私たちは米より先に大麻をつくっていた。『日本人のための大麻の教科書 「古くて新しい農作物」の再発見』刊行決定&予約開始

イースト・プレスは2021年5月16日(日)に『日本人のための大麻の教科書 「古くて新しい農作物」の再発見』(著:大麻博物館)を刊行します。
私たちは、米より先に大麻をつくっていた。
①名称 ②歴史 ③農 ④衣 ⑤宗教 ⑥文化 ⑦食 ⑧薬 ⑨模様 ⑩法
10のキーワードから解き明かす、とある植物の数奇な物語


大麻。この植物は、日本では「違法な薬物」というイメージが強い一方、海外では医療品・嗜好品・新素材として再評価・解禁され、「グリーンラッシュ」と呼ばれるほどの経済効果をもたらしている。
しかし、日本において大麻は「稲作より早くから栽培され、衣食住に用いられてきた農作物」だったという事実は、あまり知られていない。ほんの70年ほど前まで、大麻は日本人にとって非常に身近な存在だったのである。

 

本書では、「名称」「歴史」「農」「衣」「宗教」「文化」「食」「薬」「模様」「法」といった10の切り口から大麻を捉え直し、その本質を探っていく。各界で大麻に関する情報発信を行っている識者からの寄稿も掲載。


【内容例】
・日本人は稲作をはじめるはるか昔、12,000年前から大麻を生活に用いていた
・日本の大麻は「繊維型」で、吸引されることなく、主に布や蚊帳や釣り糸、花火の助燃剤などに用いられていた
・戦後、GHQによって日本の大麻は「違法な薬物」として取り締まられた
・「へそくり」とは、元々は大麻の糸のこと
・相撲の「横綱」は、大麻製
・多くの七味唐辛子には「大麻の種子」が入っている
・『鬼滅の刃』の禰豆子が着ている着物は「大麻の葉の模様」


【栃木県での大麻収穫の様子(2010年撮影)】

(提供:大麻博物館)


【全国の書店、アマゾンなど各種ECサイトで予約受付中】

▼書店予約時には以下の情報をお見せ下さい
・書名:日本人のための大麻の教科書 「古くて新しい農作物」の再発見
・著者:大麻博物館
・発行:イースト・プレス
・定価:1600円+税
・ISBN:978-4-7816-1980-4

▼各種ECサイト(一部)
・アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/4781619800
・honto https://honto.jp/netstore/pd-book_30870734.html
・e-hon https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-7816-1980-4&Rec_id=1010
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16665917
・HMV&BOOKS https://www.hmv.co.jp/product/detail/11675330
・7net https://7net.omni7.jp/detail/1107179503
・ヨドバシ.com https://www.yodobashi.com/product/100000009003405779


【著者プロフィール】
大麻博物館
一般社団法人。 2001年に栃木県那須に開館。 日本人の営みを支えてきた農作物としての大麻の情報収集や発信を行なうかたわら、各地で講演、「麻糸産み後継者養成講座」などのワークショップを開催している。
著書に『大麻という農作物 日本人の営みを支えてきた植物とその危機』『麻の葉模様 なぜ、このデザインは、800年もの間、日本人の感性に訴え続けているのか?』(どちらも自費出版)などがある。
HP:http://taimahak.jp
Twitter:https://twitter.com/taimahak?s=20
 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イースト・プレス >
  3. 私たちは米より先に大麻をつくっていた。『日本人のための大麻の教科書 「古くて新しい農作物」の再発見』刊行決定&予約開始