セ・パe交流戦 前節 DAY2(S vs F、G vs L、D vs H)【eBASEBALLプロリーグ2020】

中日が強力打線のソフトバンク相手に快勝!

セ・パe交流戦 前節  DAY2【S vs F、G vs L、D vs H】のアーカイブはこちら!

 

「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1




【ヤクルト 6-1 日本ハム(クラウン)】
 


【出場プレイヤー】
S:矢吹○ F:佐藤●



セ・パe交流戦で、ともに黒星発進となったヤクルトと日本ハムが対決。試合は序盤に集中打を浴びせてペースを握ったヤクルトが快勝した。
先制点は1回裏、ヤクルト・矢吹が3番・山田で変化球をレフトスタンドに運ぶソロホームランで試合の主導権を握る。これで勢いに乗ったヤクルトは2回裏、西浦の2ベースを皮切りに日本ハム投手陣を攻め立て、5本の長短打を集中させて一挙に5得点。6対0と大きくリードを広げた。

ビハインドとなった日本ハム・佐藤は3回に代打・王の2ベースヒットでチーム初安打を記録するが、中田がリリーフした山中の前に倒れ無得点に終わる。4回表にはビヤヌエバでレフトにソロホームランを放つも、反撃はこの1点止まり。5投手の継投策で序盤のリードを守り切ったヤクルトが勝利し、e交流戦の成績を1勝1敗とした。
勝ったヤクルト・矢吹は軟投派の山中をワンポイントで投入する大胆策も成功し、嬉しいプロリーグ初勝利。日本ハム・佐藤は序盤に投入した投手陣のタイミングが合わず、際どいコースを狙うことが出来なかった。

■試合後コメント
ルーキー対決を制し、プロ初勝利を飾ったヤクルト・矢吹選手
「(勝利の味は)格別です。(かつてはパワプロの大会での優勝経験があるが)昔優勝したときは個人のトーナメント戦だったので、プロリーグはチーム戦なので、すごく楽しくて、嬉しいです」
 

ヤクルト・矢吹選手は見事プロ初勝利を飾る



【巨人 2-0 西武(クラウン)】
 


【出場プレイヤー】
G:館野○ L:香川●



巨人対西武の対決は、昨シーズンMVPの巨人・舘野が速いテンポで進んだ試合を制し、今シーズン初勝利を挙げた。
両チームともに積極的な打撃が目立った一戦。先制は1回裏、巨人は2ベースの坂本が丸のセンター前ヒットで生還し1点を挙げる。その後は2回、3回と三者凡退のイニングが続くが、4回表に丸が國場のストレートを捉えバックスクリーンへ追加点となるソロホームランを放ち、リードを2点に広げた。

菅野の前に4回まで1安打と封じ込められていた西武・香川だったが、最終回となる5回表に外崎と金子の連続ヒットでチャンスを作る。ここで巨人は高梨をマウンドへ送ると、代打・栗山にスライダーを打たせて併殺に打ち取り2死。なおも1発同点のシチュエーションが続いたが、最後は代打・メヒアをショートへのフライに抑え、巨人が逃げ切った。
勝利した巨人・舘野は厳しいマークを受けながらも待望の今季1号ホームランが飛び出し、3戦目にして今季初勝利。西武・香川は打撃面で精度を欠き、最終回の併殺打が痛かった。

■試合後コメント
待望の今季1号を放ち、今季初勝利を飾った巨人・舘野選手
「ホッとしました。自分は連敗でここまできてしまっていて、自分自身気分もなかなか上がってきていなかったので、ここから全部勝つつもりでやっていければと思います」
 

今シーズン初勝利をあげた昨シーズンMVP巨人・館野選手



【中日 7-2 ソフトバンク(クラウン)】
 


【出場プレイヤー】
D:岡久○ H:大上●



中日とソフトバンクのセ・パe交流戦は、初回に大量点を挙げた中日が快勝を収め、今シーズンチーム2勝目を挙げた。
1回表を無失点に抑えてリズムよく試合に入った中日・岡久はその裏、先頭のビシエドで初球を捉え右中間への2ベースを放つと、四球と犠打でチャンスを広げ、内野ゴロの間に先制する。さらに、続くチャンスでA・マルティネスの内野ゴロがショート・今宮の悪送球となり1点を追加すると、後続も3連打でこの回一気に5得点の猛攻を見せた。

大量リードを許したソフトバンク・大上は4回表、今宮でレフトへ2ランを放ち意地を見せるが、中日の小刻みな継投を捕まえきれず。4回裏にビシエドのソロホームランも飛び出し、中盤以降も効果的に加点した中日・岡久が7対2で勝利した。
自身今季初勝利の中日・岡久は、6投手をリレーしてスタミナの温存にも成功。敗れたソフトバンク・大上は痛恨のタイムリーエラーの後に立て直すことが出来ず、チーム初黒星を喫した。

■試合後コメント
大量7得点を奪い、ソフトバンクに今季初黒星をつけた中日・岡久選手
「初回にエラー絡みで点を取ることができて、今日はついているなと。日頃の行いがよかったからかなと思います(笑)。練習では良くなかったんですが、本番で覚醒しました」
 

中日・岡久選手は大量得点をあげ快勝


現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. セ・パe交流戦 前節 DAY2(S vs F、G vs L、D vs H)【eBASEBALLプロリーグ2020】