はてなが集英社「少年ジャンプ+」にストア機能を提供。電子コミックのレンタルサービスでマネタイズを支援

株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)は、株式会社集英社(以下、集英社)のデジタルマンガ雑誌サービス「少年ジャンプ+(プラス)」ブラウザ版(Web版)にて、当社開発のマンガビューワ「GigaViewer」のストア機能が採用され、2019年5月27日より提供を開始したことをお知らせします。これにより、ユーザーは「ポイント」の購入が可能になり、作品を1話単位でレンタルして楽しむことができます。当社では「GigaViewer」が備えた収益化支援のための機能やサービスを通じて、出版社を中心としたコンテンツホルダーにとって理想的な、Webマンガサイトの成長を加速する統合的なソリューションの提供を目指してまいります。

▽ 少年ジャンプ+(プラス)
集英社の週刊少年ジャンプ編集部が運営する「少年ジャンプ+」は、人気マンガ家による新作や歴代ヒット作を無料で読むことができ、ブラウザ版とアプリ版で展開するデジタルマンガ雑誌サービスです。
https://shonenjumpplus.com/

「ストア機能」イメージ

Webマンガサイトやマンガアプリを使って、ユーザーがマンガ作品(電子コミック)を閲覧する際に必要なソフトウェアが「ビューワ」です。ユーザーに快適な読書体験を提供するには、高品質なビューワが不可欠です。

当社では「はてなブログ」や「はてなブックマーク」などの個人向けWebサービスの提供で培った技術力を活かし、Webサイトとしての魅力を引き出せるマンガビューワである「GigaViewer」を開発しました。2017年1月の提供開始以降、「少年ジャンプ+」「となりのヤングジャンプ」(株式会社集英社)、「マガジンポケット」「コミックDAYS」(株式会社講談社)、「くらげバンチ」(株式会社新潮社)、「ヒーローズ」(株式会社ヒーローズ)、「コミックボーダー」(リイド社)の計7サービスに導入いただいています。

「GigaViewer」は、継続的な機能開発により、ユーザーが快適にマンガ作品を楽しむための各種機能に加え、サービス提供者の運用コストを削減する管理機能、広告によるマネタイズ支援など、機能とサービスの拡充に取り組んでまいりました(※1)。

このたび「少年ジャンプ+」ブラウザ版に採用された「GigaViewer」の「ストア機能」により、ユーザーは、サービス内で利用できる仮想通貨である「ポイント」の購入が可能になりました。「ポイント」を使うことで、マンガ作品を1話単位でレンタル(48時間)することができ、これまでアプリ版でしか提供されていなかったレンタルサービスをブラウザ版でも同様にお楽しみいただくことができます。

当社では、2017年1月より「少年ジャンプ+」ブラウザ版における「GigaViewer」の提供と広告によるマネタイズ支援に取り組んでまいりました(※2)。このたびの「ストア機能」の提供で課金モデルでのマネタイズを可能にし、集英社とともに、さらなるサービスの成長を目指します。

はてなでは今後も、自社サービスで培ってきた技術力とマネタイズを含む運営ノウハウを活用し、企業のサービス開発・運営・収益化を支援してまいります。

※1:「GigaViewer」主な機能一覧
安定したマンガ表示スピードの実現/販売レポート機能/回遊率向上を意識した設計/ポイント購入システム/サービス収益化支援(はてなによる広告の運用・販売)/決済代行会社とのデータ連携/雑誌・単行本登録機能/ストア機能(単行本・1話・定期購読、レンタルなどに対応)/スマートフォンアプリへのAPI連携/DRM対応/目次機能(雑誌・単行本向け)/書誌データエクスポート機能/単行本分割機能/RSS配信機能/ディープリンク対応/WEBとアプリの画像出し分け機能/ブログパーツ化機能/作品関連情報・SNSでの反響表示/PC・スマートフォン表示/縦読み・横読み(右開き・左開き)対応/拡大表示/媒体に最適化した表示/GIF動画対応/EPUB・JPG形式対応/作品の巻頭巻末へのリンクに対応/SNSウィジェットの埋め込み対応/ログイン機能/マイページ機能(ポイント残高や購読状況が確認可能)/オフラインでのマンガ閲覧に対応/まとめ読み機能/既読管理機能/本棚機能/WEBP対応(ビューワ間移動の高速化)/更新通知機能

※2:2017-01-18 はてなプレスリリース
はてな開発の新マンガビューワを「少年ジャンプ+」が採用。集英社と共同でサイト成長、マネタイズの両面を加速
https://hatenacorp.jp/press/release/entry/2017/01/18/113000

■ 株式会社はてな 概要
https://hatenacorp.jp/
本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル9F
東京オフィス:東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F
代表取締役社長:栗栖義臣
設立:2001年7月
事業内容:
登録ユーザー数:約786万人・月間ユニークブラウザ数:約2.38億(※2019年1月実績)のコンテンツプラットフォームサービスを運営。代表的なサービスは国内最大級のソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』や最新鋭のブログサービス『はてなブログ』など。
コンテンツプラットフォームサービスで培われた技術力やユーザーパワーを活かした様々なソリューション&サービスも提供中。オウンドメディア専用CMS『はてなブログMedia』、新世代のSaaS型サーバー監視サービス『Mackerel』ほか。また、おもにコンテンツプラットフォームなどのWebサービスおよびアプリの共同開発事例も多数。

※記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社はてな >
  3. はてなが集英社「少年ジャンプ+」にストア機能を提供。電子コミックのレンタルサービスでマネタイズを支援