宿泊者が持ち込んだ衣類等を通してポリオワクチンを寄付 スーパーホテルが「古着deワクチンプラン」の販売を拡大

環境保全や雇用創出にもつながるプランで宿泊者と共にSDGsを推進

「Natural, Organic, Smart」をコンセプトに国内166店舗のホテル運営を⼿掛ける株式会社スーパーホテル(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山本健策)が、11月15日より東京、大阪、奈良の5店舗にて「古着deワクチンプラン」の販売を開始しました。

https://www.superhotel.co.jp/
 
  • 「古着deワクチンプラン」とは
ワクチンがないために命を落とす世界の子どもたちのため、日本リユースシステム株式会社が運営する「古着deワクチン」事業を活用した宿泊プランです。
お客様に衣類等をお持ちいただき、詰めて送付すると、「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」を通じて開発途上国に1袋につき5人分のポリオワクチンが届けられます。
お部屋が片づくのはもちろん、大切にしてきた衣類が次の誰かの役に立ち、捨てずに活用されることで環境保全にもつながります。 


「古着deワクチン」事業について:https://furugidevaccine.etsl.jp/
「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」について:https://www.jcv-jp.org/
 
  • 取り組みの経緯
ホテルだけが取り組むのではなく、お客様と共にSDGsを達成したいという想いで、2021年1月より御殿場Ⅱ号館にて当プランの販売を始めました。
子どもの命を救う助けになるということでお客様の満足度も高く、販売開始から半年で多くのお客様にご利用いただき、約200本のワクチンを寄付することができました。
衣類等は現地で販売され、一連の作業のため国内外の障がいのある方や女性の雇用創出にも貢献しています。
様々な人がつながり、協力し合って目標達成に向かっているという実感があり、ホテルスタッフのモチベーション向上にも一役買っています。
このように感謝・感動の輪を回す取り組みをますます広げていきたいと考え、この度新たに5店舗にて当プランの販売を開始することとなりました。
 
  • 実施店舗と期間
・2021年1月~
スーパーホテル御殿場Ⅱ号館(https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/gotenba2/

・2021年11月15日(月)~
スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口(https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/yaesu/
スーパーホテルPremier銀座(https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/ginza/
スーパーホテルLohasJR奈良駅(https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/lohasnara/
スーパーホテルPremier大阪本町駅前(https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/honmachi/
スーパーホテルなんば・日本橋(https://www.superhotel.co.jp/s_hotels/nihonbashi/
 
  • 株式会社スーパーホテルについて
「Natural, Organic, Smart」をコンセプトとし、SDGsをテーマに持続可能なライフスタイルを提案するビジネスホテルで、国内166店舗を運営。きれいな空気や水、ソーシャルディスタンスに配慮したおもてなしなど、安心・安全で免疫力活性化につながるホテルサービスをご提供。従来の宿泊に限らず、テレワークや「安・近・短」のリフレッシュステイなど、ホテルの多様な使い方をご提案しています。
・公式サイト:https://www.superhotel.co.jp
・SDGsの取り組み:https://www.superhotel.co.jp/kaisya_r/eco_report/2021/report.pdf
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スーパーホテル >
  3. 宿泊者が持ち込んだ衣類等を通してポリオワクチンを寄付 スーパーホテルが「古着deワクチンプラン」の販売を拡大