2022年9月期 連結決算発表 3期ぶりの黒字転換へ

2023年9月期業績予想は更に収益拡大

株式会社ネクシィーズグループ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 近藤太香巳 証券コード:4346 以下、当社)は、2022年9月期連結決算発表および2023年9月期の業績予想についてお知らせいたします。
1. 2022年9月期 連結業績(2021年10月1日~2022年9月30日)
2022年9月期連結業績は、売上高19,214百万円、営業利益382百万円、経常利益377百万円、当期純利益185百万円となりました。

2. 2022年9月期 連結業績およびセグメント利益概要
当社の主力事業であるネクシィーズ・ゼロ事業は、上半期において半導体不足や原材料不足による影響があった一方で、空間除菌脱臭機などのwithコロナ商材からLED照明や業務用冷蔵庫、空調、農業用設備等の商材へ販売の軸足を移し、取扱い商材の豊富さを強みとして多様なニーズに応じた提案を行った結果、営業活動が好調に推移しセグメント利益は前年比1.8倍の991百万円となりました。

電力小売事業は、2022年5月に電力供給業務を移管して取次業務のみを行う事業モデルへ転換したことで、リスクゼロの体制となりました。これにより下半期は電力原価高騰の影響を全く受けない一方で、既存顧客の移管を進めたことに伴う取次手数料収入が増加し、セグメント損失は前年比410百万円改善し22百万円となりました。

電子メディア事業は、地方自治体とのタイアップ広告において契約額およびタイアップ実施数が過去最高となったほか、観光や外食需要回復への期待から宿泊施設や飲食店等への広告販売は好調に推移し、ECサイト等のサポート業務受託売上は堅調に推移いたしました。その結果、セグメント利益は212百万円となりました。

3. 2023年9月期 連結業績予想(2022年10月1日~2023年9月30日)

ネクシィーズ・ゼロ事業では、引き続き地域金融機関などの販売パートナーとの連携を強化し、LED照明や農業用設備などの大型案件の獲得により業容の拡大を目指してまいります。電子メディア事業では、好調な地方自治体とのタイアップを強化するほか、2022年10月4日より開始した月々定額で著名タレントの写真・動画が使えるプロモーションツールと、経営者の学びと交流の場を提供する新プロジェクト「ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)」に注力してまいります。

これらの取組みにより、引き続き事業を通じて社会に貢献し企業価値向上に努めてまいります。

詳細につきましては、下記2022年9月期決算短信(連結)をご覧ください。

なお、2023年9月期連結業績予想の数値を踏まえて令和3年11月30日に公表した「中期経営計画2022-2024」について、現在見直しを行っております。見直し後の中期経営計画につきましては令和4年12月15日に公表を予定しております。

■2022年9月期決算短信(連結)
https://www.nexyzgroup.jp/investor/pdf/tanshin_221114.pdf

■2022年9月期決算説明動画
https://www.youtube.com/watch?v=SJ3fUJqKCOg

■ACCEL JAPAN
https://accel-japan.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネクシィーズグループ >
  3. 2022年9月期 連結決算発表 3期ぶりの黒字転換へ