Yogiboが国内最高峰の自動車レース SUPER GTに「GT300」で参戦

チーム監督には、元ディレクシブ・モータースポーツ代表「芳賀美里」が就任

快適すぎて動けなくなる魔法のソファYogiboを展開する株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区/代表取締役社長 木村誠司)は、2021年4月より開幕する国内最高峰の自動車レース「SUPER GT」に「GT300」で参戦することが決定しましたのでお知らせ致します。車両名は『Yogibo NSX GT3』、エントラント名は「Yogibo Drago CORSE」となります。
『Yogibo NSX GT3』では、かつてF1参入計画を持ち世界のモータースポーツ界で活躍したディレクシブ・モータースポーツ代表の「芳賀美里」が13年ぶりにSUPER GTのチーム監督として復帰します。苦難の歴史を持つ彼女が再びSUPER GTで復活を果たせるかご注目ください。

ドライバーには国内外の大会で多くの優勝経験を持つ道上龍選手と、3年半ぶりにSUPER GTへ復帰する密山祥吾選手のコンビを迎え、シリーズチャンピオン獲得を目指します。車両はHONDA NSX GT3、タイヤパートナーはヨコハマタイヤを使用します。

Yogiboは三カ年計画で2023年シリーズチャンピオンを目指します。

昨今、COVID-19感染症拡大により世界中で緊迫した状況が続いております。同時に経済にも大きな影響を与えていますが幸運にもYogiboは巣ごもり需要により成長できております。我々はこの環境下に大きな苦戦を強いられている文化や興行に対し、それを支援する責務があると考えスーパーGTへの参戦を決めました。

Yogiboが「SUPER GT」に参戦することによりシーズンが更に盛り上がり、ファンの皆様に元気と勇気を与えることができましたら幸いです。

 

 
  • チーム体制について
車両No.      :34
車両名      :Yogibo NSX GT3
エントラント名  :Yogibo Drago CORSE
チーム監督    :芳賀美里
ドライバー    :道上龍 / 密山祥吾
タイヤパートナー :ヨコハマタイヤ
メインスポンサー :Yogibo(株式会社ウェブシャーク)
 
  • 車両カラーリングデザイン案

Yogibo NSX GT3Yogibo NSX GT3

 ※スポンサーロゴは今後変更の可能性があります。
 
  • チーム監督 芳賀美里コメント
私がモータースポーツから離れて13年経ちます。
まさかまた戻って来ると思いませんでしたが、13年振りに復帰することになりました。
2005年にディレクシブモータースポーツ発足、代表兼チーム監督となり、
2006年ポイントランキングを独走してチャンピオン間近で
スポンサー撤退によりチームを解散させてしまった辛い経験があります。
ですが、その後もあたたかい皆様のご支援やチャンスを頂き、
結果的には撤退させてから2年後の2008年にはSUPER GTにシリーズチャンピオンに輝くことができました。
それを一つの区切りとして、しばらくモータースポーツ界から離れておりましたが、
この度、Yogiboを運営する株式会社ウェブシャーク様との出会いがきっかけで、
34号車『Yogibo NSX GT3 』、ドライバー道上龍、密山祥吾と監督 芳賀美里、
メインスポンサー(株)ウェブシャーク/Yogiboという体制でSUPER GT界に復帰させて頂くこととなりました。
13年ぶりの復帰となりますが、新しいレギュレーションや進化についていけるように、
そして3年後にはシリーズチャンピオンを獲得できるように目指してまいります。

レース関係者の皆様、モータースポーツファンの皆様、何卒宜しくお願い致します。

2021年2月15日  チーム監督 芳賀美里
(twitterアカウント:@misato_SUPERGT)

