルビッシュ有(野球)
3位:羽生結弦(フィギュアスケート)
3位:久保建英(サッカー)
5位:八村塁(バスケットボール)

・「勢いを感じる」アスリート
1位:井上尚弥(ボクシング)
2位:久保建英(サッカー)
3位:大坂なおみ(テニス)
3位:八村塁(バスケットボール)
5位:桃田賢斗(バドミントン)

■ 調査概要 ■
・調査方法:Web調査
・調査地区:首都圏+京阪神圏
(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
・調査対象者:対象エリアに在住の15~69歳の男女
・有効回収サンプル数:600サンプル
・調査期間:2020年11月25日~12月1日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ >
  3. 「アスリートイメージ評価調査」2020年総括特別編 ~「今年活躍した」アスリートは羽生結弦、大谷翔平、錦織圭が男性TOP3に、女性では大坂なおみ、渋野日向子、池江璃花子がTOP3にランクイン~