意外に身近なマイノリティ 「左利き」は損か得か?左利き100人に聞いてみた!

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、2016年3月に、全国の左利きの方104名に左利きの悩みの実態についてアンケート調査を実施しました。
日本人の約1割といわれる左利きの人たちは、左利きであることの利点と不便をどう感じているのか。知られざるマイノリティたちに実情を聞いてみました。


 

▽調査概要
対象:全国の左利きの方(104名)
内容:左利きで不便に感じていることなど
方法:ウェブアンケート

■得するのはイメージだけ!?「左利き」は人一倍ストレス社会と戦っている!

左利きはよく「スポーツで有利」「天才型の有名人が多く頭が良さそう」などと好印象を抱かれ、一見華やかな個性に見られがち。ただ現実は、右利きだったら、気にもかけない不便に悩む生活をしています。それは、ドアノブ、自動販売機、改札など、世の中のあらゆるモノが右利き目線で作られているから。特に、使うときに刃の向きが逆になってしまう「はさみやカッター」など、毎日のように使う「文房具」に多くの左利きが不便を感じています。

                     ▼左利きでよかったこと

 


                   ▼左利きで困ったこと

 


■左利きの2人に1人が「ペンで書くときに手が汚れる」ことに悩んでいた!

今回の結果で3割以上の左利きが使いにくいと答えたのが「ボールペン」。特に最近人気の高い水性ボールペンはインクの乾きが遅いため、書きながら手でこすってしまい、書いた文字や手が汚れてしまうようです。

                ▼左手で使いにくい筆記具は?

 

                ▼左手で書くと不便なことは?
 

 

■左利きはインクで手や文字が汚れないよう持ち方に苦労していた!
 


普通の持ち方だと手が汚れるため、左利きの人は
「手が紙につかないように少し浮かせて書く」(20代女性)、
「手の下に紙を引く」(30代女性)、
「紙をななめにする」(50代女性)、
など自分なりの書き方を日々、追求していることがアンケートから、分かりました。(写真はアンケート回答から再現)





 

 

 

 


■ジェルボールペン『サラサドライ』が 左利きから注目!

2016年2月に発売したゼブラの『サラサドライ』は、水性ジェルインクのさらさらな書き味はそのままに超速乾性の新成分を配合しているため、左手で書いても文字を手で擦らないと、左利きの人々に注目されています。
「使ってみましたが、ほんとにすぐ乾きます!オススメです」「ほんとすごすぎ!書いた直後にこすっても字がかすれない」「左利きにとって神ボールペン」などの声が多数聞かれます。

 

「これまで左利きのお客様に勧められるペンがなかった」

東急ハンズ新宿店 文具担当 一之瀬陽介さん

 

私自身、左利きで、ボールペン選びには苦労していました。
『サラサドライ』は、インクがしっかり出るにもかかわらず、書いた瞬間に乾くので手が汚れません。初めて使ったとき「待っていたボールペンがやっと出た」と嬉しくなりました。仕事上、接客の合間にさっとメモをとったり、伝票を急ぎで用意したりと、軽い力で書けて素早く乾くペンが必須なので、
発売以来ずっと愛用しています。手や文字の汚れに
悩んできた左利きのお客様にぜひ使ってもらいたいですね。

■左利きは増加傾向。もうマイノリティとは言わせない

左利きの人は子供の頃に右利きに矯正されていたのが、最近は個性重視で矯正されない人が増えているようで、実際文具では、はさみ、カッター、定規、鉛筆など左利き商品もいくつか発売されています。

今後、左利きの人のための商品やサービスの市場は広がるかもしれません。



                ▼左利きを矯正されたことはありますか?




 






ジェルボールペン『サラサドライ』
価格:¥150+税(税込¥162)
インク色:黒・青・赤
ボール径:0.4mm/0.5mm
軸色:6色

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゼブラ株式会社 >
  3. 意外に身近なマイノリティ 「左利き」は損か得か?左利き100人に聞いてみた!