現役監督当時現役監督当時

2021年現在2021年現在

 
  • ドライバープロフィール
▼道上龍
1973年3月1日生まれ。奈良県出身。
1991年フォーミュラ・ミラージュで4輪レースデビュー。
1994年の全日本F3選手権に参戦し、この年の開幕戦で初優勝し、一躍有名に。
その後、スーパー耐久シリーズや全日本ツーリングカー選手権等に活躍の場を拡げ、
2000年より全日本GT選手権のGT500クラスでシリーズチャンピオンを獲得し、
名実ともにHONDAのエースドライバーに。
その後、2014年に自らのチーム「Drago CORSE」を設立し、
チームオーナー兼監督兼ドライバーとして活躍している。

▼密山祥吾
1976年12月8日生まれ。東京都立川市出身。
1995年、FJ1600エビスシリーズでレースデビュー。
1996年にステップアップしF4とフォーミュラ・トヨタに参戦。
1997年に全日本F3選手権へと毎年順調にステップアップを果たし、F3には2002年まで参戦。
2001年からは全日本GT選手権およびSUPER GTにも参戦。
2006年、国内最高峰フォーミュラーレースであるフォーミュラ・ニッポンに参戦。
ディレクシブチームのシートを得ての最高峰カテゴリー挑戦だったが、
第4戦終了後に即時撤退を発表し参戦終了となった。
SUPER GTではGT300クラスにフル参戦し、年間ドライバーズランキング3位を得た。
2008年、東京都国立市にカーチューニングショップ「Adenau」を立ち上げ、以降、数々のGTレースで戦績を積み重ね、今回のGT300参戦は2017年夏以来の復帰となる。
 
  • チームスポンサー募集のお知らせ
本チームをご支援いただくスポンサーを順次募集しております。
車両、レーシングウェア、チームウェア等、豊富なメニューを取り揃えておりますので、個人・法人問わず、ご興味ある方は下記窓口までお問い合わせください。
スポンサー問い合わせ窓口: pr@yogibo.jp
 
  • SUPER GT概要
1994年に前身となる全日本GT選手権(JGTC)がスタートし、2005年に「SUPER GT」と名称を改め、以降インターナショナルシリーズとして複数国でレースが開催されている日本で最も人気の高いレースシリーズ。GT500クラスとGT300クラスの車両が混在して走行し、それぞれのクラスにおける順位を競う。国内外のメーカーおよびブランド車種が参加し、100名を超すドライバーが参戦する国内最高峰の自動車レースであり、注目度が非常に高く、世界でも数少ない大規模なスケールのモータースポーツイベント。
 
  • Yogiboについて
アメリカ東海岸発祥のビーズソファ&ファニチャーブランド。
2014年11月に日本初上陸を果たすと同時に、インターネットをはじめ各種メディアで話題となり、2021年2月現在で全国約75店舗を展開するブランドとなっております。
従来型のビーズクッションとは異なり、1つでベッド・ソファ・リクライニングチェアなど、用途に合わせて形状を自由に変化させることができます。デザイン性も高い最先端のインテリアとして、ご自宅だけでなくホテルや温泉旅館、キャンプやグランピング施設、オフィスでのビジネスシーンなど、様々な場所で活用頂いています。また、総合格闘技「RIZIN」をはじめとする各種イベントへの協賛や被災地への支援活動など、社会への貢献を通して“ストレスのない社会を実現する”ことを目指し活動しております。
 
  • 会社概要
商号  : 株式会社ウェブシャーク
代表者 : 代表取締役 木村 誠司
所在地 : 〒541-0048 大阪市中央区瓦町3丁目6-5 銀泉備後町ビル2F
設立  : 2002年2月1日
事業内容:・「Yogibo」の日本総代理店(2014年11月より運営) https://yogibo.jp/
     ・世界初エッグウィッチ専門店「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」の運営 http://eggwich.jp/
 
  • 参考資料
・車両イメージ

 


・レーシングウェア


・メカニックスーツ


・チームウェア

 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウェブシャーク >
  3. Yogiboが国内最高峰の自動車レース SUPER GTに「GT300」で参戦