おいしさはそのまま、食品ロス削減!ホテルスタッフのアイデアから生まれた“はじっこ”コペンハーゲナー「The Edges of Kopenhagener」

京王プラザホテルのSDGsへの取り組み

京王プラザホテル(東京:西新宿、社長:若林克昌)では、愛され続けるホテルメイドの逸品であるコペンハーゲナーの製造過程で生じる切れ端を使用した「The Edges of Kopenhagener」を販売開始いたしました。長年にわたりエコロジーをはじめとした様々な取り組みを実施している中で、“はじっこ”コペンハーゲナーの商品化はホテルで働くスタッフのアイデアから生まれました。焼き上がったものをひとつひとつ手作業でカットする製造工程の途中で生じる切れ端。形は整っていないけれど、トロッとはみ出たあんずジャムやほろりと崩れるクッキー生地は変わらない美味しさです。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=ROMaheDlDRE


開業時から受け継ぐ伝統の味として愛され続けるコペンハーゲナーは、当時製菓担当料理長のハルトムート・カイテルが、修業時代にデンマークで出会ったお菓子を原型に独自のアレンジを加え、ホテルオリジナルの北欧風焼き菓子として誕生させました。バターと蜂蜜、アーモンドをふんだんに使ってじっくり焼き上げたコペンハーゲナーは、表面はカリっと香ばしく、中はしっとりと濃厚な美味しさです。時代の移り変わりに合わせて新たな形でお届けするホテルメイドの逸品です。

京王プラザホテルは、スタッフ一人ひとりがSDGsに対する意識を持ち、積極的に取り組むことで、サステナブルな社会の実現につとめてまいります。

■「The Edges of Kopenhagener」概要[数量限定]
店舗/時間:本館2階/フードブティック<ポピンズ> 10:00~19:00(土日祝日9:30~)
販売価格: 1袋900円(税込)

商品ページ:https://www.keioplaza.co.jp/guide/shop/poppins.html#event04
お問合せ・ご予約:(03)3344-0111(代表)【レストラン予約】

京王プラザホテルのSDGsに対する取り組み:https://www.keioplaza.co.jp/corporate/sdgs/
基本理念である「生き生きとしたヒューマンスペース=広場(プラザ) の創造」のもと、幅広いお客様が集い憩う広場(プラザ)として、国や人種を越えた出会いとふれあいの場でありたいという思いとともに、お客様に喜んでご利用いただくことという、本業の事業活動の充実化を通じて社会に貢献することを目途にバリアフリーやエコロジー対応への整備を進めております。業界に先駆けて行ってきたユニバーサルサービスの推進が評価され、2021年9月10日付にて観光庁が定める「観光施設における心のバリアフリー認定制度」に東京都では唯一認定されました。ホテルで働くスタッフ一人ひとりがSDGsに対する意識をもち取り組むことで「プラザ」を創造し、持続可能な社会の創造に貢献してまいります。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、予告なく内容を変更させていただく場合がございます。最新の情報はホームページをご確認ください。 

【京王プラザホテルの新型コロナウイルス感染症への取組み】
公式ホームページ:https://www.keioplaza.co.jp/news/safety/
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=5Gp7ax9O7Ik
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王プラザホテル >
  3. おいしさはそのまま、食品ロス削減!ホテルスタッフのアイデアから生まれた“はじっこ”コペンハーゲナー「The Edges of Kopenhagener」