プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社HYBE JAPAN
会社概要

「2021 Weverse Fandom Trend」発表!

~今年23チーム合流 … 238カ国・地域において2億4千万件の累積投稿~

株式会社HYBE JAPAN

グローバルファンコミュニティプラットフォーム“Weverse”が、今年一年、世界中のファンから最も多くの関心と支持を受けたハッシュタグとキーワード、投稿などを分析し、Weverseで起きたファンイシューを振り返る「2021 Weverse Fandom Trend」を発表しました。今年で2回目を迎えたWeverse Fandom Trendは、世界中のファンとアーティストがコミュニケーションしながら共に記録してきた様々な足跡を通じて、楽しかった瞬間、Weverseから始まったトレンド、話題になったコンテンツなどを一目で確認することができます。

Weverseは今年、ガールズグループCherry Bulletの合流を皮切りに、New Hope Club、TREASURE、FTISLAND、iKON、BLACKPINK、STAYC、ONEUS、WINNERなど23組のアーティストが新しくコミュニティを開設し、計36組のアーティストがグローバルファンと出会いました。
全世界238の国および地域から集まった各コミュニティの累積加入者数は、昨年より1,680万人増加した3,600万人(重複加入者を含む)を突破しました。8月に合流したBLACKPINKのコミュニティは、オープン1日で100万人以上のファンが加入し、今年合流したアーティストの中で最も早い加入速度となりました。

Weverseに生成された累積投稿数は、12月14日基準(以下 韓国時間)で2億4千万件を超え、昨年より約2倍増加し、累積コメント数は4億6千万件に達しました。このうち、アーティストがグローバルファンに向けて直接作成したモーメントと投稿、コメント数の合計は12万件に達し、Weverseは、アーティストとファン間の活発なコミュニケーションの場をみせています。

コロナ禍により自由に顔を見てコミュニケーションを取ることができない寂しさを慰めるため、今年Weverseではグローバルファンがアーティストにダイレクトメッセージを送る '#to_' ハッシュタグが特に多く発生しました。 
その次に最も多く使用されたハッシュタグは、'#BTS'で、約196万件、続いて2番目には、BLACKPINKのWeverse合流を記念した '#BLINK_in_Weverse'で、24万件以上を記録し世界中のファンたちから歓迎されました。続いて4月発売されたENHYPENのミニアルバム‘BORDER : CARNIVAL’に関する話題の‘#CARNIVALwithENGENE’ハッシュタグが約23万件で3位を記録しました。

アーティストもファンにメッセージを送り、活発なコミュニケーションを見せました。特に、アーティストの投稿の中でファンとコメントでリアルタイム会話ができるコミュニケーションは、Weverseだけの特徴となっています。今年、アーティストの中で最も多くコミュニケーションした投稿は、fromis_9のソン・ハヨンが掲載したコメントで、計86件のコメントを通じて、一日の近況と幸せな瞬間をお互いに共有し、ファンたちとコミュニケーションを行いました。
一方、今年最も多くのユーザーが訪問した日は、BLACKPINKのWeverse合流翌日の8月3日で、メンバーたちが世界中のBLINK(BLACKPINKのファンの総称)と挨拶を交わしながら活発なコミュニケーションを始めた時期です。同時にBTSがデジタルシングル 'Butter'でアメリカビルボード 'ホット100'で9回トップになり、今年の該当チャートで最も多い1位の記録を立てた日でもあり、多くのユーザーたちがWeverseを訪れました。 
2位は12月9日で、BTSのJINが自身の誕生日を記念してサプライズ発表した自作曲「スーパーツナ」がYouTubeで世界中の人気動画1位を記録するなど、休暇に入ったBTSのメンバーたちがSNSを通じて活発な近況を見せた日でした。続いて、SEVENTEENの9th ミニアルバム『Attacca』のトラックリストとともにタイトル曲名「Rock with you」が初公開された日、そしてBTSのリアリティー番組「In the SOOP BTS ver. Season 2」の初放送日10月15日が最も多い訪問者を記録した日の3位となりました。

