AIで振込業務効率化サポート「Toriders(トリダース)」7月27日新機能追加、更なる利便性向上へ

〜2022年1月の改正電子帳簿保存法施行に向け準備は進んでいますか?〜 Toridersはログインせずに請求書をアップロード可能に!

株式会社mofmof(本社:東京都渋谷区、代表取締役:原田 敦、以下「mofmof」)が運営する自然言語処理・AIを活用しデータ登録・振込・保管することで振込業務効率化をサポートするサービス「Toriders(トリダース)」 は、2021年7月27日に新機能を追加し、大幅アップデートいたします。

 


■ いよいよ施行が近づく改正電子帳簿保存法、対策は済んでいますか?
2022年1月に施工予定の改正電子帳簿保存法により、これまで以上に請求書や契約書などの国税関係帳簿書類を「紙」ではなく「電子データ」として保存することが可能となります。テレワークの妨げとなっていた紙ベースの経理業務ですが、今回の法改正で大幅に規制緩和が予定されています。そのため、経理業務電子化に向けた体制を作るきっかけとしてペーパーレス化を進めている企業が増加しています。
また、2023年10月には幅広い自業者に影響を与えるインボイス制度が開始されます。一つ一つの取引に対して書譜非税額を記載する必要があるため、今後の会計処理はさらに煩雑化。そのため、より一層経理の電子化の動きは加速していくと考えられます。

■更なる需要拡大とユーザーニーズに応えるべく、新機能を多数追加!
Toridersは、2019年よりAIを使った振り込み業務自動化サービスとして経理業務の電子化をサポートしてまいりました。今回、更なる経理電子化に向けた需要拡大により、新たな機能を追加しサービスを拡張いたします。今回のサービス拡張で、更なるユーザビリティの向上を目指します。
 
  • メール送付でシームレスな請求書処理を実現

 

メール受取履歴メール受取履歴


専用のメールアドレスに請求書のPDFを添付してメールを送ることで、Toridersに自動アップロードされる機能を追加しました。この機能を活用することで、Toridersにログインすることなく請求書をアップロードすることが可能となります。
メールでアップロードした履歴はToriders上にて簡単に確認ができ、請求書ファイルが添付されていなかった場合や、PDFではなく別のデータの添付などで正常に取り込めなかった場合はエラー表記がされるため、データの未反映を発見しやすく、ミスを防ぎやすいUI設計となっております。
 
  • 複数人でのアカウント利用/遠隔勤務でも利用しやすく他支店の連携も簡単に!
複数人での同一アカウント運用が可能となり、複数の経理担当者が振り込み業務を実施している場合や、複数拠点から請求書をアップロードして本部がまとめて振り込みを行う場合などに利用しやすくなりました。請求書の一覧画面にはアップロード者の氏名も表示されるため、担当者を一目で把握することが可能となります。
フリープランで共有可能なユーザー数は5ユーザーまでで、それ以上の人数に共有したい場合は別途お問い合わせください。
 
  • 承認機能を実装!承認フローが必要な企業でもご利用いただけるようになりました

 

承認機能承認機能


振込業務において複数人が担当し、承認フローを設けている企業でご活用いただける機能として、新たに請求書の承認機能を追加しました。承認者と一般ユーザーで権限を分けることができ、一般ユーザーは請求書の内容を確認後に承認依頼を出し、承認者が承認することによって、一般ユーザーは総合振込のファイルを出力することが可能になります。

■フリープラン開放中!今なら無料でお使いいただけます
毎月の処理枚数が少ない方や少しずつ電子化を進めていきたい方に向けて、Toridersでは現在フリープランを設けております。月50枚まで無料でお使いいただくことが可能ですので、請求書の振り込み業務でお悩みの方はぜひご登録ください。
サービス詳細・登録に関しましては以下のページよりご確認ください。
https://lp.toriders.app/

■Toriders(トリダース)とは

Toriders(トリダース)は、請求書特化のAI解析エンジンを活用しデータ登録・振込・保管することで振込業務効率化をサポートする振込業務自動化サービスです。あらゆる形式の請求書をAIが解析・一瞬で振り込み情報を取り出して電子データ化することで、従来数時間〜数日かかっていた毎月発生する支払い(振込)業務を大幅に短縮することが可能で、毎月の経理業務の業務効率化をサポートします。

□Toridersサービスページ  https://lp.toriders.app/

【Toriders搭載機能】
  • 請求書解析:バラバラなフォーマット請求書を読み取って、情報を自動的に抽出します。
  • 全銀フォーマット対応:多くの金融機関やシステムが対応している全銀フォーマットに対応することでほとんどのネットバンキングで利用可能です。
  • 弥生フォーマットCSV出力:会計ソフトに連携するために、請求データから弥生フォーマットに変換して出力することができます。
  • ファイル分割機能:請求書ファイルを1枚ずつ分割してアップロードすることができるため、大量の紙の請求書も1回のスキャンで済ませることができます。
  • 二重振込防止機能:同じファイルをアップロードすると警告メッセージが表示されます。アップロード時に気づくことができるので、二重処理の防止に役立ちます。
  • 支払管理台帳:請求データを元に、どの取引先にいついくら支払ったか可視化できる、支払管理台帳が作成されます。
  • OCR(光学的文字認識)解析:紙媒体の請求書でもスキャンして取り込むことで自動的にテキスト化・解析することができます。
  • 組織管理機能:振り込み・支払い代行サービスを提供している会計事務所・税理士事務所や複数拠点のある企業向けに、複数の組織の支払い管理ができるシステムがあります。

■株式会社mofmofについて
「つくって人を幸せにする」というビジョンを持ち、技術を中心に事業を展開。
従来の開発会社の受託開発とは異なり、実際にソフトウェアを動かしながら、仕様変更を繰り返していく作り方を提供する月額制ソフトウェア受託開発「開発チームレンタル」を主軸に、スピーディーで柔軟なWEB開発を実現。また、社内問い合わせ対応AIチャットボット「My-ope office」の開発・運営とAI・チャットボットの情報メディア「My-logue」の運営や、複数の請求書のPDFファイルをアップロードするだけで、振込に必要な入金先口座情報・金額を自動的に抽出してまとめてCSVファイルにするサービス「Toriders(トリダース)」など自社における新規事業開発も積極的に行っている。

■株式会社mofmof 会社概要
【社名】株式会社mofmof(モフモフ)   【本社所在地】〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14−10 渋谷コープ403
【代表者】代表取締役 原田 敦  【設立】2015年4月  【資本金】2,000,000円  【URL】 https://www.mof-mof.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社mofmof >
  3. AIで振込業務効率化サポート「Toriders(トリダース)」7月27日新機能追加、更なる利便性向上へ