【仙台市×楽天イーグルス】エンターテックアイデアソン開催

テクノロジーで仙台・東北をアップデート!選ばれたアイデアは、楽天生命パーク宮城や仙台市街で実証実験!

株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)は、2019年2月2日(土)と3日(日)に楽天生命パーク宮城で、「仙台市×楽天イーグルス エンターテックアイデアソン」を開催することとなりましたので、お知らせ致します。
本アイデアソンは、仙台市のITビジネスエコシステム※1の構築を目指す『SENDAI X-TECH Innovation Project※2』の一環として開催されます。

※1:企業や自治体などが外部連携を通じ、それぞれの技術や強みを活かしながら、既存産業の垣根を越えて共存共栄するビジネス上の生態系
※2:https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/service/2018/20181129_01/

なお、2019年1月25日(金)まで、特設サイトhttps://eiicon.net/about/entertech-ideathon/
にて参加者を募集致します。



<「仙台市×楽天イーグルス エンターテックアイデアソン」開催 主旨>
人口減少や少子高齢化、産業衰退をはじめたとした社会課題が特に深刻化しつつある地方都市では、テクノロジーを活用した新規事業の創出による地方創生が期待されています。そのような背景を受け、「eiicon」と「TECH PLAY」が仙台市とともに立ち上げたのが、仙台市のITビジネスエコシステムの構築を目指す『SENDAI X-TECH Innovation Project』です。
そしてこの度、本プロジェクトの一環として、「仙台市×楽天イーグルス エンターテックアイデアソン」を開催する運びとなりました。本アイデアソンでは、“ファンをワクワク!させるスタジアムソリューション”と、“まちをワクワク!させるコラボレーション”というテーマのもと、楽天イーグルスの試合、来場者並びにスタジアムでの購買等に関するデータや各種施設などのリソースを活用し、仙台市、そして仙台市内外のIT企業と共創することで、スポーツ観戦をさらに楽しむためのコンテンツ創出を目指します。
アイデアソンにて選出されたアイデアは、その後のインキュベーションを経て、楽天生命パーク宮城で開催される楽天イーグルスの一軍戦や、仙台市のスポットにて実証実験を進めます。最優秀賞には賞金20万の贈呈、スペシャルスタジアムツアー付野球観戦へのご招待、さらに参加者全員を2019年に楽天生命パーク宮城で開催される楽天イーグルス一軍戦にご招待致します。


<「仙台市×楽天イーグルス エンターテックアイデアソン」 概要>
■日時
2019年2月2日(土)10:00~20:00
2019年2月3日(日)10:00~18:00

■場所
楽天生命パーク宮城

■運営
仙台市、株式会社楽天野球団、eiicon、TECH PLAY

■協力
SAPジャパン株式会社、JR東日本スタートアップ株式会社、凸版印刷株式会社

■応募条件
・2日間参加できる方
・アイデアの事業化に取り込むことのできる法人、法人に属する個人(チームでの参加も可能)
※応募多数の場合には、運営元にて選抜させていただきます

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社楽天野球団 >
  3. 【仙台市×楽天イーグルス】エンターテックアイデアソン開催