7月8日、タケヤリの撥水タイガー帆布トートバックが再入荷します!

大変お待たせいたしました。国内外にて絶大な人気を誇る、タケヤリの【撥水タイガー帆布トートバッグ】の再入荷が決定いたしました。ご予約をいただいていた方には8日より発送を順次開始させていただきます。

前回の完売後も様々なメディアに取り上げられ、国外からもお問い合わせをいただいている【撥水タイガー帆布シリーズ】のトートバッグLサイズ。再入荷が7月8日に決定いたしました。皆さま、お見逃しなきよう!
多くのメディアや機内誌等で取り上げられ、国外からもラブコールを多くいただいている【撥水タイガー帆布シリーズ】。この度、シリーズのなかでも大人気のトートバッグが7月8日(月)に再入荷いたします。

▼中身が空の状態でもしっかりと自立する、タケヤリオリジナルのタフな撥水タイガー帆布で作られたトートバッグは雨にも強く、少しカジュアルなビジネススタイルはモチロンのことアウトドアにもガシガシお使いいただけます。
撥水タイガー帆布トートバックL
¥12,000 + 税
https://bit.ly/2J6PRiS


日常使いに理想の帆布を追求してできた撥水タイガー帆布で作成したキャンバストートバック。強力なパラフィン(ロウ) 加工を施し、帆布本来の風合いを残しながら、コットンとは思えないような撥水性を実現しています。補強リベットはジーンズなどに使用するものよりも大きいものを使用しており、しっかりと留め付けています。



▼17cmのマチがあり、内側にはポケット付き。しっかりしていて容量もたっぷりなので、たくさんの荷物を持ち歩くことができます。

 


自衛隊のテントにも使われている強力なパラフィン加工を施した撥水タイガー帆布は、綿素材でありながら撥水する丈夫な生地。 デニムのような独特の「アタリ」や「チョークマーク」などの表情がうまれて、エイジングを楽しめます。



【サイズ】
W370×H350×D170mm(本体) 
【素材】
9号帆布 コットン100%(本体) 撥水加工


▼大人気の撥水タイガー帆布シリーズは、他にも豊富なデザインをご用意しています。
https://bit.ly/2J6R2yO






【明治21年創業帆布の老舗タケヤリ】
明治21年(1888年)創業。岡山県倉敷市のタケヤリは、倉敷の帆布の半分以上を作る日本で最も古い帆布工場。
日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れに始まり産業資材としては、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り、日本の歴史と人々の生活に寄り添ってきました。
綿糸の整経から織布、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。
それぞれの工程に人の手が入る事で、ぬくもりのある高品質な帆布が生産できる。
「帆布といえばタケヤリ」と呼ばれ続ける理由がここにあるのかもしれません。
なかでもタケヤリが保有するセルビッチのシャトル織機はタケヤリにしか織ることができない、超高密度の極厚帆布を実現、高度な職人技術と受け継がれる織機が最高品質を保証しています。
タケヤリが織る最高品質を保証する櫻星をまとった超高密度帆布、帆布製品は、今もなお、国内だけでなく世界中で愛され続けています。
--------------------------------------
会社HP:http://takeyari-tex.co.jp
公式オンラインストア:https://takeyari-tex.com
Facebook:https://www.facebook.com/takeyaricanvas
instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas
イベント情報 instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas_staff
 









 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タケヤリ >
  3. 7月8日、タケヤリの撥水タイガー帆布トートバックが再入荷します!