都城市内の小・中学校の屋外にAEDを設置し、万が一の備えを強化!

都城市では、緊急時に誰でも利用できるよう、市内の小・中学校の屋外(校舎外)にAEDを設置します。
児童や生徒の屋外活動や、土・日曜日、祝日等の部活動、スポーツ少年団活動など、万が一に備えます。
  • AED屋外設置の概要
屋外設置AEDの運用開始日

令和5年1月1日(日)から
現在、AEDは各小・中学校の屋内(校舎内)に設置していますが、更新の際に、屋外(校舎外)に設置場所を移します。
屋外設置AEDは、12月頃から順次、各小・中学校に各1台を設置し、令和5年1月1日(日)から運用を開始します。

AED設置場所
都城市立小・中学校 54校
※白雲小・中学校は宮崎県管轄のため対象外
各学校のAED設置位置図を作成した上で、ホームページに掲載し、「いざ」という時のために、学校施設の利用者や各学校周辺の住民の皆さんに、事前確認を促します。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 宮崎県都城市 >
  3. 都城市内の小・中学校の屋外にAEDを設置し、万が一の備えを強化!