9月5日まで、応援用のバーチャル空間を無償提供

競技別の特別レイアウトで仲間と選手を応援しませんか

oVice株式会社(本社:石川県七尾市、代表取締役:ジョン・セーヒョン)は、仲間とスポーツイベントをオンラインで楽しみたいという方のため、パブリックビューイング用のレイアウトを特別に公開し、9月5日まで無償で提供いたします。また、バーチャル空間「oVice(オヴィス)」を使いパブリックビューイングやイベントを開いてくださる方を対象に、1グループあたり最大20名分のお食事を無料でご提供いたします。

 

◆パブリックビューイング用スペース無償提供のお申込み方法
スポーツイベントが相次いで無観客で行われることを受け、これまで自治体や非営利団体向けに行っていた無償提供を、どなたでもお申込みいただけるようにいたしました。せめてオンラインで仲間と楽しみたいという方のために、パブリックビューイング用のスペースを無償でご提供いたします。 ※パブリックビューイングを行う際の放映権などについてはお客さま側でご確認ください。
※大規模スポーツイベントの競技が行われない8月9日(月)~23日(月)の期間、スペースは閉鎖させていただきます。
※すでに有料でoViceをお使いいただいている方は、ビル化して今回のoViceスペースをご利用いただくことが可能です。
※こちらの無償提供スペースでは、各競技用のレイアウト(約30種目分)のみご利用可能です。

柔道場風のレイアウト

サッカースタジアム風のレイアウト

◆お食事プレゼントのキャンペーンにもお申込みの場合
バーチャル空間「oVice(オヴィス)」を使いパブリックビューイングやイベントを20名以上で開いてくださる方を対象に、1グループあたり最大20名分のお食事を無料でご提供いたします。
  • キャンペーン期間:9月5日(日)23:59まで
  • 締め切り:パブリックビューイング開催日の3日前までには参加者全員分の住所、氏名、電話番号などをお送りいただく必要がございます。
  • 申し込み方法:https://share.hsforms.com/1gUD-k6vETiyuG0dkHwEuKA5d9uiでスペースお申込みの際、食事の希望欄にチェックをお願いいたします。


◆利用実績6000件以上。さまざまなイベントや交流の場で使用されています。
oViceは昨年8月のサービス開始から6000件以上利用されました。展示からネットワーキングまで自由にできるオンライン展示会、自由に席替えができるオンライン飲み会など、さまざまな場面での活用が進んでいます。

使い方参考動画


◆oViceとは?アバターを使い交流する2次元のバーチャル空間。施錠できる会議室機能も完備。
ウェブサイト上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元のバーチャル空間です。自分のアバターに近い声は大きく、遠い声は小さく聞こえ、まるで現実の空間で話しているような感覚を味わうことができます。偶然聞こえてきた会話に簡単に参加でき、会話する中で生まれた新たなアイデアを形にしやすい環境を整えています。

 

 

 

パブリックビューイングのイメージ

◆会社概要
「オンラインでのコミュニケーションを最大化する」ことをミッションに掲げ作られた、自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。2020年にはTechCrunch Startup Battle OnlineやLAUNCHPAD SaaSに出場。oViceはサービスリリースからこれまでに6000件以上利用されています。
  • 社 名 :oVice株式会社
  • 所在地 :石川県七尾市本府中町エ113 B
  • 代表者 :代表取締役 ジョン・セーヒョン
  • 設 立 :2020年2月
  • URL   :https://ovice.in/ja/
  • 事業内容:バーチャルオフィス、オンラインイベントで使えるバーチャル空間の開発・提供

◆本件の問い合わせ先
oVice株式会社広報担当:media@ovice.co
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. oVice株式会社 >
  3. 9月5日まで、応援用のバーチャル空間を無償提供