「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」本日よりカードによる寄付を受付開始

 公益財団法人日本オリンピック委員会(東京都渋谷区、会長:竹田恆和、以下JOC)と、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:安渕聖司、以下「Visa」)は本日より、東京2020オリンピックを目指すトップアスリートの強化支援を目的とした「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」において、カードから直接寄付を受け付けるプログラムを開始致します。
 本プログラムは、Visaカード保有者がご自身のカードを利用して、東京2020オリンピックを目指すアスリート支援を目的に寄付すると、国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドスポンサーであるVisaが、その金額と同額を寄付するマッチング式のプログラムにもなっております。
 寄付金の総額はJOCを通じて東京2020オリンピックに参加する競技団体へ分配、東京2020オリンピックを目指し、世界で活躍するアスリートのための強化費として活用されます。


 JOCとVisaは、本プログラムを通じてVisaカード保有者の皆さまと共にアスリートを支援することで、2年後に迫った東京2020オリンピックの成功ならびにオリンピック日本代表選手団の活躍に貢献したいと考えております。

 


寄付プログラム概要
●  寄付受付期間:2018年9月28日から2年間
●  寄付方法:Visaカード保有者がご自身のカードを利用し、JOC公式ウェブサイト上の寄付
       プログラムページから500円を1口として、4口以上から寄付いただけます。
●  ウェブサイト:https://www.joc.or.jp/donation/athletes/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビザ・ワールドワイド >
  3. 「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」本日よりカードによる寄付を受付開始