日本郵便初のオープンイノベーションプログラム これからの時代の郵便・物流を創出する「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の開始 ~サイト公開&スタートアップの募集開始~

http://event.samurai-incubate.asia/jp-logitech/

 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男/以下「日本郵便」)と株式会社サムライインキュベート(東京都品川区、代表取締役 榊原 健太郎/以下「サムライインキュベート」)は、日本郵便初となるオープンイノベーションプログラム(※1)「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」を2017年9月4日(月)から開始します。
 また、同日に本プログラム専用のWebサイトを公開し、スタートアップ企業(※2)の募集を開始します。
 


 本プログラムは、近年におけるECの進化や人口減少など物流業界が抱える様々な環境変化を踏まえ、日本郵便とサムライインキュベートが「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」の実現を目的として実施するものです。
 今回は、取組テーマに応じて、日本郵便が保有する郵便・物流アセットを開示し、参加スタートアップ企業との共同活用を検討します。またPoC(※3)を実施する検証の場として郵便局やドローン実証実験地などを用意し、早期実用化へ向けた推進も行います。
 サムライインキュベートは国内外でのスタートアップ支援実績を活かした企画・運営・実施のほか、メンタリングサポート、良いビジネスアイディアを持つ企業への出資検討などを行います。
 参加スタートアップ企業はこれらを活用することで、事業を飛躍的に加速させ事業拡大を目指すことも可能です。
 両社は、本取り組みを通じて、時代の変化に応じた価値ある郵便・物流を提供し続けるため、共創による新規事業等を創出する取り組みを行ってまいります。

■「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の開催概要(詳細下記参照)
・募集期間:2017年9月4日(月)~10月4日(水)
・採択企業決定:2017年10月下旬


【日本郵便株式会社】
 2007年10月に民営化され、日本郵政株式会社、郵便局株式会社、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命の5社体制となり、2012年10月に郵便局株式会社と郵便事業会社が統合し日本郵便株式会社となりました。
 全国の約2万4千の郵便局において、郵便、貯金、保険のサービスのほか、地方公共団体からの受託事務、印紙・切手の売りさばきなどを行っています。また、国内、国際物流事業、ロジスティクス事業、物販事業、不動産事業も行っています。

 【株式会社サムライインキュベート】
 2008年3月に株式会社サムライインキュベートを設立。国内外にてシード期のスタートアップ企業へ出資・インキュベーションを行うインキュベーション事業のほか、その実績・ノウハウを活かした大企業とのオープンイノベーション推進事業、オープンイノベーションを加速させるコワーキングスペースの運営を行っています。現在は日本・東京とイスラエル・テルアビブの2箇所に拠点を持ち、約135社へ出資・インキュベーションをしています。

以 上

 
【注釈】
(※1) 自社で保有する資源や技術と、社外の技術・アイディア等と組み合わせることで革新的な新しい価値を作り出すこと
(※2) 新しいビジネスモデルを創造・開発し、成長スピードの速い企業
(※3) Proof of Concept(概念実証)の略。新しい概念やアイディアなど、実現可能を示す実証・デモンストレーションをすること

【お客さまのお問い合わせ先】
日本郵便株式会社
お客様サービス相談センター
<電話番号>
0120-2328-86(フリーコール)
携帯電話からご利用のお客さま
0570-046-666(通話料はお客さま負担です)
<ご案内時間>
平日:8:00~22:00 土・日・休日:9:00~22:00
※おかけ間違いのないようにご注意ください。

株式会社サムライインキュベート
POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM運営事務局
<電話番号>
03-6433-2110(代表)
<E-MAIL>
jp-logitech@samurai-incubate.asia

--------------------------------------
■「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」開催概要
【メインテーマ】
多様化するライフスタイル、地域コミュニティにおいて、郵便・物流のラストワンマイルをテクノロジーで変革する。

【詳細テーマ】
(1)テクノロジーを活かした新しい郵便・物流の仕組みを実現
  ドローンやロボティクスなどを活用した、 顧客への新たな配送価値の創出
(2)テクノロジーを活用した郵便・物流の管理、配送業務効率化の実現
  AI・IoTなどの活用でこれまでの物流をスマート化
(3)郵便・物流のリソースを活用した既存分野に留まらない新サービスなど
  新しい価値を生むBigDataの収集と実用化など

【活用可能リソース】
(1)郵便物流システムの活用
取組テーマに応じ、1日約3千万か所への郵便配達、約14万台の郵便事業用車両、約18万本の郵便ポスト、約2万4千局の郵便局など、郵便・物流バリューチェーンへアクセス可能
(2)実証実験の推進
郵便局やドローン実証実験地など、PoCを通じた検証への舞台を整えることで早期実用化へ
(3)出資・メンタリング
サムライインキュベートから450万円の出資検討、日本郵便から出資検討及びテストマーケティング費用の拠出検討、業界スペシャリストからのメンタリング

【専用Webサイト】
URL:http://event.samurai-incubate.asia/jp-logitech/

 【募集期間】
2017年9月4日(月)~2017年10月4日(水)

【スケジュール詳細】
2017年9月4日(月)          サイト公開・募集開始
2017年9月20日(水)、9月28日(木) 応募説明会
2017年10月4日(水)         応募締め切り
2017年10月下旬             採択企業決定
2017年11月上旬             メンタリング開始
2018年1月下旬(予定)         Demo Day(成果発表会)

【その他】
主催:日本郵便株式会社
共催:株式会社サムライインキュベート
協力:パーソルキャリア株式会社「eiicon」
「eiicon」:オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソースなど、さまざまな情報を「eiicon」に登録することができ、それらの情報を発信し合い、企業同士が繋がることができる場です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サムライインキュベート >
  3. 日本郵便初のオープンイノベーションプログラム これからの時代の郵便・物流を創出する「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の開始 ~サイト公開&スタートアップの募集開始~