最愛の妻をホスピスで看取るまでの記録『看取り ~生ききった証として~』がアマゾンにて限定発売。

パレードブックスは、2020年5月28日(木)に『看取り ~生ききった証として~』(著者:河原崎賢三)をアマゾンにて限定発売しました。

子宮頸がんのステージ4Bと診断され、がん治療を行ってきた妻。
さまざまな努力は実らず、万策尽きたため、ホスピスに入院することに。
仕事を抱えながら妻に精一杯寄り添った記録――。

「生きた・頑張った証をなにか形で残したい」
「最後まで生きようとした姿をなにか残したい」
「凛とした妻をしっかり伝えたい」
そんな思いから著された1冊です。
 


------------
毎日選択をしなければならない状況がとても厳しいこと。
様々な後悔が、空に浮ぶ雲のように心に浮かび、現れてくること。
その瞬間々々を大切に感じ取れることができたらもっともっと良かったと思うこと。
自分の疲れなどは、愛する人の苦痛や悩みに比べたら、とても小さなものだと後から気づかされたこと。
同じ状況の方々や、同じ状況になるのではと不安な方々の一助になれば幸いです。
後悔を少なくする唯一の方法は、愛する人から発せられる微かなシグナルを漏らさずキャッチすること。
人としてどう扱われるのが、人らしいのか。
ホスピス生活の中で色々と感じたこと。
そういったことを書きたいと思います。

「はじめに」より
------------

愛する伴侶をどのように看取ればいいのか――。
迷いながら精いっぱい寄り添った87日間。
これから介護を必要とする方、介護中の方、介護を終えた方、たくさんの方に読んでいただきたい1冊です。
 
  • 書籍情報
書籍:看取り ~生ききった証として~
著者:河原崎賢三
出版社:パレード
発売日:2020年5月28日
ISBN:978-4-86522-230-2
四六判/並製/82ページ
価格:1,000円+税
Parade Books:https://books.parade.co.jp/category/genre02/978-4-86522-230-2.html
amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4865222308/
 
  • パレードブックスについて

母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

パレードブックスの自費出版
URL:https://www.p-press.jp
TEL:0120-123455
Mail:paradebooks@parade.co.jp

パレードブックスの書籍紹介
URL:https://books.parade.co.jp

【会社概要】
商号:株式会社パレード
大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12
東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7
代表取締役:原田直紀
設立:1987年10月20日
資本金:4000万円
事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パレード >
  3. 最愛の妻をホスピスで看取るまでの記録『看取り ~生ききった証として~』がアマゾンにて限定発売。