国産MAツール「SATORI」外部ツールとの連携サービスを提供開始

~kintoneとSales Cloudを皮切りに連携先を順次拡大~

マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、外部ツールとの連携サービス「データ連携オプション」を本日より提供開始します。これにより、SATORIと外部ツールをシームレスに連携させて利用することが可能になりました。要望の多かった2種類のCRMツール、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する「Sales Cloud」とサイボウズ株式会社が提供する「kintone」を皮切りに、連携可能なツールを順次拡大してまいります。

※ 「kintone」の名称は、サイボウズ株式会社の登録商標です。
※ 「Sales Cloud」は、米国その他の国におけるセールスフォース・ドットコム社の登録商標です。
■特長
・「SATORI」に登録された見込み顧客情報を任意のタイミングで「kintone」や「Sales Cloud」へ連携可能
・「kintone」や「Sales Cloud」に登録された見込み顧客情報を任意のタイミングで「SATORI」へ連携可能
・「SATORI」に記録された見込み顧客のアクション情報を「kintone」や「Sales Cloud」へ連携可能
・外部サービスとの連携を「SATORI」利用ユーザーは個別開発なしに実現可能
 

※図「SATORI」データ連携オプション サービス提供イメージ※図「SATORI」データ連携オプション サービス提供イメージ


■データ連携基盤について
「SATORI」と外部ツールとをつなぐデータ連携基盤として、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社が提供する「QanatUniverse」を採用しております。今後は更なるCRM/SFAツールの他、「SATORI」利用ユーザーマーケティング活動を支援する様々なツールとの連携を実現できるよう開発を進めてまいります。

■費用 ※いずれもカスタマー数5万件まで定額
  • 「kintone」連携    : 初期費用50万円、月額費用5万円
  • 「Sales Cloud」連携 : 初期費用100万円、月額費用5万円

■JBアドバンスト・テクノロジー株式会社のコメント
JBアドバンスト・テクノロジーは、当社のクラウド連携プラットフォーム「QanatUniverse」が、多くのマーケターを支援する「SATORI」と外部ツールとのデータ連携基盤として採用されたことを嬉しく思います。本協業によりこれまで個別開発やデータ連携に関する手作業が一掃され、利用企業様の連携コストが大きく改善されることを確信しており、今後もあらゆる他社製品と「SATORI」との連携に寄与することで、マーケティングの業務改革が促進されることを期待しております。
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社 代表取締役社長 藤岡 英二 氏

【マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー】
導入をご検討いただいている企業様向けセミナーを毎週開催しています。マーケティングオートメーションの基礎から「SATORI」のフル活用事例、管理画面のデモンストレーションまでを90分でお持ち帰りいただけます。詳細は下記紹介ページをご覧ください。
マーケティングオートメーション「SATORI」紹介セミナー
https://satori.marketing/satori-seminar/

【ダウンロード資料】
SATORI株式会社では、マーケティングオートメーションや「SATORI」について理解を深めていただける各種コンテンツを用意しています。詳細・ダウンロードは以下のページよりご利用ください。
https://satori.marketing/satori_materials/

【「SATORI」について】
「SATORI」は、“実名の見込み顧客”にとどまらず“匿名の見込み顧客”にもリードナーチャリング可能な国産マーケティングオートメーションツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名見込み顧客に対してのナーチャリングを実現することで、自社にとって購買意欲の高い見込顧客を継続的に創出することが可能になります。詳細はウェブサイト( https://satori.marketing/)をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SATORI株式会社 >
  3. 国産MAツール「SATORI」外部ツールとの連携サービスを提供開始