動画とモバイルを活用したインターナルコミュニケーションで従業員のエンゲージメント強化を目指す

FEEL CONNECTION社、「Brightcove Engage™」を活用 サービス品質の更なる向上を求めて、従業員とのコミュニケーションを最適化

2020年5月25日、ボストン発 - 動画配信クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc. (NASDAQ: BCOV 以下 米国ブライトコーブ)は、フィットネス、アパレル、食品事業を展開する日本のライフスタイルブランドである株式会社FEEL CONNECTION(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:橋本英治、以下:FEEL CONNECTION)が、従業員とのコミュニケーションの最適化を通じ、従業員のエンゲージメント強化、しいては同社のサービスレベルの品質向上のためにブライトコーブのオンライン動画配信ソリューション「Brightcove Engage™」を導入したことを発表しました。

今回、同製品を導入したFEEL CONNECTIONは、全国に41箇所のバイクエクササイズを展開するフィットネスブランドである「FEELCYCLE」を展開しており、サービス品質の向上のために、300人以上のフィットネスインストラクターに向け、容易にかつ効率よく研修や情報共有ができる、安全で信頼性の高い社内に向けた動画ソリューションを必要としていました。

「Brightcove Engage」の導入により、FEEL CONNECTIONは、同社の従業員へ社内コンテンツへのアクセスを直接かつ安全に提供でき、モバイルデバイス経由ならではのタイムリーな情報提供が可能となりました。同製品は、各種コンテンツを素早く整理するためのテンプレートや、それぞれの従業員のエンゲージメントをモニタリングするための分析機能、企業が求める高いセキュリティと安定性を備えており、動画を活用した社内コミュニケーションを効率的に活性化します。


「Brightcove Engage」を使用したモバイルファーストの動画戦略を実装したことで、FEEL CONNECTIONはインストラクターのためのグループトレーニングを強化すると同時に、従業員自身もモバイルデバイスからオンデマンドのトレーニングコンテンツに直接アクセスできるようになり、いつでもどこでも従業員をサポート出来るようになりました。


FEEL CONNECTION社 経営管理部 システムグループマネージャー 相浦 誠氏は、同社の「Brightcove Engage」導入について以下のように語りました。
(参考)https://www.feelconnection.co.jp/
「『Brightcove Engage』を導入する前は、動画コンテンツを作成して配信するために、独自の動画プラットフォームを社内で構築していましたが、コストがかかるだけでなく、更新頻度も高められませんでした。そのような中、『Brightcove Engage』と出会い、短時間でセキュアかつ美麗なアプリケーションが構築でき、動画も簡単にアップロードできる仕組みが提供されているため、導入および運用が手軽に出来るようになりました。

『Brightcove Engage』により、インストラクターはモバイルデバイスから簡単かつセキュアに動画にアクセスできるようになるだけでなく、インターナルコミュニケーションに必要なものはすべて1つのアプリケーションで済むようになります。

インストラクターに向けて、場所と時間を選ばず、レッスンや接客のスキルを自発的に習得できるアプリケーションを用意することにより、コスト削減だけでなく、各自が積極的に自己研鑽できるようになります。その結果、『FEELCYCLE』の品質が向上し、お客様により良いサービスが提供できるようになることを期待しています。」


日本ブライトコーブ 代表取締役社長 川延 浩彰からのメッセージ

「FEEL CONNECTION様が、社内トレーニングにBrightcove Engageをご活用頂いたことを大変嬉しく思っております。本製品をご利用いただくことで、特定オーディエンスに対してセキュア且つタイムリーに動画を届けることが可能になり、より効率的にトレーニングやインターナルコミュニケーションをおこなっていただくことが出来ます。Brightcove Engageが、FEEL CONNECTION様のサービスの向上並びにビジネスに貢献することを期待しております。」

従業員のエンゲージメントが高い組織やチームは、より高いレベルで業績を上げていると言われています。昨今、テレワークが社会的に求められる一方で、企業による従業員の人材育成機会の減少や、インターナルコミュニケーションの希薄化に起因する従業員のエンゲージメント低下に対し、「Brightcove Engage」はまさに有効なソリューションです。


「Brightcove Engage™」について
インターナルコミュニケーション担当者がモバイル動画を活用して従業員に情報伝達するために開発された専用ソリューションです。
動画とモバイルというデジタルコミュニケーションの最も効果的な2つのメディアを組み合わせることで、自社独自のモバイル体験を構築し、入社式、新年挨拶、社内イベントのような全社的なライブイベントや、新人研修や社内ニュースのようなオンデマンド動画を、開発者やITリソースコストを必要とせずに、従業員のデバイスに直接セキュアに配信することを可能にします。

製品に関する詳細は下記「Brightcove Engage」公式サイトよりご確認ください。
https://www.brightcove.com/ja/brightcove-engage


【ブライトコーブについて】
Brightcove Inc.(NASDAQ:BCOV)は、あらゆるデバイスやディスプレイにおける動画の管理、配信、収益化を実現するクラウドソリューションを、グローバルで提供する大手プロバイダーです。2004年の創業以来、受賞履歴を持つテクノロジーやサービス、幅広いパートナー企業と創造するエコシステムを基盤に、世界70か国以上で数千を超えるお客様企業の動画によるビジネスの成果向上を支援してきました。
詳しくは<https://www.brightcove.com/>(英語)をご覧ください。

日本市場には、ブライトコーブ株式会社より上記サービスを提供しております。
<https://www.brightcove.com/ja/>(日本語)

同様の内容は、以下ブライトコーブ株式会社のプレスルームでも掲載しております。
<https://www.brightcove.com/ja/company/press/feel-connection-leverages-brightcove-engage-streamline-internal-communications-ja>

※本プレスリリースには、将来的な目標、成長、製品やサービスの開発予定、または機能強化に関する将来予測が含まれています。これらの将来予測は、「考えている」、「期待している」、「可能性がある」、「~だろう」、「予定である」、「~はずだ」、「見込みだ」、あるいはこれらに類似した表現およびその否定形によって特定することができます。こうした将来予測はいかなることを保証するものではなく、本書に記載された予測とは大きく異なる結果を招くようなリスクや不確定要素の影響を受けることがあります。この種のリスクと不確定要素については、米国証券取引委員会に提出済みのForm 10-K年次報告書他、各種報告書に記載された「リスク要因」を参照してください。ブライトコーブは、状況が変化した場合でも、本プレスリリースに記載のいかなる将来予測も更新する義務を負いません。なお将来予測は本書作成時点で最新のものです。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブライトコーブ >
  3. 動画とモバイルを活用したインターナルコミュニケーションで従業員のエンゲージメント強化を目指す