施工音低減や廃材抑制など、リフォーム向けフローリング床改修工法を開発

 独立行政法人都市再生機構(以下、UR都市機構)とナオス・テック株式会社(以下、ナオス・テック)は、施工音低減や廃材抑制などを可能とする、リフォームに適した「フローリング用床張りシート施工方法」(以下、床張りシート施工方法)を開発いたしました。(特許出願済:2019年11月)

既存フローリング床に張る特殊シート既存フローリング床に張る特殊シート

 本工法は、賃貸住宅の維持・管理等を行うUR都市機構と、フローリング床改修における建材や施工のノウハウを有するナオス・テックが共同開発したもので、従来のフローリング床改修の施工方法と違い、「切って、張る」だけの簡便な施工方法になります。
 これにより、施工音の低減、工期短縮、低コスト化、廃材抑制などの環境配慮への対応を実現できるだけでなく、ストック社会への転換によるリフォームの増加が予想される中、建設業界の職人不足にも対応した有益な工法として、広くご活用いただけるものと考えております。

□床張りシート施工方法の施工ステップ
①既存フローリング床の平滑処理
◆サンドペーパーを使用して、床の凹凸や小さい傷を補修。
◆深い傷などにはパテを充填し、ペーパーで平面にする。

 

②既存フローリング床にシート張り
◆各現場に合わせてカットしたシートをフローリングに張る。
◆床だけではなく、玄関框(かまち)や階段にも施工可能。


③仕上げ・補修
◆シート接着後、既存の目地に沿ってカット、目地入れ。
◆シートが破損した場合も、そのシートのみの張り替えが可能でメンテナンスも簡単。


□床張りシート施工方法の特徴
・「床張りシート施工方法」は、フローリングリフォーム工事における、コスト・工期・クレームなどの問題を解消する新たなフローリングリフォーム工法です。

・施工の基本工程は大きく分けて、「①下地処理⇒②シート張り⇒③仕上げ」の3ステップ。既存のフローリングを撤去する工程がないため、廃材を出さずに、工期の短縮、低コストでの施工が可能になります。また、「切って張る」だけの簡便な施工方法であり、音の出る機材を使用しないことからも、リフォームに適した工法です。

●本工法の特徴  
・既存フローリング(遮音タイプ、床暖房も可)の上に施工可能 ・工期短縮   
・低コスト化 ・低騒音 ・廃材抑制・部分張替えなどメンテナンスが容易(補修も容易)

床見切り材の改修例床見切り材の改修例


・本工法に用いるシートは、フローリング柄が印刷されたオレフィンシート(約0.2mm厚、凸版印刷株式会社の協力により開発)で、耐久性・耐水性に優れ、表面のデザイン性も高いため、既存のフローリング床の他、上り框や床見切り等の細かな箇所への施工に加え、階段のリフォームも美しい仕上がりになります。
 

階段の改修例階段の改修例

・本シートの接着面の糊(株式会社オカノの協力により開発)は、研究と実験を重ねたことで、最適な粘着力を発揮し、施工性も高いものとなっています。平温での実験に加えて、床温度を上昇させ耐久性と粘着力を試験した結果、床暖房の入っているフローリングへの施工も可能となりました。

※UR施設にて試験施工を行い、1年が経過しておりますが、剥がれなどの不具合は確認されておりません。引き続き、経過観察と検証を継続してまいります。

□床張りシート施工方法の技術提供
 本工法については、必要な方々に広く技術提供を行ってまいります。採用をご検討される事業者様は下記までお問合せください。

問合せ先:
独立行政法人都市再生機構 技術・コスト管理部 技術調査課
email:gijutu-joho@ur-net.go.jp
ナオス・テック株式会社  
email: info@naosstec.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. UR都市機構 >
  3. 施工音低減や廃材抑制など、リフォーム向けフローリング床改修工法を開発