バーティカルシアターアプリ「smash.」にてSSFF&ASIAが厳選する世界の縦型ショートフィルムを独占配信!明日3/5から2作品を配信開始、以降毎週金曜日に最新作を追加。6月までに20本配信予定

 

​ 米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)」と、SHOWROOM株式会社が2020年10月より展開するスマートフォンでの視聴に特化したバーティカルシアターアプリ「smash.」は、SSFF & ASIAが厳選する世界のバーティカル(縦型)ショートフィルムを「smash.」にて、独占配信することを発表します。

3月5日より配信の『青紫色の髪の女』と『夢の中で』3月5日より配信の『青紫色の髪の女』と『夢の中で』

 まずは明日3月5日(金)正午※予定※より、「2018 Vertical Film Festival」 ファイナリストに選ばれ、女性2人組の監督デュオとして話題の「Purple Lips」が手掛ける『青紫色の髪の女』(原題:The Jacaranda)(メキシコ)と、撮影に一日、編集に一日とトータル2日間でクリエイターチームが夢中で完成させた『夢の中で』(原題:In Dreams)(オランダ)の2作品を配信スタート。双方5分以内のショートフィルムながら、視聴者によって捉え方が異なり、さらに視聴後もなお余韻を残す作品です。今後、毎週金曜日に新たなショートフィルムを追加し、6月まで全20作品を配信する予定です。

            3月5日より配信開始する『青紫色の髪の女』予告編
 

               3月5日より配信開始する『夢の中で』予告編

概要
コンテンツ概要:SSFF & ASIAが厳選する世界のバーティカルショートフィルム
配信日:2021年3月5日(金)より毎週金曜日に新作をアップ
配信元:smash.
視聴URL:https://sharesmash.page.link/sbsq

SSFF &ASIAとsmash.の取り組みについて
SSFF &ASIAとsmash.は昨年からSSFF & ASIA 2021に向けてバーティカルシアター部門 supported by smash.をスタートし、縦型ショートフィルムの世界公募を行ってまいりました。6月まで配信される縦型ショートフィルムのラインナップに続き、今後発表されるバーティカルシアター部門supported by smash. のノミネート作品もsmash.にて配信予定です。
フィルムメイカーたちの新しい挑戦をサポートし、世界に発信していきたいSSFF & ASIAと、視聴者にアプリを通じて様々な視聴体験を得てもらいたいsmash.の新しい取り組みにぜひご期待ください。

smash. 配信予定の3月のバーティカルショートフィルム ラインナップ

3月5日より配信開始
タイトル:『青紫色の髪の女』 原題: The Jacaranda
国名:メキシコ 尺:3分
あらすじ:「ジャカランダ」 - それは毎年春になると、まるで手紙のように世界中の人々の元に届けられる。美しい青紫色の花は、人々の暮らしの元に届く「春」の訪れ。
 

3月5日より配信開始
タイトル:『夢の中で』 原題:In Dreams
国名:オランダ 尺:3分
あらすじ:ある一人の女性。彼女は「夢」の残骸を必死に掴み取ろうとしている。それは混乱の「現実」の中での一歩を踏み出すために。
 

3月12日より配信開始
タイトル:『男と女』 原題:VITRUM
国名:ドイツ 尺:7分
あらすじ:「洞窟」の中にいる1組の男女。彼らの間には高い壁の様なガラスがそびえ立つ。プラトンの「洞窟の比喩」を基に、現代のデジタル社会を描く。

その他、3月19日(金)に1作品、3月26日(金)に1作品追加し、3月には計5本のバーティカルショートフィルムを配信予定です。今後のスケジュールは、smash.公式Twitterでご確認ください。
https://twitter.com/smash_media_jp

【SSFF & ASIAについて】  https://www.shortshorts.org/

米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優 別所哲也が、米国で出会った「ショートフィルム」を、新しい映像ジャンルとして日本に紹介したいとの想いから1999年にアメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル創立。2001年には名称を「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」とし、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭に認定されました。また同年、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的とし、同年に 「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が誕生しました。
現在は 「SSFF & ASIA」を総称として映画祭を開催しています。また、2018年に映画祭が20周年を迎えたことを記念し、グランプリ作品はジョージ・ルーカス監督の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」となりました。 2019年1月には、20周年の記念イベントとして「ショートショートフィルムフェスティバル in ハリウッド」が行われ、2001年にSSFFで観客賞を受賞したジェイソン・ライトマン監督に、SSFF&ASIAから名誉賞が送られました。
また、2019年の映画祭より、オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門)およびノンフィクション部門の各優秀賞、最大4作品が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補とされる権利を獲得しました。
SSFF & ASIAは映画祭を通じて引き続き、若きクリエイターを応援してまいります。


【smash. (SHOWROOM株式会社)について】 https://smash-media.jp/

スマートフォンでの視聴に特化した短尺のバーティカルシアターアプリ。音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなど、様々な映像作品を配信します。さらに、お気に入りの映像コンテンツの一部を、二本の指でつまむようにして最大15秒まで切り取って保存するsmash.オリジナルの「PICK機能」を搭載。PICKした動画をご自身のマイページにコレクションしたり、SNSでシェアしたりすることが可能で、サービスを通じて新しいジェスチャー体験をしていただけます。また、プレミア公開(リアルタイム配信)でのチャット機能など、サービス内でお客様同士がつながって楽しめるソーシャル機能も提供しています。

・提供開始日:2020年10月22日(木)
・料金:月額550円(税込)
・提供会社:SHOWROOM株式会社
・SNS:https://twitter.com/smash_media_jp
・利用方法:
 Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.showroom.smash
 iOS https://apps.apple.com/jp/app/id1506521850

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パシフィックボイス >
  3. バーティカルシアターアプリ「smash.」にてSSFF&ASIAが厳選する世界の縦型ショートフィルムを独占配信!明日3/5から2作品を配信開始、以降毎週金曜日に最新作を追加。6月までに20本配信予定