紙コップから野菜へ!三菱ケミカル㈱、ギラヴァンツ北九州と連携し、生分解性樹脂BioPBS™を活用した紙コップとスポーツの力で循環型システム実現に挑戦

東洋アルミエコープロダクツ株式会社(本社:大阪市西区、社長:山口正起、以下「当社」)は三菱ケミカル株式会社の生分解性樹脂BioPB™を内面に使用した紙コップを製作いたしました。

 

東洋アルミエコープロダクツ株式会社は三菱ケミカル株式会社及び日本マタイ株式会社、株式会社東和プロセス、その他参画メーカー、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州と連携し、生分解性樹脂BioPBS™を内面に使用した当社紙コップを起点とするコンポストによる循環型システム実現に向けた実証試験を行うことをお知らせいたします。

今般の実証試験は三菱ケミカル株式会社の旗振りの下、ギラヴァンツ北九州が今年8月22日、28日に開催するサッカーイベント「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」(※1) に、生分解性樹脂BioPBS™を内面に使用した当社製作(中国子会社の蘇州東洋アルミエコー日用品製造有限公司製作)の紙コップ6,500個を提供し、そこで使用された紙コップを回収し、コンポスト設備で食品残渣物などと一緒に堆肥化します。出来上がった堆肥の一部は地元高校で野菜の栽培に活用し、さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するという、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験を行います。

※1 新型コロナウイルス感染症状況により、開催内容が変更される可能性があります。

 

当社は、生活シーンのあらゆる分野で徹底した生活者指向のもと、もっと便利に、もっとおしゃれに、もっとおいしく、もっと健康に、もっと快適に、もっと環境にやさしくありたいという願いを解決しより豊かなアメニティーライフを演出する事で社会に貢献してまいります。 

※本件における参画企業・団体様(順不同)
三菱ケミカル株式会社、株式会社ギラヴァンツ北九州、日本マタイ株式会社、株式会社東和プロセス、株式会社電通グループ、株式会社電通、株式会社サンマーク、福岡県立行橋高等学校、行橋市役所、サッポロビール株式会社、NTTビジネスソリューションズ株式会社、株式会社ウエルクリエイト、株式会社日本HP、一般財団法人グリーンスポーツアライアンス

【ご参考】
BioPBS™は、三菱ケミカル株式会社が開発、植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材です。また、他の生分解性樹脂に比べ、低温ヒートシール性・耐熱性・柔軟性などで優れた性能を有しています。
通常、紙コップの内側には耐水性のためにポリエチレン(非生分解性樹脂)でラミネート加工が施されています。そのラミネート材料にBioPBS™を用いることで、紙コップ全体がコンポスト設備や土壌で分解可能になります。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東洋アルミエコープロダクツ株式会社 >
  3. 紙コップから野菜へ!三菱ケミカル㈱、ギラヴァンツ北九州と連携し、生分解性樹脂BioPBS™を活用した紙コップとスポーツの力で循環型システム実現に挑戦