音楽活動50周年を迎えた細野晴臣史決定版『細野晴臣と彼らの時代』を12月17日に刊行

 株式会社文藝春秋(本社:千代田区紀尾井町 社長:中部嘉人)は、12月17日に『細野晴臣と彼らの時代』(門間雄介・著)を刊行いたします。

「はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」「YMO」で彼は何を生み出したのか――

 2019年、細野晴臣さんが1969年に「エイプリル・フール」のベーシストとしてレコードデビューしてから50年を迎えました。デビュー以降、「はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」「イエロー・マジック・オーケストラ」など日本の音楽史に輝く数々のバンドに携わり、ソロでも多くの作品を発表しながら、アーティストへの楽曲提供、プロデュースなど幅広く活動されています。その影響は世代を超えて、広まり続けています。

 いままでも数多くのインタビューや対談を含む著作を出されている細野さんですが、その長い音楽活動を俯瞰できるような本はこれまでありませんでした。細野さん本人へのロングインタビューに加え、松本隆さん、鈴木茂さん、坂本龍一さん、高橋幸宏さん、林立夫さん、松任谷正隆さん、矢野顕子さん、コシミハルさん、星野源さんなど、まわりの方々の証言を元に、50周年を迎えた細野さんの、生い立ちから音楽活動のすべてを網羅する、決定版というべき本が刊行されます。

【細野晴臣さんからのコメント】
「もうこれ以上、話すことはないです。」

【目次より】
プロローグ/1 細野の家/2 一本の電話/3 一九六八年十二月三十一日/4 エイプリル・フール/5 はっぴいえんど前夜/6 ゆでめん/7 風街ろまん/ 8 HAPPY END/ 9 HOSONO HOUSE/10 キャラメル・ママ〜ティン・パン・アレー/11 ダメージ/12 楽園へ/13 エキゾチック・サウンド/14 葛藤/15 イエロー・マジック・オーケストラ/16 世界進出/17 YMOブーム/18 確執/19 一九八一年のはっぴいえんど、YMO散開/20 観光音楽/21 アンビエントの海から/22 再会/23 再結成/24 ハイドパークの奇跡/25 音楽はつながる/エピローグ

【著者略歴】
(もんま・ゆうすけ)
1974年、埼玉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ぴあ、ロッキング・オンで雑誌などの編集を手がけ、『CUT』副編集長を経て2007年に独立。その後、フリーランスとして雑誌・書籍の執筆や編集に携わる。主なものは伊坂幸太郎×山下敦弘『実験4号』、二階堂ふみ『アダルト』、星野源『ふたりきりで話そう』、『細野観光 1969-2019』など。本書が初の単著となる。

【書誌情報】
『細野晴臣と彼らの時代』(門間雄介・著)
12月17日発売
文藝春秋刊
512ページ
定価 2200円(+税)
ISBN: 978-4-16-391207-3
<商品情報詳細>
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163912073
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文藝春秋 >
  3. 音楽活動50周年を迎えた細野晴臣史決定版『細野晴臣と彼らの時代』を12月17日に刊行