コロナ禍が長引き、アーティストとファン間の対面接触が難しくなり、オンラインフラットフォームを通じたコミュニケーションがより活発な年となりました。'会えなくても会っているかのような'リアルタイムでの密なコミュニケーションがオンラインでも続きました。これをもとにWeverseは、今年のファンダムキーワードを 'オンラインビュー(View)対面'を選びました。

今年は、減少したオフライン活動の代わりにオンラインライブストリーミングコンサート、オンラインファンミーティング、一対一(1:1)テレビ電話のファンサイン会、ディレイストリーミング、オンラインリスニングパーティーなど、オンライン領域を強化した多彩な活動が行われましたた。活動に先立ち、オンラインを通じてファンの声を聞いて反映し、非対面の寂しさを慰めましたが、ENHYPENは11月に行われた2回目のファンミーティング「2021 ENHYPEN [EN-CONNECT : COMPANION]」の開催を控え、ファンミーティングで最も期待される姿を聞くモーメントを掲載し、ENGENE(ENHYPENのファンの総称)はハッシュタグ '#BeOurCompanion' と '#nowboarding' を利用したメンションパーティーで回答し、計31万件余りの投稿を残しました。

オンラインを通じたアーティストとファンの交流文化はさらに進化しました。BTSのJUNG KOOKは、モーメントコメントを通じてARMYから送られてきた歌詞で自作曲を作ったり、Vは 'SOWOOZOO' であいうえお作文イベントを提案して直接コメントを書き、お礼の動画をアップしました。SEVENTEENのSEUNGKWANは、バレーボールの試合をファンたちとリアルタイムでオンライン観戦し、コメントでネットトークを交わし、TOMORROW X TOGETHERのBEOMGYUはモバイルリズムゲームを楽しむ投稿をアップしながらファンたちとリアルタイムでゲームを行いました。イギリスのボーイズバンドNew Hope Clubは、BTSとTOMORROW X TOGETHERの歌をカバーした映像をWeverseにアップロードしてファンたちと感想を交わすなど、多様なテーマで活発にコミュニケーションを取りました。
Weverseは、"今年は非対面コミュニケーションの日常化が続きましたが、アーティストとファンのオンライン活動が多様な方法でより一層進化したことを確認した年だった"とし、"今後オフライン活動が徐々に再開されても、オン・オフラインが並行したサービスの割合が高まるものと見られ、プラットフォームサービスの領域ではファンの利便性向上のために両活動のシナジーを高めることに力を注いていきます"としています。

[WEVERSE COMPANY 紹介]
Weverse Companyは、顧客経験の拡大を通じたファン文化の革新をビジョンとしているグローバルファンプラットフォーム企業である。 2019年6月、ファンコミュニティプラットフォームの“Weverse”と、コマースプラットフォーム“Weverse Shop”を立ち上げた。Weverseは、アーティストとファンとの間でのコミュニケーション窓口機能と共に、ファン活動に最適化したコンテンツとサービスを提供しており、Weverse Shopは世界中の顧客を対象にアーティストの公式商品(MD)を販売している。アメリカの経済専門誌 'Fast Company' は、'2020年世界50大革新企業' として、HYBE(旧Big Hit Entertainment)を選定しながら、子会社であるWeverse CompanyのWeverseとWeverse Shopに注目、'音楽産業におけるワンストップサービス構築を導くプラットフォーム'と評価した。 Weverseは現在、BTS、TOMORROW X TOGETHER、SEVENTEEN、NU'EST、ENHYPEN、CL、P1Harmony、Weeekly、ソンミ、ヘンリー、DREAMCATCHER、Cherry Bullet、Gracie Abrams、New Hope Club、Alexander 23、未来少年、TREASURE、LETTEAMOR、Jeremy Zucker、Prettymuch、woo!ah!、MAX、EVERGLOW、FTISLAND、iKON、JUST B、Mad Monster、BLACKPINK、STAYC、Lil Huddy、PURPLE KISS、fromis_9、日本のガールズグループサバイバル ‘Who is Princess?’、ONEUS、WINNERなど、国内外のアーティストたちとオーディションプログラムのコミュニティを運営中。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
芸能ネットサービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社HYBE JAPAN

129フォロワー

RSS
URL
https://hybelabelsjapan.com/
業種
サービス業
本社所在地
-
電話番号
-
代表者名
-
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード