「M.ZUIKO DIGITAL」レンズロードマップ最新情報の公開、および「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」開発情報を更新

オリンパス株式会社(社長:竹内 康雄)は、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した「M.ZUIKO DIGITAL」レンズの最新ロードマップを公開、および2019年1月に開発発表を行いました「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」の開発情報を更新いたします。
開発中の「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」は、今冬の発売を目指し、現在鋭意開発を進めています。また、新たに製品の最終外観を公開いたします。
さらに、超望遠撮影で快適にお使いいただけるよう「OLYMPUS OM-D E-M1X」のインテリジェント被写体認識AF に追加する「鳥認識」の開発を進めています。対応ファームウェアは今冬公開を予定しています。

今後も引き続き、マイクロフォーサーズシステムの特長である高画質と小型軽量による圧倒的な機動性を最大限に活かせるよう、レンズラインナップを拡充してまいります。

■情報公開の概要
1.「M.ZUIKO DIGITAL」レンズロードマップ最新情報を公開
2.「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」の開発情報を更新
3.鳥認識AF対応ファームウェアのアップデートの開発発表

 

「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」最終外観「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」最終外観

■情報公開の詳細
1.「M.ZUIKO DIGITAL」レンズロードマップ最新情報を公開
▪「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」を開示
▪マクロレンズを追加
【URL】https://cameras.olympus.com/advantage/ja-jp/worldclass-optical-performance/

※2020年7月現在。 ロードマップ内容は変更となる場合があります。

2. 「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」の開発情報を更新
2019年1月に開発発表を行いました1.25倍テレコンバーター内蔵の高解像、超望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」は、今冬の発売を目指し、現在鋭意開発を進めています。また、新たに製品の最終外観を公開いたします。

「OLYMPUS OM-D E-M1X」に 「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」を装着「OLYMPUS OM-D E-M1X」に 「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」を装着


3. 鳥認識AF対応ファームウェアの開発発表
「OLYMPUS OM-D E-M1X」のインテリジェント被写体認識AFに追加する「鳥認識」の開発を進めています。なお対応ファームウェアの公開は今冬を予定しています。

本リリースに掲載されている社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリンパス株式会社 >
  3. 「M.ZUIKO DIGITAL」レンズロードマップ最新情報の公開、および「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」開発情報を更新