【東京茶寮】抹茶パフェ・ほうじ茶パフェが期間限定メニューとして新登場!「お茶屋の本格パフェとさくらの煎茶で春を楽しむ」

世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」は、2017年1月のオープンから5年目を迎えました。今後も日本茶のさらなる新たな楽しみ方・スタイルを提案するべく、2021年3月20日(土)〜4月11日(日)の土日限定で「お茶屋の本格パフェ(抹茶パフェ・ほうじ茶パフェ)」の提供を開始いたします。



抹茶の苦味とストロベリーの甘酸っぱさ、バジルクリームで“余韻”を味わう「抹茶パフェ」

抹茶ジェラートの濃厚な味わいにバジリコクリームの爽やかさが調和し、ひときわ香り豊かな「抹茶パフェ」。
抹茶ジェラートは静岡「MARUZEN Tea Roastery」の「0°M( 抹茶)」を使用。静岡県産の抹茶を使用した、深みある抹茶のポテンシャルを全て引き出した濃厚な甘味、香り、渋みが人気のジェラートです。


「抹茶シロップ」は煎茶堂東京の「まろやかな国産粉末緑茶」と、福岡県・八女産の抹茶を使用し、しっかりと苦味を感じる仕上がりに。抹茶のジェラートだけをすくって、抹茶の苦味だけでストレートに味わうも良し。甘酸っぱいストロベリーソースやミルキーなフロマージュを一緒に口に入れて、楽しいアレンジをするも良し。

オススメは、バジリコクリームと絡めて複雑な味わいに酔いしれる食べ方。抹茶の苦味とバジルの組み合わせで嬉しい驚きと、最後のひと口までじんわり残る“余韻”をお約束します。



鼻を抜けるほうじ茶の香りにわさびの香りとビアンコジュレを添えた「ほうじ茶パフェ」

ほんのり立ち上がるわさびの香りがほうじ茶の風味を引き立てる「ほうじ茶パフェ」。ほうじ茶ジェラートは静岡「MARUZEN Tea Roastery」の「200°M(焙じ茶)」を使用。200℃という焦げないギリギリの温度で雑味を飛ばし、香ばしさを際立たせた焙じ茶のジェラートです。


「ほうじ茶ソース」は香ばしいほうじ茶をぎゅっと濃厚にした甘露な仕上がりに。トップに載せたほうじ茶ジェラートに合わせるのは、なんと「わさび」と「グレープフルーツ」、白ワインを使用した「ビアンコジュレ」。ほうじ茶ジェラートの香ばしさと“コク”に、みずみずしさをプラスしました。ぷりぷり食感の白ワインジュレの中にはグレープフルーツが入っていて、噛めば噛むほど果汁が弾け、口の中に爽やかさが広がります。

ほうじ茶ジェラートの鼻を抜けるローストの香りとなめらかな舌触りに、すうっと背筋が伸びるようなわさびの香り、グレープフルーツのフレッシュな酸味のマリアージュを、ぜひご堪能ください。



春限定「さくらの煎茶」とお茶菓子付き

毎年この時期には一番人気の「さくらの煎茶」。フレーバー(香料)を使用せず、茶葉の製造過程(揉み工程)で「桜の葉」を一緒に加えて作った、本物のさくらの香りが立ち上るお茶です。お茶の時間が楽しめるよう、「さくらの煎茶」にぴったりなお茶菓子もご用意しております。

「お茶屋の本格パフェ」と「さくらの煎茶」で春を満喫してみませんか?



<メニュー詳細>
抹茶パフェ&さくらの煎茶+お茶菓子 2,310円(税込)
ほうじ茶パフェ&さくらの煎茶+お茶菓子 2,310円(税込)
+上記パフェに追加で「さくらの煎茶(30g缶入り)」の商品お取り置きが可能です。

<期間> ※土日限定
2021年
3月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
4月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)

<営業時間>
11:00〜18:00(L.O17:00)
※完全予約制になります。

ご予約はこちら
https://shop.senchado.jp/products/parfait_tokyosaryo

★予約早割イベント★
2月26日(金)12:00〜3月12日(金)23:59の期間中にご予約の方限定で事前決済10%割引!

例)抹茶パフェ&さくらの煎茶+お茶菓子 2,310円(税込)10%割引 → 2,079円(税込)
ご予約の際にディスカウントコードを入力してください。
  • ディスカウントコード:PARFAIT


<店舗概要>
店名:東京茶寮
所在地:東京都世田谷区上馬一丁目34番15号
アクセス:田園都市線 三軒茶屋駅 南口Bより徒歩7分
URL:http://www.tokyosaryo.jp/



東京茶寮について

世界初のハンドドリップ日本茶専門店として、2017年1月東京・三軒茶屋にオープン。米フォーブスで「すべてのデザイナーが死ぬまでに行くべきミニマルな茶屋」(※1)と称された9席の店舗にて、国内外のゲストに煎茶の飲み比べ体験を提供する。独自開発したドリッパーをはじめ、新たな日本茶のあり方をモダンなスタイルで表現し、世界へ向けて発信する。
https://www.tokyosaryo.jp/



企画・商品デザイン: LUCY ALTER DESIGN
青柳智士と谷本幹人の2名のデザインユニット。2016年にコミュニティデザイン領域としてOffice & Remort Coffee Service「Garden」を開始。2017年に三軒茶屋に世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」、銀座にシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」をオープン。その年の「DSA空間デザイン賞」入選、「JCDデザインアワード」BEST100を受賞。2018年にデザインプロデュースとして静岡に焙煎温度別ティージェラートカフェ「MARUZEN Tea Roastery」、京都に梅体験専門店「蝶矢」をオープン。同年、自社でデザイン・開発を行った「透明急須」が「GOOD DESIGN AWARD 2018」「Red Dot Award:Product Design 2018」を受賞。
https://lucyalterdesign.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LUCY ALTER DESIGN >
  3. 【東京茶寮】抹茶パフェ・ほうじ茶パフェが期間限定メニューとして新登場!「お茶屋の本格パフェとさくらの煎茶で春を楽しむ」