AirX、ビジネスジェット事業を展開する双日から資金調達を実施

ヘリとジェットの知見を活かし、"空飛ぶクルマ"時代の到来を見据えて事業拡大

株式会社AirX(本社:東京都新宿区,代表取締役 手塚 究,以下「AirX」)は、双日株式会社(本社:東京都千代田区,代表取締役社長 CEO 藤本 昌義,以下「双日」)から、ビジネスジェットとヘリコプターの知見を活かした、空飛ぶクルマ時代の到来を見据えたサービスの拡充、新たな事業展開を図るべく、資金調達を実施致しました。(※)

                   【AirXと双日のメンバー】

           【双日のビジネスジェット(車両提供:双日オートグループ大阪㈱)】 

                    【AirXのヘリコプター】
                 
 日本はヘリポート数が世界トップクラスにも関わらず、規制などにより多くが有効活用されていないのが現状です。一方で、空の移動革命を見据え今後規制緩和が進められていくとともに、移動の利便性の認知やコロナ禍において集団移動を避けた移動手段としてのヘリ需要が増大する見通しです。

 AirXは、ヘリの遊休機を活用し、ヘリの運航会社と利用者のマッチングができる以下2つのプラットフォームを提供することで、予約に要する時間が長い・高価格といった従来のヘリサービスの課題解決や、これまでなじみが薄かったヘリ移動の普及に貢献しています。その結果、自動車の約4分の1の移動所要時間・従来のヘリサービスの約10分の1の利用料金を実現しています。

1.ヘリによる遊覧飛行予約プラットフォーム
「AIROS Skyview(エアロススカイビュー)を開発・提供。東京、京都、大阪、横浜を中心に日本全国で年間1,000件以上の遊覧飛行を実施。

2.ヘリのチャーター(貸切)予約プラットフォーム
「AIROS(エアロス)」を開発・提供。日本全国のヘリチャーターサービスをオンデマンドで利用可能。主に東京や京都を起点に、年間200件以上のチャーターを実施。累計利用者数は15,000人以上。

 双日は、2003年より日本で先駆的にビジネスェット事業を開始、2005年に運航管理事業に参画、2017年に米国籍機体の運航管理をおこなうPhenix Jet International(フェニックスジェットインターナショナル)社を設立し、Phenix Jet グループとして国際線チャーター運航事業を開始、2018年にはANAホールディングスとともにANAビジネスジェット株式会社を設立し国内外におけるチャーターの手配サービス事業を展開するなど、事業を拡大してきました。

 今回双日から資金調達を行うことにより、ビジネスジェットの利用者に向けたヘリ促進や、ヘリの利用者へのビジネスジェット利用促進などの相乗効果を見込むとともに、これまでAirXが培ってきたヘリコプターの運航知識や業界ノウハウ、顧客との関係性を活用しながら、ビジネスジェットとヘリの共通プラットフォームを共同開発するなど、モビリティ利用者に向けた新なサービス展開を拡充し続けていきます。

(※)2019年1月にペガサス・テック・ベンチャーズ(所在地:米国、代表パートナー兼CEOアニス・ウッザマン)と共同で設立したコーポレート・ベンチャーキャピタルを通じた出資です。

【双日株式会社 会社概要】
社  名:双日株式会社
設  立:2003年4月1日
住  所:東京都千代田区内幸町2-1-1
代  表:代表取締役社長 CEO 藤本 昌義
事業内容:自動車、航空産業・交通プロジェクト、インフラ・ヘルスケア、金属・資源・リサイクル、化学、生活産業・アグリビジネス、リテール・コンシューマーサービスの7つの本部体制で、国内外での多様な製品の製造・販売や輸出入、サービスの提供、各種事業投資など
U R L:https://www.sojitz.com/

【株式会社AirX 会社概要】
会社名:株式会社AirX
住所:東京都新宿区西新宿1-1-6 ミヤコ新宿ビル 12SHINJUKU 718
設立:2015年2月23日
代表取締役:手塚 究
事業内容:旅行手配事業、航空運送代理事業
会社URL:https://airx.co.jp
サービスURL:[AIROS] https://airos.jp [AIROS Skyview] https://skyview.airos.jp

株式会社AirXは、スマートモビリティ社会の実現に向けて、空の交通デジタルプラットフォームを開発するテクノロジー企業です。遊休ヘリと着陸地の独自データベースに基づく国内唯一のヘリ手配オンデマンドシステムを構築し、ヘリの即時予約と運賃の低価格化を実現しました。現在ヘリのチャーターサービス「AIROS(エアロス)」「AIROS Skyview(エアロススカイビュー)」を運営。次世代航空機の登場によるエアーモビリティ市場の急拡大を視野に、空の交通を最適化していきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AirX >
  3. AirX、ビジネスジェット事業を展開する双日から資金調達を実施