北國フィナンシャルホールディングス、グループ全体の社給スマホをBYODへ。「moconavi」の導入でラニングコスト20%削減を実現

株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下「レコモット」)は、株式会社北國フィナンシャルホールディングス(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:杖村 修司、以下「北國FHD」)と、株式会社北國銀行(本社:石川県金沢市、頭取:杖村 修司)を含むグループ各社がBYOD *1推進におけるリモートアクセスサービス「moconavi」導入で、ランニングコスト20%削減を実現した事例を公開しました。

 金融業界で常に先進的な取り組みをされる北國FHDでは、働き方の進化に伴い社給スマホをBYODに移行すること決断。その際、端末にデータを残さずBYODでも安全に業務を行うことができるという「moconavi」のセキュリティの高さや、シンプルで直感的な操作性が評価され、BYODの基盤システムとして導入いただきました。運用においても、社給スマホを廃止したことによりランニングコストが20%削減できることがわかっており、「moconavi」が業務改革と働き方改革に貢献している事例です。

■北國フィナンシャルホールディングス導入事例
https://moconavi.jp/casestudy/hokkokubank/

■リモートアクセスサービス「moconavi(モコナビ)」について
 「moconavi」は、スマートフォンやタブレット、WindowsPCなどの端末にデータを残さずに、社内システムや各種クラウドサービスへセキュアにアクセスするためのリモートアクセスサービスです。会社支給端末や個人所有端末の業務利用(BYOD)を問わずに1,300社32万人以上に利用されています。モバイル管理市場(MAM)*2において4年連続市場シェアNo.1 *3を記録し、「今いる場所がオフィスになる」をコンセプトに、企業のモバイルワークやBYODの積極活用を支援しています。
サービスサイト:https://moconavi.jp/

■株式会社レコモットについて
 レコモットは「人を中心にワークスタイルを変革する」をコンセプトに、コミュニケーションサービスおよびソフトウェアを提供するITベンダーです。
 クラウドコンピューティングと、その入り口となるスマートデバイスを活用した革新的サービスを世界に提供し、ダイナミックかつ多様性を求める社会の生産性向上に貢献します。

会社名:株式会社レコモット
所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
代表者:代表取締役CEO 東郷 剛
設立:2005年11月
URL:https://recomot.co.jp/

___________________________________
*1:BYOD(Bring Your Own Device)…個人が所有するスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを業務に活用する仕組み。
*2:MAM(モバイルアプリケーションマネージメント)…モバイル端末上のアプリケーションを管理するシステム。
*3:出典 株式会社テクノ・システム・リサーチ2022年3月発刊、「2021-2022年版 エンドポイント管理市場のマーケティング分析-モバイル管理市場MAM市場シェア-」調査より。

※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。
※報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがあります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レコモット >
  3. 北國フィナンシャルホールディングス、グループ全体の社給スマホをBYODへ。「moconavi」の導入でラニングコスト20%削減を実現