"デジタル・スマートシティ浜松"公式ロゴマークデザインが決定!

 浜松市は、令和2年7月1日(水)から令和2年8月20日(木)までの期間、"デジタル・スマートシティ浜松"公式ロゴマークデザインを公募し、応募総数168件の中から公式ロゴマークデザインを決定いたしました。
 この度、本市のデジタル・スマートシティの取組を多くの皆様に知っていただくきっかけとするとともに、「デジタルファースト宣言」の理念や、"デジタル・スマートシティ浜松"を象徴し、かがやく未来についての想像をかきたてるようなロゴマークを設定するため、広く皆様から公式ロゴマークデザインを募集いたしました。

 令和2年7月1日(水)から令和2年8月20日(木)まで期間の公募の結果、全国から168件のご応募を頂き、厳正な審査を経て"デジタル・スマートシティ浜松"公式ロゴマークデザインを決定いたしました。
 公式ロゴマークデザインは今後、"デジタル・スマートシティ浜松"の取組に関連する各種媒体や広報ツールへの掲載、今後実施する各種イベント等で使用する予定となっております。



▼​"デジタル・スマートシティ浜松"公式ロゴマークデザイン

 

▼製作者プロフィール
 氏名:亀田 康平
 所在:東京都 小金井市
 年齢:21
 職業:大学生

▼ロゴマークデザインのコンセプト説明
 UI(ユーザー・インターフェース:利用者とサービスとの接点)において多用されるフラットデザインを用いて、デジタルを全面に用いた取り組みであることをアピール。
 背景は浜名湖や遠州灘の波を模し、波の青色は浜松市の市章に使用されている浜松市ブルーを用いている。波の中には点と辺で構成されるグラフ模様を配置し、データの活用を表している。この波には市民や団体、行政など、様々な人がデジタル技術やデータを活用することで、リンクされ活性化するという意味も込められている。
 中心の"H"は"HAMAMATSU"の"H"、そして"HUMAN"の"H"を示しており、スマートシティはあくまで市民一人一人のQOL(生活の質)向上のために構築されるものであることを表現している。"H"に電波状のアイコンを配置することにより、市民一人一人が情報をやり取りし、アクセス出来ることを意味するとともに、浜松市グリーンを配した。
 字体は直線および円より作られたものであり、どんな人にとっても分かりやすい"スマートな印象"を与え、"デジタルに対する先入観"を払拭するデザインとなっている。

▼市長コメント
 全国からご応募いただいた168点もの作品の中から、こちらの作品を「デジタル・スマートシティ浜松」の公式ロゴマークデザインとして採用させていただきました。
 Hamamatsuの“H”と、技術ではなく“人”中心で推進していくという”Human”の”H”をかけてデザインされており、市民目線でデジタル・スマートシティを推進していくという本市の理念に合致しています。また、現在策定しているデジタル・スマートシティ構想の中で重要なキーワードになっている“繋がる”というイメージも伝わってくるデザインとなっております。
 今後、この公式ロゴマークデザインを「デジタル・スマートシティ浜松」推進の象徴として使用し、繋がる未来を共創していきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 浜松市 >
  3. "デジタル・スマートシティ浜松"公式ロゴマークデザインが決定!