Filmarks発表!ユーザー投票による2016年No.1映画は『君の名は。』に決定

2016年最高の一本を選ぼう!「FILMARKS AWARDS 2016」結果発表

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、ユーザーの投票結果に基づいた年間映画ランキング「FILMARKS AWARDS 2016」を発表しました。

【総合ランキング】
順位 作品タイトル
1位 『君の名は。』(東宝)
2位 『シング・ストリート 未来へのうた』(ギャガ)
2位 『シン・ゴジラ』(東宝)
4位 『この世界の片隅に』(東京テアトル)
5位 『怒り』(東宝)

6位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ワーナー・ブラザース映画)
7位:『ズートピア』(ディズニー)
8位:『湯を沸かすほどの熱い愛』(クロックワークス)
9位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(ディズニー)
9位:『リリーのすべて』(東宝東和)
9位:『ルーム』(ギャガ)

【洋画ベストテン】
1位:『シング・ストリート 未来へのうた』
2位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
3位:『ズートピア』
4位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
4位:『リリーのすべて』
4位:『ルーム』
7位:『デッドプール』
8位:『PK』
9位:『オデッセイ』
10位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

【邦画ベストテン】
1位:『君の名は。』
2位:『シン・ゴジラ』
3位:『この世界の片隅に』
4位:『怒り』
5位:『湯を沸かすほどの熱い愛』
6位:『リップヴァンウィンクルの花嫁』
7位:『アイアムアヒーロー』
7位:『映画 聲の形』
7位:『永い言い訳』
7位:『ちはやふる 上の句』
7位:『ヒメアノ~ル』

■「FILMARKS AWARDS」について
Filmarksでは毎年、その年の上映作品を対象にした、ユーザー投票による映画賞「FILMARKS AWARDS」を開催しています。ユーザーは選んだ作品のレビューに「#Filmarks2016」というタグを付けて投票(一人10作品まで投票が可能)。2016年12月1日から2017年1月9日までの期間に寄せられた投票を集計し、「FILMARKS AWARDS 2016」としてランキング化しました。なお、投票のあった全作品をFilmarksで一覧することが可能。サービス内のタグ検索「#Filmarks2016」もしくは「#filmarks2016」でご覧いただけます。

【Filmarks(フィルマークス)とは】

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つみき >
  3. Filmarks発表!ユーザー投票による2016年No.1映画は『君の名は。』に決定