カルティエ、2020年度 カルティエ ウーマンズ イニシアチブ21名のファイナリストを発表

パリ、2020年3月26日

カルティエは、2020年度 カルティエ ウーマンズ イニシアチブのファイナリストを発表し、社会にインパクトを与える女性起業家たちを支援することを改めて表明します。


2006年の設立以来、カルティエ ウーマンズ イニシアチブは、女性起業家たちの貢献に光を当て、ビジネスの発展とリーダーシップスキルの促進に必要な、経済的、社会的、人的支援を行うことで、起業家たちの可能性を最大限に発揮する支援を行ってきました。

このプログラムは、国や分野を問わず、女性が主導あるいは所有するビジネスを対象としています。また、国連のSDGs (持続可能な開発目標)に定義される持続可能な社会的・環境的インパクトを与えることを目的としたビジネスであることが条件となります。この14年間にカルティエ ウーマンズ イニシアチブは、合計56ヵ国の240人の有望な女性起業家を認知し、そのビジネスを支援するために300万ドル以上の賞金を提供してきました。

21名のファイナリスト(7つの地域の上位3つのビジネスを主導する女性インパクト起業家)は、162ヵ国、1200人の応募者の中から選ばれました。今回初めて、オーストラリア、ベナン、デンマーク、ニュージーランド、スウェーデンからも応募がありました。

2020年6月上旬には、7名の受賞者が発表される予定です。

「女性のために機会を創出し、女性を支援すること。それはカルティエの理念だけではなく、現実に根差し世界に開かれたメゾンとして、社会的責任を認識しているカルティエの価値観を表しています。先行き不透明な現代において、企業が果たす責任はとても重いものです。カルティエは、より安定した時代に向けて、若い企業やスタートアップ企業を支援することが重要であると考えています。だからこそ、女性起業家たちが具体的で持続性のある影響を及ぼし、よりよい未来を切り拓いていることを認識するこの取り組みを続けていきたいと考えています」

シリル・ヴィニュロン/カルティエ インターナショナル プレジデント & CEO

各地域から1名ずつ選ばれる、計7名の受賞者には賞金10万ドルが、そして残り14名のファイナリスト(2位と3位の入賞者)には賞金3万ドルがそれぞれ授与されます。最終的に、7名の受賞者と14名のファイナリストには、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、個別の戦略コーチング、メディアへの露出、国際的なネットワーク構築の機会が与えられ、さらにINSEADエグゼクティブプログラム(ISEP)への参加資格が与えられます。

プログラムの詳細とファイナリストの紹介動画については、こちらをご覧ください。
www.cartierwomensinitiative.com


掲載時のお問い合わせ先:カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルティエ >
  3. カルティエ、2020年度 カルティエ ウーマンズ イニシアチブ21名のファイナリストを発表