1万円からの不動産投資「FANTAS funding」累計10億円調達、不動産テックで「⼩⼝不動産投資家」を多数創出

〜サービス開始1年で30ファンドを償還し、すべて当初想定利回りを達成〜

リアル×テクノロジーの⼒で不動産投資と資産運⽤を⾝近に、スマートに届けるFANTAS technology株式会社 (本社:東京都渋⾕区、代表取締役:國師 康平、以下「当社」) は、1⼝1万円からの不動産投資としてオンライン完結型の不動産投資型クラウドファンディング事業「FANTAS funding(ファンタスファンディング)」を2018年10⽉からスタートし、2019年10⽉11⽇の第14回調達完了をもって、約1年で累計調達額10億円を突破したことをお知らせいたします。
これまで全62ファンドを組成し、すべてのファンドで予定額を満額調達。うち30ファンドが償還済であり、そのすべてが当初想定していた予定利回りを達成して、運営を終了しております。

 


◾これまでの実績
 2018年10⽉のサービス開始からこれまでに計14回の募集を⾏い、累計で10億を超える資⾦調達が完了。第3回〜第14回の募集では、開始1分程度で受付終了になるなど、投資家の皆様の投資ニーズが⾼く、順調に稼働しております。今後もクラウドファンディングを活⽤することによって、不動産投資を⾝近に感じていただけるよう、より多くの投資機会を創出するとともに、新しいプロジェクトの提供にも取り組んでまいります。

<累計調達>
●FANTAS check PJ(中古不動産流通プロジェクト)
組成ファンド数:42ファンド
合計募集額:909,970,000円
当初想定利回り:4.0〜8.0%

●FANTAS repro PJ(空き家再⽣プロジェクト)
組成ファンド数:20ファンド
合計募集額:103,540,000円
当初想定利回り:8.0〜10.0%

●総合計
総組成ファンド数:62ファンド
総合計募集額:1,013,510,000円

<累計償還>
●償還済ファンド合計:30ファンド
分配⾦総額:11,254,569円

◾FANTAS fundingとは
 FANTAS fundingは、最短3ヵ⽉からの運⽤期間、1⼝1万円からオンライン上で不動産事業に投資し、賃貸または売却からの収益に基づいた分配が受けられるサービスです。
 弊社がプロジェクト全体の20%程度を劣後出資することで、不動産の価値が低下した場合でも、劣後出資分までであれば、投資家の投資元本が守られる仕組みを構築しております。また、当社は不動産特定共同事業法に基づく事業の許可、及び電⼦取引業務の認可を取得しているため、クラウドファンディングの仕組みを通じて、オンライン上で投資を完結いただくことが可能となっております。

◾ご利⽤の流れ

 

 

(URL:fantas-funding.com)(URL:fantas-funding.com)

 FANTAS fundingに会員登録後、マイページから出資者登録を⾏っていただきます。出資者登録には、銀⾏⼝座の登録、本⼈確認書類のアップロード等が必要になります。登録受付後、審査・本⼈確認⼿続が完了しましたら、成⽴前書⾯のご確認・ファンドへの出資の応募が可能となります。
 出資確定後、契約・⼊⾦⼿続を経て、ファンドの運⽤を開始いたします。運⽤期間終了後、各ファンドの運⽤終了⽉の20⽇(⼟⽇・祝⽇の場合は翌営業⽇)までにご登録頂いた銀⾏⼝座に出資⾦と分配⾦をお振込みいたします。

【会社概要】
社名 :FANTAS technology株式会社
本社 :〒150-0013 東京都渋⾕区恵⽐寿4-3-8 KDX恵⽐寿ビル5F
代表者 :代表取締役 國師康平
設⽴ :2010年2⽉22⽇
資本⾦ :1億円
URL :https://fantas-tech.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FANTAS technology株式会社 >
  3. 1万円からの不動産投資「FANTAS funding」累計10億円調達、不動産テックで「⼩⼝不動産投資家」を多数創出