JSPOがスポーツ界の新たなオウンドメディア「JSPO Plus」を開設!

スポーツを「する」「ささえる」「みる・表現する」ための環境づくりを行うJSPO(正式名称:公益財団法人日本スポーツ協会 東京都新宿区/会長 伊藤雅俊)は、みなさまにこれまで以上にスポーツに興味を持っていただき、より親しみを感じていただけるよう、またスポーツの新たな一面を知っていただけるよう、新たなオウンドメディア「JSPO Plus」を2019年9月4日(水)に開設しました。


オリンピックイヤーを来年に控え、近年一層の盛り上がりを見せるスポーツ界では、来る9月に開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会を皮切りに、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、ワールドマスターズゲームズ2021関西などの「ゴールデンスポーツイヤーズ」に突入し、これまで以上に、日本中でスポーツへの期待や興味・関心が高まっています。

私どもJSPOは、“スポーツが日々の生活に+αの幸せをもたらす”ことを、みなさまに感じていただきたいとの強い思いのもと、今までなかなか得られなかった、痒いところにも手が届く“もう一歩踏み込んだスポーツ情報”を発信できるコンテンツを目指し、「JSPO Plus」を開設しました。

スポーツがより身近な存在として愛されるよう、「JSPO Plus」では、スポーツ界の旬な出来事の紹介、アスリートへのインタビュー、様々な需要を満たすスポーツのコラムなどを掲載し、身近にスポーツが感じられ、誰もが気軽にスポーツを楽しめるコンテンツとして、独自の切り口でその魅力を伝えていきます。ぜひ!ご期待ください!!!
JSPO Plus URL:https://media.japan-sports.or.jp/


◆JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)について
JSPOは、1911年7月に「国民スポーツの振興」と「国際競技力の向上」を目的に、大日本体育協会として創立。日本体育協会を経て、2018年4月1日、現在の名称となりました。
JSPOでは、国民体育大会や日本スポーツマスターズなど各世代を網羅したスポーツ大会の開催、スポーツ少年団や総合型地域スポーツクラブなどスポーツをする場の創出、スポーツの楽しみをサポートするスポーツ指導者の育成、最新の医・科学に根差したスポーツの推進など、誰もが自発的にスポーツを「する」「ささえる」「みる・表現する」ための幅広い事業を展開しています。また、わが国スポーツの統一組織として、国や60を超える競技団体、47都道府県スポーツ・体育協会など、様々なスポーツ関連団体・組織や個人と連携しています。
2019年の大河ドラマ「いだてん」で、主人公を導く重要な役回りとして登場する嘉納治五郎はJSPOの初代会長であり、JSPOは「いだてん」の舞台でもあります。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本スポーツ協会 >
  3. JSPOがスポーツ界の新たなオウンドメディア「JSPO Plus」を開設!