渋谷区観光協会×表参道ヒルズ×ナビタイムジャパン 地元小学生の地域観光学習を支援

~渋谷区立神宮前小学校の総合学習にて、地域在住クリエイターらも協力して観光ガイドを制作~

一般財団法人渋谷区観光協会(代表理事:金山 淳吾、所在:東京都渋谷区)、表参道ヒルズ(館長:波多野 智也、所在: 東京都渋谷区)、株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、渋谷区における、地域 交流や地域の魅力発信を目的とした共同プロジェクトの第 2 弾として、渋谷区立神宮前小学校 5 年生の「総合」授業で、原宿をフィールドに地域観光学習への支援を行いました。本プロジェクトでは、渋谷の街に関わる企業や人々の地域活動のあり方を模索しており、2019 年 3 月に、プロジェクトの 第 1 弾として、渋谷区立千駄谷小学校の生徒を中心に地域の方々と協働で、訪日客向けの英語による観光ガイドマップを制 作しました。今回はこの取り組みの第 2 弾として、渋谷区立神宮前小学校 5 年生の「総合」授業における地域観光学習を支援し、原宿をフィールドにした観光ガイド「HARAJUKU MAP」を制作しました。第2弾では、「HARAJUKU MAP」の紙面に日本語も併記するなど、将来的な訪日客向け観光ガイドとしてだけでなく、“地域の情報誌”としての役割も意識しました。

授業では、渋谷区観光協会や表参道ヒルズ、ナビタイムジャパン、クリエイターらによる講義やワークショップ、フィール ドワークが行われ、子どもたちは店舗へのヒアリングや移動のビッグデータを活用した地域の課題抽出を行いました。その上で、編集テーマを決定し、店舗への取材、写真撮影、編集、イラスト制作までを 3 ヶ月間・合計 20コマ (1コマ 45 分)の授業時間の中で行いました。

完成した観光ガイド「HARAJUKU MAP」は、スイーツ、おみやげ、隠れスポット、インスタ映えスポット、和を感じられるス ポット、旅行の最終日に行きたいスポットなどをジャンル別に掲載し、小学生ならではの視点で編集されています。表参道ヒ ルズをはじめ、観光案内所や駅など、地域の協力を得て、渋谷区内で配布されます。

昨今の情勢から、関係人口創出といった新たな観点で観光のあり方が問われるなか、地域を訪れる人々と地域の住民が、より近い感覚で交流の場や時間を過ごせる仕組みづくりが重要視されています。本プロジェクトでは、地域の将来を担う子どもらと共に、地域側の受け入れ態勢や未来の地域活動のあり方について、活動を通じて検討して参ります。

■共同プロジェクトの概要
一般財団法人渋谷区観光協会では、外国人を対象にした他言語による、来街者へのコミュニケーションを課題としており、来る 2021 年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、「PLAY !DIVERSITY SHIBUYA /多様な遊びができる街・シブヤ」をコンセプトに、様々な来街者や世代に向けて情報発信してまいりました。

本プロジェクトでは、東京オリンピック・パラリンピック開催延期を迎えておりますが、渋谷の街に関わる企業や人々はど う受け入れ、変化をしていくのか、2020 年その先の東京観光の在り方として、有形・無形のレガシーをいかに創出し次の観光資源に生かしていくかをテーマに取り組みます。

■「HARAJUKU MAP」のデザイン 

 


■実地調査、授業に取り組む小学生らの様子 


■各社及びクリエイターの役割

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 渋谷区観光協会 >
  3. 渋谷区観光協会×表参道ヒルズ×ナビタイムジャパン 地元小学生の地域観光学習を支援